480件中 41 - 50件表示
  • 宮川大輔 (タレント)

    宮川大輔 (タレント)から見た松本人志松本人志

    「人志松本のすべらない話」シリーズは2004年の初回放送から毎回出演しており、得意の擬音やアクションを巧みに利用し、家族の話など多数すべらない話を披露している。これを切っ掛けに、バラエティ番組への出演も増えている。元々この番組は、MCの松本人志が番組中に宮川が披露した「食事へ向かう途中」という話をプライベートで聞いた際に「こういう何度聞いても面白い話を披露する番組をやりたい」との発想から生まれたという経緯がある。後にスピンオフ企画として『大輔宮川のすべらない話』がCSフジテレビ721で放送された。宮川大輔 (タレント) フレッシュアイペディアより)

  • ほっしゃん。

    ほっしゃん。から見た松本人志松本人志

    フリートークの実力は高く、ブレイク以前から松本人志からは才能を認められている。松本の監督作品「さや侍」では「うどん鼻すすり指導」として参加している。ほっしゃん。 フレッシュアイペディアより)

  • 帰れま10

    帰れま10から見た松本人志松本人志

    2010年6月8日放送の『リンカーン』では「松本プレゼンツ 帰れま1(わん)」と題したパロディ企画が行われた。司会進行&ナレーションを松本人志(ダウンタウン)が担当し他のメンバーが回答者という設定であるが当てるのは料理ではなく『松本が「今更受けるのは嫌」な30個の罰ゲームの中から松本の1番嫌なもの』であった。なお、この企画を行った理由は発案者の松本が「帰れま10(てん)シリーズ」を含めてアメリカン風の冷徹な語り口のナレーションがお気に入りで、番組内でも度々真似していた事に由来する。また、イカサマ防止のためナレーションは事前収録されている。結果は、17個目に蛍原徹(雨上がり決死隊)が1位を当てることに成功した。帰れま10 フレッシュアイペディアより)

  • 桂文枝 (6代目)

    桂文枝 (6代目)から見た松本人志松本人志

    多くの芸人(特に吉本の後輩)からものまねされている(大平サブロー、明石家さんま、松本人志など)。また、関根勤や東野幸治のかつての芸名「ラビット関根」や「バッテリー幸治」(フジテレビ系『明石家マンション物語』の番組内のみで使用)、池乃めだか、セーラーズの名付け親でもある。桂文枝 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 高須光聖

    高須光聖から見た松本人志松本人志

    ダウンタウンの2人とは幼少時からの付き合いで浜田雅功と同じ幼稚園、浜田・松本人志と同じ小・中学校に通った後、兵庫県立尼崎小田高等学校を経て龍谷大学経済学部を卒業し、1991年に上京。単身東京でナベプロに出入りしたりしていたが、その後本格的に放送作家を目指し、たまたま東京で松本と会う機会があったので、話を持ちかけた。その際、松本に「ダウンタウンのブレーンやったらええやん」と言われ、高須は「ブレーンって何?」と思いながらも話を合わせていたが、言った松本の方も実はよくわかっていなかった。高須光聖 フレッシュアイペディアより)

  • ジャルジャル

    ジャルジャルから見た松本人志松本人志

    太田光(爆笑問題)は自身のラジオ番組で、『キングオブコント2010』の2本目の福徳がひたすら「オバハン」と連呼するネタを「あれは見事でした。ダントツでした。」と絶賛。また、会場の空気を上手く掴んだことも指摘し、「あの現場で、あのネタをハメられるっていうのは、凄いんですよ。あのネタは面白いけど、どこでもウケるってわけじゃないんですよ。あのときに、あのネタをやったからハマったんですよ。きっちりハマったんです」と評した。同大会の司会を務めた松本人志(ダウンタウン)も「もっと点数伸びてもよかったんじゃないか?僕としては900点台にはのると思っていたけどなぁ・・・」と審査員の点数(898 / 1000点)に疑問を呈していた。また、点数が伸び悩んだ原因について「『オバハン』と言い過ぎたのでは?僕としては4個ぐらい多かったと思う。」とボケを交えて連呼によって爆笑させるネタの難しさを示唆した。ジャルジャル フレッシュアイペディアより)

  • 佐野元春

    佐野元春から見た松本人志松本人志

    基本的にテレビに出演することは少ないが、そこでのトークは印象的で「HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP」に出演した時は松本人志に(トークについていけないので)「佐野さんホンマ勘弁してくださいよ」と泣きを入れられた。また、海岸を散策していた時に佐野を遠くから見つめる野生動物に向かって「こっちへ来いよ」と呼びかけたことをダウンタウンに激しく突っ込まれ、年末の特番では「動物愛護賞」を授与されていた。佐野元春 フレッシュアイペディアより)

  • ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!

    ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!から見た松本人志松本人志

    『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(ダウンタウンのガキのつかいやあらへんで)は、日本テレビ系列で毎週日曜日(一部地域を除く)の22:56 - 23:26 (JST) に放送されているお笑いバラエティ番組。『ガキ使』、『ガキの使い』と略称される。ダウンタウン(浜田雅功・松本人志)がメイン司会を務める長寿番組であり冠番組。ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! フレッシュアイペディアより)

  • 木村祐一

    木村祐一から見た松本人志松本人志

    松本人志に、「俺のために生まれてきたような男」「何回人生やってきたんや」と言わせるほど松本に対してはよく気がまわり、器用で芸人ばなれした知識と行動力を持つが反面、自分が出来るという自負ゆえか出来ない後輩には非常に厳しく、後輩からは怖い先輩として恐れられてもいる。だが、時にはズレた所で怒ることがあり苦笑する場合もある、と松本が語った。松本グループでのその母親的な面倒見と気遣い、料理の腕などから今田・東野らからは「松本人志の嫁」、高須光聖からは「松本の第一夫人」とからかわれる。木村祐一 フレッシュアイペディアより)

  • ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!の企画

    ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!の企画から見た松本人志松本人志

    また、各企画名には「第○回 ガキの使いやあらへんで!! チキチキ」が付く(付かない場合もあり)。そもそもは「チキチキマシン猛レース」をもじって企画タイトルを付けたものだが、以降定例化。過去10回を越える「芸能人釣り選手権」などは例外だが、恒例企画であっても基本的に回数は「第1回」という表記が用いられる。これは「基本的には、企画は1回だけで完結させる」という意向を反映してのもの。また以前は、企画名にメンバーの名前が入る場合「浜田・松本・ココリコ他」とクレジットされることがしばしばあり、山崎のみ名前が省略されることがあった(もちろん本人はこれを嫌がっていた)が、「絶対に笑ってはいけない温泉旅館一泊二日の旅」以降は、山崎の名前もクレジットされるようになっている。ただ、企画の中ではしばしば山崎がスカされるケースがある(遠藤たけしシリーズなど)。ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!の企画 フレッシュアイペディアより)

480件中 41 - 50件表示

「松本人志」のニューストピックワード