502件中 31 - 40件表示
  • 佐野元春

    佐野元春から見た松本人志松本人志

    2015年12月5日の京都KBSホールから2016年3月27日の東京国際フォーラム ホールAでの公演まで「佐野元春35周年アニバーサリー・ツアー 佐野元春 & THE COYOTE GRAND ROCKESTRA」が開催される。最終日には松本人志・片寄明人が観客としてこのライブに訪れた。佐野元春 フレッシュアイペディアより)

  • 黒沢かずこ

    黒沢かずこから見た松本人志松本人志

    素人時代から大のお笑いファンで、よくお笑いのライブを見に上京していたという。松本人志のライブビデオ「寸止め海峡(仮)」の「恩返しされた男」というコントで真っ先に「板尾さーん!」と叫んでいる観客は黒沢である。また増田英彦(ますだおかだ)に、「将来は芸人になりたい」と綴ったファンレターを送り、返事を貰ったこともある。さらに、関東地方に住んでいるにもかかわらず、『MBSヤングタウン』などを聞くためMBSラジオに周波数を合わせたり、有線でクリアな放送を楽しんでいた。アメトーークでも、自分は茨城県にいながら関東ローカルの有線放送を繋げられると発言していた。黒沢かずこ フレッシュアイペディアより)

  • 有野 晋哉

    有野晋哉から見た松本人志松本人志

    飄々としたふるまいと淡々としゃべるマイペースなボケが特徴。松竹の松本人志と言われるほどであった。めちゃイケでは天才と言われたほどである。ボケ担当だが、地味なキャラを売りにしている事と、相方の濱口優が強力な天然ボケであるため、おのずとツッコむ機会のほうが多い。しかし番組の流れや、女性に対しては毒舌や皮肉屋な一面を見せることもある。有野晋哉 フレッシュアイペディアより)

  • おぎやはぎ

    おぎやはぎから見た松本人志松本人志

    上記の一般審査について、審査員の松本人志が「大阪の客、頭おかしいんちゃいます?」と番組中にもかかわらず語気を荒らげて批判した。当時TVで観戦していた宮迫博之は後に「おもわずTVの前で『なんでやねん! ちゃんと審査したれよ!』と叫んだ」と語っている。当時会場で見ていた博多大吉は「2001年の時、会場は受けてたんだよね。少なくとも地方票であんな点数取るほど酷い出来ではなかった。あれは俺たちもおかしいとおもってたよ」と「ただたんにテレビに出ている芸人を贔屓している知名度票になり当時まったくの無名のおぎやはぎが割を食う形になってしまった」と語っている。おぎやはぎ フレッシュアイペディアより)

  • 桂文枝 (6代目)

    桂文枝 (6代目)から見た松本人志松本人志

    大平サブロー、明石家さんま、松本人志など、後輩芸人からものまねされることがある。また、関根勤のかつての芸名「ラビット関根」や、池乃めだか、セーラーズの名付け親でもある。ほかにも『ヤングおー!おー!』に出ていたころ共演していた後輩に名前を付けている(オール阪神・巨人は「マネマネゴンスケ・マンスケ」、萩原芳樹には「ダッシュとんぺー」)。桂文枝 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • リンカーン (テレビ番組)

    リンカーン (テレビ番組)から見た松本人志松本人志

    ダウンタウン(浜田雅功・松本人志) 浜田の発言テロップは、松本のテロップは ダウンタウンがTBSに出演するのはおよそ13年振りで、さまぁ?ずとは初仕事である。(ロケでの発言テロップは、浜田は、松本は) 呼び名は「浜田さん」「浜ちゃん」「松本さん」「松ちゃん」リンカーン (テレビ番組) フレッシュアイペディアより)

  • 世界の常識・非常識!

    世界の常識・非常識!から見た松本人志松本人志

    番組終了間際の時期の逆転クイズでは、ゲスト同士 → 相原勇と松本人志(ダウンタウン) → 田代まさしと浜田雅功(ダウンタウン) → 和田アキ子と加納典明の順に口頭で答える問題がそれぞれ出題された。1問目は勝っているチームが先攻で、2問目以降は正解したチームが先攻である。同点の場合、ジャンケンで勝ったチームが先行・後攻を選べた。得点は40点から始まり、間違えると半分になって(40点 → 20点 → 10点 → 5点の順に減る)後攻のチームに解答権が移った。5点になっても正解が出なかったらその問題は終了(2巡したら終了となる)。得点に関わらず、オープニングクイズ、書き問題、逆転クイズ4問全て正解したチームにはパーフェクト賞が贈られた。世界の常識・非常識! フレッシュアイペディアより)

  • 爆笑問題

    爆笑問題から見た松本人志松本人志

    ダウンタウンとは、1994年に太田が『ホットドッグ・プレス』での連載『「爆笑問題」の良識破壊宣言!?』内で松本人志のファッションセンスを酷評したことで、松本側から抗議を受けた事により、1990年代半ば頃から度々ネット上などで不仲説が取り沙汰されており、この2組が番組で共演する事も無ければお互いの事を番組などで話す事も無かった。。2014年3月31日に放送された『笑っていいとも! グランドフィナーレ 感謝の超特大号』にて、同じくダウンタウンとの不仲が噂されていたとんねるずと共に共演を果たした。とんねるずと共にダウンタウンと共演する予定ではなかったが、とんねるず・石橋貴明が木梨憲武と爆笑問題を誘って乱入し、松本人志が「ネットが荒れる」などと冗談交じりに述べた。また、2016年11月10日放送の「ダウンタウンDX」において、太田の妻・光代がゲスト出演し、ダウンタウンとトークを交わした。。爆笑問題 フレッシュアイペディアより)

  • 爆笑 大日本アカン警察

    爆笑 大日本アカン警察から見た松本人志松本人志

    様々な「アカン」ことを、刑事に扮した芸人が巧みな話術やVTRなどを駆使して紹介。警視総監役の松本人志率いる審査員が「アカン」か「アカンくない」かジャッジを下すバラエティショー。爆笑 大日本アカン警察 フレッシュアイペディアより)

  • ウド鈴木

    ウド鈴木から見た松本人志松本人志

    実は料理の腕前はかなりのもので、リンカーンの企画「リストランテリンカーン」では唯一レギュラーで満場一致で「美味い」と認定されている(カツオのたたきに至っては松本人志と大竹一樹が嫌いな料理にも関わらず、ウドが作ったマヨネーズのソースにより、克服させたほど。絶対に残す浜田まで完食し、全員が完食していた)が、本人は「天野くんが料理が上手いからそのキャラを僕なんかが潰しちゃいけない」と天野以外のメンバーに内緒にしていた。企画では天野が別室で調理を観察しており、スタッフもアドバイスどころか相槌もしてくれないルールであるが、カラスミパスタを作る際に、ソースの作り方がわからず、迷わず調理場を出て天野にアドバイスを受けていた。しかし酔っ払っていたため、一部アドバイスを忘れてしまっていた。ウド鈴木 フレッシュアイペディアより)

502件中 31 - 40件表示

「松本人志」のニューストピックワード