480件中 21 - 30件表示
  • チキンライス (曲)

    チキンライス (曲)から見た松本人志松本人志

    作詞は浜田の相方・松本人志が担当。自身の貧しい家庭で過ごした少年時代のエピソードを基に歌詞を作り上げた。エキセントリック少年ボウイオールスターズの楽曲でも作詞をした経験があるが、本作ではあくまでも真面目なクリスマスソングに仕上げている。歌詞中にはその貧乏ぶりを自虐したユーモアのある歌詞も含まれており、赤坂プリンスの固有名詞も登場させている。松本が子供の頃のクリスマスに体験した出来事が込められている。槇原は松本のこの詞を見て号泣した他、『人志松本の○○な話』の出演時には「クリスマスソング=恋愛ソングという常識を覆した。素晴らしい」と絶賛した。チキンライス (曲) フレッシュアイペディアより)

  • ピクミン

    ピクミンから見た松本人志松本人志

    別にうちの庭を取材しながら作ろうと思ったわけではないんです。」と松本人志との対談で答えた。ピクミン フレッシュアイペディアより)

  • 今田耕司

    今田耕司から見た松本人志松本人志

    ダウンタウンの存在はNSCに入学するまで知らなかった。浜田雅功を「当時、1年め2年めの自分から見た浜田さんは、すごすぎた。松本さんは芸としての天才で、浜田さんは司会者としてすごかった。浜田さんのノビノビと、わーって叩いて笑ってって、そういうのすごい憧れでした。」と語り、また松本人志のことは「芸はもちろんですけど、松本人志さんのお笑いをつくる姿勢がカッコ良くて、すごく影響受けましたよ」と語っている。今田耕司 フレッシュアイペディアより)

  • 大日本除虫菊

    大日本除虫菊から見た松本人志松本人志

    結婚式の引き出物にキンチョール。…アリやな。(キンチョール、2011年/松本人志大日本除虫菊 フレッシュアイペディアより)

  • 小杉竜一

    小杉竜一から見た松本人志松本人志

    松本人志からは、「小杉の首から上は、台湾の新種のフルーツ」、「16分の1アメリカ人の血が入っているのに、その恩恵を受けたのが、まつ毛がクリン(くるんとしているところ)だけ」「アメリカ人の血以外はカナブン」と評されている。小杉竜一 フレッシュアイペディアより)

  • 竜馬におまかせ!

    竜馬におまかせ!から見た松本人志松本人志

    松本人志がたびたび町娘の格好で友情出演した。その模様は『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』などでも紹介された。再放送分では、カットされている。竜馬におまかせ! フレッシュアイペディアより)

  • 笑ってはいけない温泉宿一泊二日の旅in湯河原

    笑ってはいけない温泉宿一泊二日の旅in湯河原から見た松本人志松本人志

    対決に勝った松本人志・遠藤章造は罰ゲームの指揮者として出演。笑ってはいけない温泉宿一泊二日の旅in湯河原 フレッシュアイペディアより)

  • ジミー大西

    ジミー大西から見た松本人志松本人志

    芸人として絶頂期を迎えていた1996年頃に、後述するテレビ番組の企画によって芸術の才能を見出され、芸術家の道を歩むことになった。松本人志は引退に際し「もったいないな、あいつには誰も勝たれへんで!他に辞めなあかん奴いっぱいおんのに」とジミーの才能を絶賛していた。またビートたけしも、さんまのフリに確実にギャグで返すジミーに対して「パブロフの犬の様な条件反射すごいな!」と絶賛している。ジミー大西 フレッシュアイペディアより)

  • WORLD DOWNTOWN

    WORLD DOWNTOWNから見た松本人志松本人志

    外国のニュース番組にコメンテーターとして日本のコメディアン・ダウンタウンの浜田雅功・松本人志が出演しているという設定のため、彼らの日本における芸風・地位はこの番組内では全く無視されており(一例として、二人の座る位置が普段の立ち位置と逆になっている)、MCや外国人コメンテーターからは単なる「日本の芸人(『ゲ』にアクセントが置かれる)」として無茶な扱いを受け玩ばれる。VTRおよびスタジオトークは、回を重ねるごとに過激さやシュールさを増していった。WORLD DOWNTOWN フレッシュアイペディアより)

  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見た松本人志松本人志

    山崎は「西中サーキット」、山里は「足軽エンペラー」の共にボケを担当していたが、それぞれ解散後、山崎が「山崎二宮」のコンビを結成していた2003年6月に山里が山崎を誘い、コンビ結成、コンビ名はザ・プラン9のヤナギブソンが命名した。同年M-1グランプリ準決勝進出。翌2004年大会では、無名ながら決勝進出(麒麟枠)、準優勝を果たした。それがきっかけとなり、テレビ番組やラジオ、CMなどに出演。結成2年で多数のレギュラー番組、更に関西ローカルながら冠番組までも獲得した。2005年後半に活動拠点を大阪から東京へ移した。2005年のM-1グランプリにも出場するが最下位(9位)に沈んだ。敗因は山里曰く「稽古不足」。以後2006年、2007年のM-1グランプリへの出場を見送る。2006年大会の不参戦について、山里は自身のブログで「ただしっかりと漫才、ネタとは向き合い続けます!」と語っている。2008年には3年ぶりに参戦するも準決勝敗退。翌年の2009年大会には4大会ぶりの決勝進出を果たしたが8位に終わった。山里はガチガチに緊張したと語っている。後日、山里は審査員の松本人志から「すべてが0.5秒遅れていた」と敗因を指摘され、ネタを自分で見直してその通りだと反省した。また、山里によると「自分達のベストバウトは2009年の準決勝だった」らしい。山崎も同調している。南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

480件中 21 - 30件表示

「松本人志」のニューストピックワード