52件中 31 - 40件表示
  • 松本啓二朗

    松本啓二朗から見た右翼手

    早稲田大学では應武篤良監督の勧めで外野手に転向し、1年生秋から右翼手のレギュラー。大学通算96試合出場、333打数105安打、打率.315、2本塁打、44打点(通算100安打達成は27人目)。ベストナイン5回。早大の同期生に上本博紀、細山田武史、須田幸太ら。松本啓二朗 フレッシュアイペディアより)

  • 松本啓二朗

    松本啓二朗から見た本塁打

    早稲田大学では應武篤良監督の勧めで外野手に転向し、1年生秋から右翼手のレギュラー。大学通算96試合出場、333打数105安打、打率.315、2本塁打、44打点(通算100安打達成は27人目)。ベストナイン5回。早大の同期生に上本博紀、細山田武史、須田幸太ら。松本啓二朗 フレッシュアイペディアより)

  • 松本啓二朗

    松本啓二朗から見た中堅手

    は同じ新人の細山田、山崎憲晴と共に開幕から一軍登録され、ナゴヤドームで迎えた4月3日の開幕試合ではスタメン1番センターで起用されたが、打撃が振るわず4月中に一軍登録を抹消された。二軍でも主に1番センターを任されシーズンを終えた。松本啓二朗 フレッシュアイペディアより)

  • 松本啓二朗

    松本啓二朗から見た外野手

    松本 啓二朗(まつもと けいじろう、1986年6月24日 - )は、横浜DeNAベイスターズに所属するプロ野球選手(外野手)。2012年の登録名は「啓二朗」。松本啓二朗 フレッシュアイペディアより)

  • 松本啓二朗

    松本啓二朗から見た横浜DeNAベイスターズ

    松本 啓二朗(まつもと けいじろう、1986年6月24日 - )は、横浜DeNAベイスターズに所属するプロ野球選手(外野手)。2012年の登録名は「啓二朗」。松本啓二朗 フレッシュアイペディアより)

  • 松本啓二朗

    松本啓二朗から見た代走

    序盤は守備固めや代走を中心に起用されたが一軍には定着できず、二軍で打率.283(イースタン・リーグ6位)を残した後、シーズン終盤に一軍再昇格。9月以降はスタメンでの起用が続いた。松本啓二朗 フレッシュアイペディアより)

  • 松本啓二朗

    松本啓二朗から見た荒川事件

    同年10月28日、ドラフト会議で阪神タイガースと横浜ベイスターズからの1位指名を受け、横浜が交渉権を獲得。12月3日に契約金1億円、年俸1500万円(金額は推定)で入団契約。細山田と共に、荒川事件以降は早大在学選手のドラフト指名を見送ってきた横浜へ40年ぶりにドラフトで入団した選手となった。松本啓二朗 フレッシュアイペディアより)

  • 松本啓二朗

    松本啓二朗から見た桜美林中学校・高等学校

    父の松本吉啓は桜美林高校のエースとして1976年の全国高等学校野球選手権大会を優勝、明治大学時代も日米大学野球に選抜された投手。弟の松本歩己も同じく千葉経大付高時代に甲子園に出場し、早稲田大学へ進学した。松本啓二朗 フレッシュアイペディアより)

  • 松本啓二朗

    松本啓二朗から見た第86回全国高等学校野球選手権大会

    千葉経大付高では3年夏の甲子園に投手・4番打者として出場。3回戦ではダルビッシュ有擁する東北高校に延長試合の末勝利するなど、ベスト4進出を果たした。高校の同級生に井上雄介がいる。松本啓二朗 フレッシュアイペディアより)

  • 松本啓二朗

    松本啓二朗から見た投手

    父の松本吉啓は桜美林高校のエースとして1976年の全国高等学校野球選手権大会を優勝、明治大学時代も日米大学野球に選抜された投手。弟の松本歩己も同じく千葉経大付高時代に甲子園に出場し、早稲田大学へ進学した。松本啓二朗 フレッシュアイペディアより)

52件中 31 - 40件表示