192件中 61 - 70件表示
  • 松本人志

    松本人志から見た浜田雅功

    松本 人志(まつもと ひとし、1963年9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、映画監督、作家であり、ダウンタウンのボケ担当である。愛称は松ちゃん(まっちゃん)。相方は浜田雅功。妻は伊原凛。よしもとクリエイティブ・エージェンシー(東京)所属。松本人志 フレッシュアイペディアより)

  • 松本人志

    松本人志から見たワイドナショー

    2017年12月24日、ワイドナショーで安倍晋三首相との食事会を振り返り、「雑談でたわいもない話して、割り勘で帰っただけ」と説明。政治家への転身は否定した。しかしこの会食をきっかけに首相との関係は大きく変わり、首相から「ヨッ!」と気さくに声をかけられたと明かし、共演者たちを驚かせた。松本人志 フレッシュアイペディアより)

  • 松本人志

    松本人志から見たしんぼる

    しんぼる(2009年) ? 主演・男 役 ※監督、脚本兼任松本人志 フレッシュアイペディアより)

  • 松本人志

    松本人志から見た朝日新聞社

    『「松本」の「遺書」』(1997年7月、朝日新聞社)ISBN 978-4022611918松本人志 フレッシュアイペディアより)

  • 松本人志

    松本人志から見た桂枝雀 (2代目)

    尊敬する芸人と公言している人物は藤山寛美、桂枝雀(2代目)、志村けん、島田紳助。藤山寛美・2代目桂枝雀については、「芸人は寛美さんや枝雀さんのように常に作品を作っていかなければならない。僕はそういう人になりたいと思う」と語っている。また就寝前に携帯音楽プレイヤーで2代目桂枝雀の落語を聴きながら眠りに就く事が良くあるとも語っている。島田紳助は紳助・竜介時代に、ダウンタウンの芸風の方向性を松本に問いただすと、模索中ながらもある程度の確信がある旨を明かし、後に紳助は、ダウンタウンの漫才の方向性が正しかったことに衝撃を受け、これが紳助・竜介を解散するきっかけになった。また自身の著書『遺書』においても「もしこの世にテレビがなく、ラジオだけだったとしたら、このオッサンは間違いなく天下を取っているだろう」と紳助を評している。そんな紳助とは友人関係にあり、2人でトーク番組(「松紳」)のレギュラーを務めていた時期もあった。また、紳助が発起人となって企画した漫才コンクール「M-1グランプリ」には2004年、2015年度を除き全ての回で審査員として出演している。2011年に紳助は自らの不祥事により芸能界を引退するが、その事を公の場で発表する前に、唯一松本にだけ前もって伝えていた事を記者会見で明かしている(それを聞かされた松本は「辞めないでください、漫才だけは辞めないでください」と慰留したという)。紳助引退後も、松本はテレビで紳助の名前を出す事がある。松本人志 フレッシュアイペディアより)

  • 松本人志

    松本人志から見た藤山寛美

    尊敬する芸人と公言している人物は藤山寛美、桂枝雀(2代目)、志村けん、島田紳助。藤山寛美・2代目桂枝雀については、「芸人は寛美さんや枝雀さんのように常に作品を作っていかなければならない。僕はそういう人になりたいと思う」と語っている。また就寝前に携帯音楽プレイヤーで2代目桂枝雀の落語を聴きながら眠りに就く事が良くあるとも語っている。島田紳助は紳助・竜介時代に、ダウンタウンの芸風の方向性を松本に問いただすと、模索中ながらもある程度の確信がある旨を明かし、後に紳助は、ダウンタウンの漫才の方向性が正しかったことに衝撃を受け、これが紳助・竜介を解散するきっかけになった。また自身の著書『遺書』においても「もしこの世にテレビがなく、ラジオだけだったとしたら、このオッサンは間違いなく天下を取っているだろう」と紳助を評している。そんな紳助とは友人関係にあり、2人でトーク番組(「松紳」)のレギュラーを務めていた時期もあった。また、紳助が発起人となって企画した漫才コンクール「M-1グランプリ」には2004年、2015年度を除き全ての回で審査員として出演している。2011年に紳助は自らの不祥事により芸能界を引退するが、その事を公の場で発表する前に、唯一松本にだけ前もって伝えていた事を記者会見で明かしている(それを聞かされた松本は「辞めないでください、漫才だけは辞めないでください」と慰留したという)。紳助引退後も、松本はテレビで紳助の名前を出す事がある。松本人志 フレッシュアイペディアより)

  • 松本人志

    松本人志から見たロッキング・オン

    『松本坊主』(1999年1月、ロッキング・オン)ISBN 978-4947599629松本人志 フレッシュアイペディアより)

  • 松本人志

    松本人志から見たジャングルポケット (お笑いトリオ)

    シーズン2(2017年4月26日 - 5月24日、全5回):アンジャッシュ・児嶋、ジミー大西、ジャングルポケット・斉藤、ダイアン・津田、バイきんぐ・小峠、バナナマン・日村、FUJIWARA・藤本、平成ノブシコブシ・吉村、宮川大輔、森三中・大島松本人志 フレッシュアイペディアより)

  • 松本人志

    松本人志から見たゴッホ

    好きな歴史上の人物としてゴッホ、アンネ・フランク、黒田官兵衛など。1998年7月より、髪型を左分けから坊主頭に変える。2014年の秋以降は白髪を隠す目的で髪の毛をグレーに染めていたが、すぐ色が落ちてしまうという理由で冬頃からは金色に染めている(ゆうパックのCMのみ黒に戻している)。左利きの芸能人として有名であるが、スポーツ系は右利きで箸やペンを持つ場合は左利きである。CMの中ではレフティギターを弾いている。。松本人志 フレッシュアイペディアより)

  • 松本人志

    松本人志から見た紳助・竜介

    尊敬する芸人と公言している人物は藤山寛美、桂枝雀(2代目)、志村けん、島田紳助。藤山寛美・2代目桂枝雀については、「芸人は寛美さんや枝雀さんのように常に作品を作っていかなければならない。僕はそういう人になりたいと思う」と語っている。また就寝前に携帯音楽プレイヤーで2代目桂枝雀の落語を聴きながら眠りに就く事が良くあるとも語っている。島田紳助は紳助・竜介時代に、ダウンタウンの芸風の方向性を松本に問いただすと、模索中ながらもある程度の確信がある旨を明かし、後に紳助は、ダウンタウンの漫才の方向性が正しかったことに衝撃を受け、これが紳助・竜介を解散するきっかけになった。また自身の著書『遺書』においても「もしこの世にテレビがなく、ラジオだけだったとしたら、このオッサンは間違いなく天下を取っているだろう」と紳助を評している。そんな紳助とは友人関係にあり、2人でトーク番組(「松紳」)のレギュラーを務めていた時期もあった。また、紳助が発起人となって企画した漫才コンクール「M-1グランプリ」には2004年、2015年度を除き全ての回で審査員として出演している。2011年に紳助は自らの不祥事により芸能界を引退するが、その事を公の場で発表する前に、唯一松本にだけ前もって伝えていた事を記者会見で明かしている(それを聞かされた松本は「辞めないでください、漫才だけは辞めないでください」と慰留したという)。紳助引退後も、松本はテレビで紳助の名前を出す事がある。松本人志 フレッシュアイペディアより)

192件中 61 - 70件表示

「松本人志」のニューストピックワード