23件中 11 - 20件表示
  • 須田幸太

    須田幸太から見た松本啓二朗松本啓二朗

    高校卒業後は早稲田大学に進学して野球部に所属。2年までは未勝利だったが、3年春にエースナンバーの背番号11を背負って斎藤佑樹と先発2本柱となり、3勝1敗を挙げ優勝に導いた。大学4年の春には最優秀防御率のタイトルを獲得している。大学通算成績は8勝3敗。大学の同級生にはバッテリーを組んだ細山田武史・松本啓二朗(いずれもDeNA)、上本博紀(阪神)がいる。須田幸太 フレッシュアイペディアより)

  • 大田阿斗里

    大田阿斗里から見た松本啓二朗松本啓二朗

    は2試合に登板したものの防御率13.50と自己最低の成績に終わった。12月27日に松本啓二朗、嶋村一輝とともに登録名を本名に戻すことが発表された。大田阿斗里 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原紘通

    藤原紘通から見た松本啓二朗松本啓二朗

    2008年度ドラフト会議で、東北楽天ゴールデンイーグルスと阪神タイガースにそれぞれ野本圭・松本啓二朗の外れ1位で指名され、抽選で交渉権を獲得した楽天に入団。尚、藤原も逃した阪神は外れのまた外れ1位として蕭一傑を指名した。藤原紘通 フレッシュアイペディアより)

  • 井上雄介

    井上雄介から見た松本啓二朗松本啓二朗

    千葉経大附属高校では、シニア時代からのチームメイトである松本啓二朗と左右の投手の二枚看板を形成し、打線の中軸を担った。3年夏に甲子園に出場。3回戦ではダルビッシュを擁する東北高校を下している。井上雄介 フレッシュアイペディアより)

  • 蕭一傑

    蕭一傑から見た松本啓二朗松本啓二朗

    のドラフト会議で松本啓二朗、藤原紘通らの交渉権を逃した阪神から1位指名を受け、日本プロ野球のドラフトで指名された初の台湾出身投手となった。ドラフト前は西武か横浜ベイスターズへの入団を希望していたが、12月8日に契約金9,000万円、出来高4,000万円、年俸1,300万円(金額は推定)で阪神と仮契約。背番号は19に決定した。蕭一傑 フレッシュアイペディアより)

  • 仁志敏久

    仁志敏久から見た松本啓二朗松本啓二朗

    秋山準によると、仁志は週刊プロレスを毎週購入していると明かしており、巨人時代の同僚だった河原純一が試合で使うテーマ曲について悩んでいたところを、「俺が聴きたいから」という理由だけで小橋建太の入場曲である「GRAND SWORD」に決定させてしまう(打者はネクストバッターズサークルから打席に入るまでしか流れないが、投手は入場から捕手との打ち合わせ、投球練習までずっと流れるため、投手の方が長く曲を聴ける)など、ノアファンとして知られている。2006年12月10日ノアの日本武道館大会でサプライズゲストとして、第1試合からメインまでのほとんどの試合を観戦。この日の第4試合に秋山が入場の際に移籍が決まったばかりの横浜ベイスターズのTシャツを着て入場している。2007年12月2日、再び放送席に登場。小橋建太の復帰戦のゲスト解説を務めた。2008年、強引に内川聖一を誘い、会場ではしゃいでいる姿が写真に写りこんでいた。2009年には大学の後輩の松本啓二朗に石森太二の入場曲を選択した(2009年はKENTAの入場曲を使うため、タッグを組んでる石森太二の入場曲を選んだとの事)。仁志敏久 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉経済大学附属高等学校

    千葉経済大学附属高等学校から見た松本啓二朗松本啓二朗

    松本啓二朗- プロ野球選手(横浜DeNAベイスターズ)(2005年3月卒業)千葉経済大学附属高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 6月24日

    6月24日から見た松本啓二朗松本啓二朗

    1986年 - 松本啓二朗、プロ野球選手6月24日 フレッシュアイペディアより)

  • 甲子園連覇

    甲子園連覇から見た松本啓二朗松本啓二朗

    戦前はダルビッシュ有をはじめ、多くの主力選手がレギュラーとして前年夏に準優勝を果たしていた東北が優勝候補の本命といわれ、深紅の大優勝旗が初めて白河の関を越えるかと期待されながらも東北は3回戦で松本啓二朗擁する千葉経済大学附属高等学校に破れ混戦となったが、終わってみれば優勝旗は白河の関どころか一気に津軽海峡まで越えてしまった。この大会で駒苫はそれまでの最高記録で01年に日大三がつくったチーム大会打率.427を大幅に上回る.448の新記録を樹立。さらに5試合で1失策の鉄壁の守備と常に1つ先の塁を狙う積極的な走塁など充実した戦いぶりだった。甲子園連覇 フレッシュアイペディアより)

  • ダルビッシュ 有

    ダルビッシュ有から見た松本啓二朗松本啓二朗

    1年生秋からエースに就き、190cm越えの長身から繰り出す速球は当時から147km/hを計測。2年春夏、3年春夏と4度甲子園に出場。2年夏は決勝で坂克彦を擁する常総学院に敗れて準優勝、3年春の対熊本工戦では史上12度目・10年ぶりとなるノーヒットノーランを達成する(ちなみに、熊本工のエースは岩見優輝だった)。最後の夏の甲子園では真壁賢守とともに活躍し、3回戦で松本啓二朗、井上雄介を擁する千葉経大附に敗れたものの、最速150km/hの直球を持ちながら、高校生No.1ピッチャーとの呼び声もあった。ダルビッシュ有 フレッシュアイペディアより)

23件中 11 - 20件表示