59件中 11 - 20件表示
  • 松本大

    松本大から見たリクルート

    1998年秋、ソニーCEOだった出井伸之に会い、ネット証券設立で賛同を得る。翌1999年4月、ソニーとの折半出資でマネックス証券を設立する。設立当時の出資者はJPモルガン、リクルート、ジョージ・ソロス率いるソロス・ファンド・マネジメント、ゴールドマン・サックス、ポール・チューダー・ジョーンズが運営し日本法人CEOを明神茂が務めるチューダー・キャピタル、ジョン・メリウェザー運営のJWMパートナーズ。松本大 フレッシュアイペディアより)

  • 松本大

    松本大から見たJPモルガン・チェース

    1998年秋、ソニーCEOだった出井伸之に会い、ネット証券設立で賛同を得る。翌1999年4月、ソニーとの折半出資でマネックス証券を設立する。設立当時の出資者はJPモルガン、リクルート、ジョージ・ソロス率いるソロス・ファンド・マネジメント、ゴールドマン・サックス、ポール・チューダー・ジョーンズが運営し日本法人CEOを明神茂が務めるチューダー・キャピタル、ジョン・メリウェザー運営のJWMパートナーズ。松本大 フレッシュアイペディアより)

  • 松本大

    松本大から見たマネックスグループ

    松本 大(まつもと おおき、1963年12月19日 - )は、日本の実業家。マネックスグループ株式会社代表取締役社長CEO、マネックス証券株式会社代表取締役社長CEO、株式会社東京証券取引所グループ取締役、株式会社東京証券取引所取締役、株式会社新生銀行取締役。松本大 フレッシュアイペディアより)

  • 松本大

    松本大から見た松井証券

    マネックス証券は、順調に成長。2000年8月には、会社設立からわずか1年4ヶ月で東証マザーズに上場。松井証券、イー・トレード証券等と並び、日本におけるネット証券の嚆矢となり、松本は有力な若手ベンチャー経営者として一躍人々に知られるようになる。目の前にあったゴールドマン・サックス株式公開益を捨てて起業したことも、「10億円を捨てた男」として名声をさらに高めた。2001年5月には米経済誌『フォーチュン誌』で、「次代を担う世界の若手経営者25人」の1人に選ばれた。松本大 フレッシュアイペディアより)

  • 松本大

    松本大から見たマネックス証券

    松本 大(まつもと おおき、1963年12月19日 - )は、日本の実業家。マネックスグループ株式会社代表取締役社長CEO、マネックス証券株式会社代表取締役社長CEO、株式会社東京証券取引所グループ取締役、株式会社東京証券取引所取締役、株式会社新生銀行取締役。松本大 フレッシュアイペディアより)

  • 松本大

    松本大から見たソロモン・ブラザーズ

    東京大学法学部卒業後、ソロモン・ブラザーズを経てゴールドマン・サックスに勤務。債券トレード、デリバティブ取引などに従事したのち、マネックス証券を設立。マネックスの代表取締役や、マネックス・ビーンズ・ホールディングスおよびマネックス・ビーンズ証券の社長などを務めた。現在は、持ち株会社であるマネックスグループとその傘下のマネックス証券にて双方の代表取締役を務めており、あわせて社長および最高経営責任者を兼任する。また、東京証券取引所グループとその子会社の東京証券取引所の取締役も兼任している。なお、新生銀行やオリックス証券の取締役なども務めている。松本大 フレッシュアイペディアより)

  • 松本大

    松本大から見た末永徹

    1987年、ソロモン・ブラザーズ・アジア証券に入社。10人いた同期生の中には、後に1980年代終わりから1990年代半ばのバブル崩壊後の日本で、最先端金融技術を持つ外資系金融会社が何を行っていたかを記した「メイク★マネー!」の著者末永徹がいる。またクレディ・スイス証券集団申告漏れ事件に巻き込まれた八田隆もその同期生の一人である。松本大 フレッシュアイペディアより)

  • 松本大

    松本大から見た安部譲二

    埼玉県浦和市(現:さいたま市)に生まれる。父は講談社の編集者。担当作家には安部譲二がいた。他に母一人、兄一人。松本大 フレッシュアイペディアより)

  • 松本大

    松本大から見た冨山和彦

    「この国を作り変えよう 日本を再生させる10の提言 」(2008年12月)冨山和彦との共著松本大 フレッシュアイペディアより)

  • 松本大

    松本大から見た松井道夫

    ただし、これらの信用掛け目に関する決定は制度上は法律に抵触するものではなく、ライブドアのような問題企業の株を担保として預かることはマネックス証券の金融機関としての信用力を低下させるものであるから、この判断は上場企業としては妥当とする見解もある。一方、松井証券社長の松井道夫による「証券会社と顧客は信用市場で同じようにリスクを負っているのであり、掛け目ゼロは、そのリスクをすべて顧客に押し付けたことを意味している」との批判、与謝野馨金融・経済財政担当相(当時)による「証券会社は投資家を大切にするべきであり、そうしない会社はいつか投資家に捨てられる」との声明もあり、どちらに理があると考えるかは判断の分かれる点となっている。しかし、マネックス証券は個人投資家を相手にしているのであり、その個人投資家の多くを一気に崖っぷちに追い込むこの行為は、多くの顧客に強い警戒感を与えた。松本大 フレッシュアイペディアより)

59件中 11 - 20件表示

「松本大」のニューストピックワード