480件中 11 - 20件表示
  • 橋本ひろし

    橋本ひろしから見た松本人志松本人志

    松本人志の2008年版『松本人志のちょっとした言葉カレンダー』に<僕は、ある意味“橋本ひろし”です。>と掲載される。本人は面識なし。しかし、松本人志の兄・松本隆博とは「ミュージシャンと社長を兼業」という共通点があるため仲が良い。橋本のライブのスペシャルゲストとして松本隆博が歌ったこともある。松本のほうが歌がうまかった。橋本ひろし フレッシュアイペディアより)

  • 原西孝幸

    原西孝幸から見た松本人志松本人志

    原西の母である尚子は、その強烈かつ陽気なキャラクターで『吉本超合金』(テレビ大阪制作)など数々のバラエティ番組に出演。『超合金』では罰ゲーム(番組では「LOVEゲーム」と呼称)も受けたりした。2006年に『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で全国ネットの番組への出演を果たした。『リンカーン』(TBS系)に出演した際にはさまぁ〜ず・大竹一樹とデートしたり、水着姿やブルマー姿を披露し水中で49秒間息を止めたりした。リアクションやカメラ割りを意識したりと若手芸人を凌駕するプロ根性の持ち主で、ダウンタウンの松本人志は彼女のことを「プロ(の芸人)」と呼んでいる。原西孝幸 フレッシュアイペディアより)

  • 竹原ピストル

    竹原ピストルから見た松本人志松本人志

    2011年、松本人志監督作品『さや侍』に竹原和生名義で出演、主題歌「父から娘へ 〜さや侍の手紙〜」も担当した。この映画公開に際して開催されたティーチインにおいて、松本は竹原を評して、同映画において重要な役として起用したことや、「才能がある人が認められていないと……」「僕が何もしなくても彼は日の目を見ると思いますけど、ちょっとでも手助けできたら」などと語り、その才能を高く評価した。竹原ピストル フレッシュアイペディアより)

  • ダイアン

    ダイアンから見た松本人志松本人志

    M-1グランプリへは2001年から出場するが2006年まで準決勝敗退が続く。2007年大会で初の決勝進出を果たすが結果は7位となった。審査員からも「(順位は7位だが)悪くはない」などの好評価を得た。津田は「また頑張って、ここに帰って来ます!」と宣言し会場から喝采を浴びた。そして、その言葉通り2008年も決勝進出を果たすが、ネタ順が一番手と不利な条件だった事もあり、結果は6位。審査員の松本人志によると、「ダイアンはトップバッターでなければ優勝していた可能性もあったのでは」との声が芸人内ではあったらしい。ダイアン フレッシュアイペディアより)

  • 大日本人

    大日本人から見た松本人志松本人志

    ダウンタウンの松本人志が企画・監督・主演を務めた、松本初の長編監督映画である。脚本は、松本の盟友で放送作家の高須光聖との共同執筆。吉本興業の映画製作進出第1弾でもある。大日本人 フレッシュアイペディアより)

  • GEISHA GIRLS

    GEISHA GIRLSから見た松本人志松本人志

    Ken - ボーカル・ラップGEISHA GIRLS フレッシュアイペディアより)

  • 未知やすえ

    未知やすえから見た松本人志松本人志

    ダウンタウン(夫・内場勝則とNSC同期)の2人とは同学年で、互いにため口で話す仲(芸歴はやすえのほうが長い)。ダウンタウンは2人(松本人志・浜田雅功)とも彼女を「えーちゃん」というあだ名で呼ぶ。未知やすえ フレッシュアイペディアより)

  • 武野一起

    武野一起から見た松本人志松本人志

    松本人志には、「プレデター」「タガメ」と形容されてしまう。武野一起 フレッシュアイペディアより)

  • オモロー山下

    オモロー山下から見た松本人志松本人志

    2003年、松本人志、の命名、宮迫博之の命により、芸名を「山下しげのり」から「鼻油千右衛門時定 〜後の〜」に一時期だけ改名。タレント名鑑で唯一、芸名にサブタイトルの付く人物となった。その後も吉本新喜劇では鼻油名義で舞台に立っている。オモロー山下 フレッシュアイペディアより)

  • 人志松本の○○な話

    人志松本の○○な話から見た松本人志松本人志

    『人志松本の○○な話』(ひとしまつもとのまるまるなはなし)とは、フジテレビ系列のバラエティ番組。松本人志(ダウンタウン)の冠番組である。『人志松本のすべらない話』のスピンオフ番組として、2009年4月14日放送開始。ステレオ放送、文字多重放送、ハイビジョン制作。通称は『○○な話』。人志松本の○○な話 フレッシュアイペディアより)

480件中 11 - 20件表示

「松本人志」のニューストピックワード