502件中 21 - 30件表示
  • 第46回NHK紅白歌合戦

    第46回NHK紅白歌合戦から見た松本人志松本人志

    浜田雅功(ダウンタウン)と小室哲哉によるユニット・H Jungle with tの演奏中に、浜田の相方・松本人志がゲイシャ・ガールズの扮装で登場。歌っている浜田にかつらや着物を被せたりした。浜田は初出場決定時の会見で松本の応援ゲスト出演はないと語っていたが、スポーツ紙報道で登場の可能性が取り沙汰された(松本自身はフジテレビ系列『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』内で「何で浜田の応援に行かないといけないのか!?」と述べていた)。なお、ダウンタウンはここ2年間紅白の裏番組『ダウンタウンの裏番組をブッ飛ばせ!!』(日本テレビ系列)の司会を務めていたが、浜田が本紅白に出場したことからそちらの司会を外れる格好となった(同番組は『裏番組をブッ飛ばせ!!'95大晦日スペシャル』と改題・司会交代で放送された)。歌唱後、ダウンタウンの2人は上沼・古舘・小室とトークを行い、浜田の「お前何してんねん!」というツッコミに対し松本は「(裏番組の)『野球拳』行かんとあかんから、呼びに来たんや」と返し、最後には「はい、コマーシャル」とボケた。第46回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • R100

    R100から見た松本人志松本人志

    『R100』(アールひゃく)は、2013年10月5日に公開された日本映画。松本人志監督作品第4弾。R100 フレッシュアイペディアより)

  • チキンライス (曲)

    チキンライス (曲)から見た松本人志松本人志

    作詞は浜田の相方・松本人志が担当。自身の貧しい家庭で過ごした少年時代のエピソードを基に歌詞を作り上げた。エキセントリック少年ボウイオールスターズの楽曲でも作詞をした経験があるが、本作ではあくまでも真面目なクリスマスソングに仕上げている。歌詞中にはその貧乏ぶりを自虐したユーモアのある歌詞も含まれており、赤坂プリンスの固有名詞も登場させている。松本が子供の頃のクリスマスに体験した出来事が込められている。槇原は松本のこの詞を見て感涙した他、『人志松本の○○な話』の出演時には「クリスマスソング=恋愛ソングという常識を覆した。素晴らしい」と絶賛した。チキンライス (曲) フレッシュアイペディアより)

  • 竜馬におまかせ!

    竜馬におまかせ!から見た松本人志松本人志

    松本人志がたびたび町娘の格好で友情出演した。その模様は『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』などでも紹介された。再放送分では、カットされている。竜馬におまかせ! フレッシュアイペディアより)

  • 明日があるさ (テレビドラマ)

    明日があるさ (テレビドラマ)から見た松本人志松本人志

    出演者は主に吉本興業所属のタレントが起用された。総合商社を舞台に不況と闘うサラリーマンとその家族を主軸に描いた作品である。松本人志は前年の同クール同時間帯に放送されていた『伝説の教師』で初の本格ドラマ出演を果たしたが、今作は数分の出演にとどまった。一方、吉本興業のタレントと仲間由紀恵は役名も芸名(または本名)と同一であった。また、あまりないダウンタウンの2人の共演ともなった。明日があるさ (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 大日本人

    大日本人から見た松本人志松本人志

    『大日本人』(だいにっぽんじん)は、2007年6月2日に公開された日本映画。ダウンタウンの松本人志が企画・監督・主演を務めた、松本初の長編監督映画である。脚本は、松本の盟友で放送作家の高須光聖との共同執筆。吉本興業の映画製作進出第1弾でもある。大日本人 フレッシュアイペディアより)

  • ウッチャンナンチャン

    ウッチャンナンチャンから見た松本人志松本人志

    『夢で逢えたら』で共演し、ほぼ同期であるダウンタウンとは(ただし、ダウンタウンは1982年のデビューであり先輩にあたる)、松本人志曰く「戦友」及び「同じ釜の飯を食った仲」と呼ばれる関係。松本曰く「ウンナンが売れてうれしい事はないが、かといって売れなくなるのは嫌」と語っている。さらに、内村もダウンタウンの事を「戦友」と語っている。その他詳細は、ダウンタウン (お笑いコンビ)を参照ウッチャンナンチャン フレッシュアイペディアより)

  • 高須光聖

    高須光聖から見た松本人志松本人志

    ダウンタウンの2人とは幼少期からの親交で、浜田雅功と同じ幼稚園、浜田・松本人志と同じ尼崎市立潮小学校。尼崎市立大成中学校卒業後、兵庫県立尼崎小田高等学校を経て龍谷大学経済学部卒業。学生時代のインド旅行の際に知り合った東京の輸入雑貨店への就職が決まっていたが、その店長が肝炎で倒れ閉店することになったため上京したものの就職を断念、東京で無為の日々を過ごしていた。高須光聖 フレッシュアイペディアより)

  • 野見隆明

    野見隆明から見た松本人志松本人志

    日本テレビのトーク番組「松本紳助」を観覧していたときに、松本人志の目に留まり、2003年、フジテレビの人間観察ドキュメント「働くおっさん人形」でデビュー。2011年現在の本業はバーテンダー。野見隆明 フレッシュアイペディアより)

  • テイ・トウワ

    テイ・トウワから見た松本人志松本人志

    2007年、DJとして20周年を迎え"TOWA TEI DJ 20th. ANNIVERSARY TOUR"を開催した。また音楽プロダクション"hug inc."をColumbia Music Entertainmentとレーベル"hug Columbia"をそれぞれ立ち上げ、その第1弾として1stアルバム『Future Listening!』の新規リミックスや未発表音源を含むリマスター盤を2枚組にて4月18日に人気コンピレーションシリーズの第5弾『MOTIVATION FIVE compiled by DJ TOWA TEI』を6月20日にリリースした。この他2007年の活動としては、TVシリーズ『24 -TWENTY FOUR-』メインテーマのリミックスを担当した。4月25日発売の『細野晴臣トリビュート』に "テイ・トウワ+ナチュラルカラミティー" として「ハニー・ムーン」で参加。6月2日に公開された松本人志監督『大日本人』の映画音楽プロデュースを手掛けた。また細野晴臣が音楽監修を担当する10月公開の映画『EX MACHINA - エクスマキナ - 』にオリジナル楽曲「EX Boy」を提供した。テイ・トウワ フレッシュアイペディアより)

502件中 21 - 30件表示

「松本人志」のニューストピックワード