502件中 61 - 70件表示
  • 内村光良

    内村光良から見た松本人志松本人志

    律儀な性格で、『笑う犬』が日曜8時に移行する際に内村は、日曜8時はかつては『ダウンタウンのごっつええ感じ』の枠であったため「それなら松ちゃんに許可をもらわなきゃ」とわざわざダウンタウンの松本人志に連絡を取ったという。「そんなこといちいち俺に聞かなくてもいいのに」と思っていた松本は、「ウッチャンはいい子すぎる」と著書で内村を評している。また、毎年の正月には知人に電話で新年のあいさつをしているらしく、ダウンタウン松本がラジオ番組『放送室』で、自宅の留守電に内村から新年の挨拶のメッセージが残されていたエピソードを語っている。内村光良 フレッシュアイペディアより)

  • バナナマン

    バナナマンから見た松本人志松本人志

    2015年、審査方法が変更されたキングオブコントの決勝にて審査員を松本人志、さまぁ〜ずとともに務めた。同年4月、乃木坂46初の冠番組『乃木坂って、どこ?』をリニューアルした『乃木坂工事中』のMCに就任(正式には続投)。なお、バナナマンにとっては賞レースでの審査員は初となる。過去のファイナリスト経験者が審査員として参加する例もM-1グランプリ、R-1ぐらんぷり、THE MANZAIと合わせても史上初である。また、リニューアル前後を含め5年以上同じアイドルが出演する番組のMCを務めるのも初となる。11月には前年に引き続き『第66回NHK紅白歌合戦』の宣伝部員に就任。バナナマン フレッシュアイペディアより)

  • 吉本興業

    吉本興業から見た松本人志松本人志

    2009年(平成21年)、アメリカ大手のエージェンシークリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー(CAA)と業務提携。また、同年、沖縄国際映画祭を協賛開催し、ゴリの監督作品を製作・上映。吉本は従来から、所属芸人が出演する映画の制作は行ってきたが、近年は松本人志作品をはじめとした「芸人監督」作品に力を入れている。吉本興業 フレッシュアイペディアより)

  • ワイドナショー

    ワイドナショーから見た松本人志松本人志

    芸能ニュースやワイドショーが嫌いな(漫画・アニメ系含む)松本人志(ダウンタウン)をレギュラーコメンテーターに据えて、芸能ニュースやゴシップ話が好きな東野幸治が司会進行するワイドショースタイルで、さまざまなニュースを取り上げていくが、基本的に被取材側である芸能人的立場で、松本らコメンテーターが個人的意見を発言するなど、ゴシップで取り上げられる立場の芸能人に反論の機会を与える情報・ワイドショー・バラエティ番組である。収録は毎週金曜日の夕方だが、出演するゲストコメンテーターによっては木曜日または土曜日に変更されることもある。ワイドナショー フレッシュアイペディアより)

  • サンドウィッチマン (お笑いコンビ)

    サンドウィッチマン (お笑いコンビ)から見た松本人志松本人志

    ビートたけしは、「サンドウィッチマンの漫才は、真似しようと思ってもできない」、「本当にいい腕をしている」と高く評価し、面白いと思う芸人の筆頭として必ずサンドウィッチマンの名を挙げている。また、 ダウンタウンの松本人志は、テレビでネタを見ると思わずチャンネルを止めてしまう芸人が4?5組しかいないことを明かしたうえで、その筆頭としてサンドウィッチマンの名前を挙げ、2人の人柄とネタの面白さを絶賛した。他にも立川志の輔、三遊亭圓楽 (6代目)、関根勤、島田紳助など、多くの著名人がその実力を絶賛している。サンドウィッチマン (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • 明日があるさ -Twentieth Century Mix-

    明日があるさ -Twentieth Century Mix-から見た松本人志松本人志

    10番 - 松本人志・一部浜田雅功明日があるさ -Twentieth Century Mix- フレッシュアイペディアより)

  • シナリオ 神聖喜劇

    シナリオ 神聖喜劇から見た松本人志松本人志

    映画化を持ちかけられた澤井信一郎の(付録小冊子における)解説によると、当初から映画化に先駆けてシナリオを出版する計画であり、なおかつ撮影用シナリオはその書籍を基に新たに書く予定であったらしい。つまり、本書は、映画製作とはとりあえず独立した出版用のシナリオであるから、レーゼシナリオであると言える。また、主要登場人物に、島田紳助や松本人志がイメージ・キャスティングされていたこともあるらしい。シナリオ 神聖喜劇 フレッシュアイペディアより)

  • 松本人志のシネマ坊主

    松本人志のシネマ坊主から見た松本人志松本人志

    『松本人志のシネマ坊主』(まつもとひとしのしねまぼうず)は雑誌『日経エンタテインメント!』にて1999年6月号から2008年6月号まで連載されていた、松本人志の映画評論。松本人志のシネマ坊主 フレッシュアイペディアより)

  • 持田香織

    持田香織から見た松本人志松本人志

    Every Little Thingとして『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』に出演した際、持田が子役時代に出演した第一家庭電器のCMが放送された。また、本人も稀にアイドル時代のことについて語る場合があり、特に隠そうとはしていない。また、当時は松本人志にナンパされたと語ったこともある。持田香織 フレッシュアイペディアより)

  • ロブスター (アルバム)

    ロブスター (アルバム)から見た松本人志松本人志

    ジャケットは親交のあった松本人志による描き下ろしである。ロブスター (アルバム) フレッシュアイペディアより)

502件中 61 - 70件表示

「松本人志」のニューストピックワード