502件中 51 - 60件表示
  • 陣内智則

    陣内智則から見た松本人志松本人志

    披露宴でコブクロの「永遠(とわ)にともに」をピアノを弾いて歌ったことを受け、2007年7月18日の『リンカーン』(TBS系)のコーナー「フレンドリーダウンタウン」では松本人志に捧げようと再度の弾き語りを試みたが、数テイクののち、結局断念した。郷ひろみはこの「永遠にともに」を知らなかったのか、作詞・作曲を陣内自身がしたと勘違いしており、披露宴の翌日に「陣内君すごいね!いい曲書いたね!!」と電話がかかってきた。陣内智則 フレッシュアイペディアより)

  • 奥田民生

    奥田民生から見た松本人志松本人志

    大のゲーマーで、ユニコーン時代に雑誌に連載を持つほどであった。『電気グルーヴのオールナイトニッポン』では「スーパーファイヤープロレスリング」でピエール瀧との熱戦を繰り広げた。『ダウンタウンのごっつええ感じ』において、松本人志と「テトリス」で対決し勝利したこともある。シンプルなゲームが好きなようで一時期はWindowsのピンボールに熱中しており、毎日2時間はプレイしていたという。奥田民生 フレッシュアイペディアより)

  • 原西孝幸

    原西孝幸から見た松本人志松本人志

    原西の母である尚子は、その強烈かつ陽気なキャラクターで『吉本超合金』(テレビ大阪)など数々のバラエティ番組に出演。『超合金』では罰ゲーム(番組では「LOVEゲーム」と呼称)も受けたりした。2006年に『ロンドンハーツ』(テレビ朝日)で全国ネットの番組への出演を果たした。『リンカーン』(TBS系)に出演した際にはさまぁ〜ず・大竹一樹とデートしたり、水着姿やブルマー姿を披露し水中で49秒間息を止めたりした。リアクションやカメラ割りを意識したりと若手芸人を凌駕するプロ根性の持ち主で、ダウンタウンの松本人志は彼女のことを「プロ(の芸人)」と呼んでいる。しかし、2008年12月3日に尚子は不整脈発作のため62歳で急逝した。2日前の12月1日に収録された『痛快!明石家電視台』(MBS)が最後のテレビ出演・親子の共演となった。原西孝幸 フレッシュアイペディアより)

  • 松本家の休日

    松本家の休日から見た松本人志松本人志

    『松本家の休日』(まつもとけのきゅうじつ)は、朝日放送テレビ(ABC)で2014年10月10日(10月9日深夜)から(JST)放送されているバラエティ番組(関西ローカル)。松本人志(ダウンタウン)の冠番組。開始当初は毎週金曜日未明(木曜日深夜)1:39 - 2:14に放送していたが、2016年10月9日(10月8日深夜)からは、毎週日曜日未明(土曜日深夜)での放送に移行した。2017年1月からは放送時間を10分繰り上げた。同年4月23日からはさらにそれを30分繰り上げの上、同月22日からは翌日未明の本編の事前枠として『このあと松本家の休日』(23:59 - 翌0:05)も別途放送開始した。松本家の休日 フレッシュアイペディアより)

  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見た松本人志松本人志

    山崎は「西中サーキット」、山里は「足軽エンペラー」の共にボケを担当していたが、それぞれ解散後、山崎が「山崎二宮」のコンビを結成していた2003年6月に山里が山崎を誘いコンビ結成。コンビ名はザ・プラン9が命名した。同年にM-1グランプリ準決勝進出。翌2004年大会では、無名ながらも決勝に進出し(麒麟枠)、準優勝を果たした。それがきっかけとなり、テレビ番組やラジオ、CMなどに出演。結成2年で多数のレギュラー番組、更に関西ローカルながら冠番組までも獲得した。2005年後半に活動拠点を大阪から東京へ移した。2005年のM-1グランプリにも出場するが最下位(9位)に沈んだ。敗因は山里曰く「稽古不足」。以後2006年、2007年のM-1グランプリへの出場を見送る。2006年大会の不参戦について、山里は自身のブログで「ただしっかりと漫才、ネタとは向き合い続けます!」と語っている。2008年大会には3年ぶりに参戦するも準決勝敗退。翌年の2009年大会には4大会ぶりの決勝進出を果たしたが8位に終わった。山里はガチガチに緊張したと語っている。後日、山里は審査員の松本人志から「すべてが0.5秒遅れていた」と敗因を指摘され、ネタを自分で見直してその通りだと反省した。また、山里によると「自分達のベストバウトは2009年の準決勝だった」らしく、これには山崎も同調している。2010年大会は出場を見送った。南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 帰れま10

    帰れま10から見た松本人志松本人志

    2010年6月8日放送の『リンカーン』では「松本プレゼンツ 帰れま1(わん)」と題したパロディ企画が行われた。司会進行&ナレーションを松本人志(ダウンタウン)が担当し他のメンバーが回答者という設定であるが当てるのは料理ではなく『松本が「今更受けるのは嫌」な30個の罰ゲームの中から松本の1番嫌なもの』であった。なお、この企画を行った理由は発案者の松本が「帰れま10(てん)シリーズ」を含めてアメリカン風の冷徹な語り口のナレーションがお気に入りで、番組内でも度々真似していた事に由来する。また、イカサマ防止のためナレーションは事前収録されている。結果は、17個目に蛍原徹(雨上がり決死隊)が1位を当てることに成功した。帰れま10 フレッシュアイペディアより)

  • とんねるず

    とんねるずから見た松本人志松本人志

    一方で、ダウンタウン(浜田雅功・松本人志)との共演はほとんどなく、共演したのは1994年10月3日放送の『FNS番組対抗!なるほど!ザ・秋の祭典スペシャル』の1回のみだった(共演はないものの同年の春の祭典や一部の年の『FNS27時間テレビ』では両コンビが揃って出演している)。また、個人同士の共演もなかった。どちらも多少ではあるが絡みがあり、対立をしていた様子はなかったが、実際の所はお互い特別な感情は持っていない。事実、ダウンタウン松本は自身のラジオ番組『放送室』にて「向こうのが先輩だし、年上やし、絡みもないので不仲と言われても何のことだかよく分からん。」と不仲説を否定するほか、「Re:Japanが『うたばん』に出てもいいし、野猿が『HEY!HEY!HEY!』に出てもいい。何かこの世界も、派閥でもないんですけど暗黙の了解というか、何の了解やねんと思うし。」と語っている。また、おぎやはぎの矢作が、酒の席で石橋に「とんねるずって、ダウンタウンと仲悪いんですか?」と聞いたところ石橋は「それよぉ、全然仲悪くないんだよな」と周りが遠ざけていると語り、「俺たちを会わせちゃいけないって。俺からしてみれば、ダウンタウンって後輩なんだよ。後輩なんだけど、周りが凄いピリつくんだよなぁ」と語っていた事をラジオで明かした。2014年3月31日放送の『笑っていいとも! グランドフィナーレ 感謝の超特大号』で、約20年ぶりの共演を果たした。これが、2回目の共演となる。後日談として、ダウンタウン浜田が『HEY!HEY!HEY!』のSMAPとのトークにて「何で仲悪いと思われてんのか(わからへん)絡んだことないのに仲悪いもなにもないやん」と笑顔で語った。とんねるず フレッシュアイペディアより)

  • 今田耕司

    今田耕司から見た松本人志松本人志

    ダウンタウンの存在はNSCに入学するまで知らなかった。浜田雅功を「当時、1年目、2年目の自分から見た浜田さんは、すごすぎた。松本さんは芸としての天才で、浜田さんは司会者としてすごかった。浜田さんのノビノビと、わーって叩いて笑ってって、そういうのすごい憧れでした。」と語り、また松本人志のことは「芸はもちろんですけど、松本人志さんのお笑いをつくる姿勢がカッコ良くて、すごく影響受けましたよ」と語っている。今田耕司 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡剛

    松岡剛から見た松本人志松本人志

    さや侍(監督:松本人志、出演:野見隆明 熊田聖亜 板尾創路 りょう)松岡剛 フレッシュアイペディアより)

  • ナイツ (お笑いコンビ)

    ナイツ (お笑いコンビ)から見た松本人志松本人志

    小学校5年生の時に佐賀に引っ越すといじめられなくなり、中学入学後にはお笑い担当としてすっかり人気者になっていた。中学時代に見たダウンタウンの漫才に衝撃を受け、芸人を志す。松本人志の目の前で漫才をやることを目標にしており、後に『M-1グランプリ2008』に決勝進出して達成した。ナイツ (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

502件中 51 - 60件表示

「松本人志」のニューストピックワード