138件中 71 - 80件表示
  • 松本人志

    松本人志から見た一人ごっつ

    1990年代後半より、『一人ごっつ』シリーズ(フジテレビ系)、入場料1万円のコントライブ「寸止め海峡(仮)」、料金後払い制ライブ「松風'95」、コントビデオ『HITOSI MATUMOTO VISUALBUM』など、個人での活動も行うようになる。松本人志 フレッシュアイペディアより)

  • 松本人志

    松本人志から見た伝説の教師

    2000年、自身の原案で『伝説の教師』(日本テレビ系、SMAPの中居正広と共演)に主演。松本人志 フレッシュアイペディアより)

  • 松本人志

    松本人志から見たHITOSI MATUMOTO VISUALBUM

    1990年代後半より、『一人ごっつ』シリーズ(フジテレビ系)、入場料1万円のコントライブ「寸止め海峡(仮)」、料金後払い制ライブ「松風'95」、コントビデオ『HITOSI MATUMOTO VISUALBUM』など、個人での活動も行うようになる。松本人志 フレッシュアイペディアより)

  • 松本人志

    松本人志から見た大日本人

    2007年、本人が企画、脚本、監督、出演の四役を務めた映画『大日本人』を発表し監督デビュー。日本での公開に先立ってカンヌ国際映画祭の「監督週間」に招待されたが、新人監督賞にあたるカメラ・ドールの受賞には至らなかった。松本人志 フレッシュアイペディアより)

  • 松本人志

    松本人志から見たプロフェッショナル 仕事の流儀

    2010年10月15日にNHK総合でテレビでは実質的に9年振りとなるコント番組『松本人志のコント MHK』、翌10月16日に同局のドキュメンタリー番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』で「松本人志スペシャル」が放送された。松本人志 フレッシュアイペディアより)

  • 松本人志

    松本人志から見た夢で逢えたら (テレビ番組)

    ダウンタウンとしてテレビ番組にレギュラー出演。1987年4月に開始した初の看板番組『4時ですよーだ』を皮切りに、翌年には深夜のコント番組『夢で逢えたら』で東京進出。『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系列)、『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ系列)等では出演のほか番組の企画・構成も担当した。松本人志 フレッシュアイペディアより)

  • 松本人志

    松本人志から見た働くおっさん劇場

    コンビとしてだけでなく、ピンでも「人志松本のすべらない話」「働くおっさん劇場」などのテレビ番組の出演や、ビデオ短編「頭頭」、DVDオリジナルコント短編集「HITOSI MATUMOTO VISUALBUM」などを制作する。松本人志 フレッシュアイペディアより)

  • 松本人志

    松本人志から見た働くおっさん人形

    主演は働くおっさん人形に出演した、野見隆明。松本人志 フレッシュアイペディアより)

  • 松本人志

    松本人志から見たダウンタウンのごっつええ感じ

    ダウンタウンとしてテレビ番組にレギュラー出演。1987年4月に開始した初の看板番組『4時ですよーだ』を皮切りに、翌年には深夜のコント番組『夢で逢えたら』で東京進出。『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系列)、『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ系列)等では出演のほか番組の企画・構成も担当した。松本人志 フレッシュアイペディアより)

  • 松本人志

    松本人志から見た週刊朝日

    1993年から1995年にかけて、松本が週刊朝日に連載していたエッセイ(オフオフダウンタウン)が単行本化される。題名は『遺書』『松本』で、それぞれ250万部、200万部の売り上げ。松本人志 フレッシュアイペディアより)

138件中 71 - 80件表示

「松本人志」のニューストピックワード

  • 打倒というより、できれば出たい側なんで…

  • 絶対に笑ってはいけない科学博士24時!

  • ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!