59件中 21 - 30件表示
  • 松本大

    松本大から見た成毛眞

    「トーキョー金融道」(2003年3月)成毛眞、藤巻健史との共著松本大 フレッシュアイペディアより)

  • 松本大

    松本大から見たさいたま市

    埼玉県浦和市(現:さいたま市)に生まれる。父は講談社の編集者。担当作家には安部譲二がいた。他に母一人、兄一人。松本大 フレッシュアイペディアより)

  • 松本大

    松本大から見た金利

    1990年、ゴールドマン・サックスに転じる。債券、金利、為替のトレーディングで莫大な利益を上げ、1994年には史上最年少で同社のゼネラル・パートナーとなった。松本大 フレッシュアイペディアより)

  • 松本大

    松本大から見た東京大学

    1982年、東京大学教養学部文科?類入学。在学中、高校時代の友人から塾経営に誘われる。実業家の息子であるその友人の塾経営を手伝うことで、サラリーマン以外の生き方があることを知る。松本大 フレッシュアイペディアより)

  • 松本大

    松本大から見たジョン・メリウェザー

    集団研修の後には、ジョン・メリウェザーのチームに配属される。メリウェザーと後々まで続く交友関係を持ち、また彼を自分の師匠であるとする。1988年ごろ日本へ戻る。同時期の日本の稼ぎ頭には、1990年代を通してソロモン・ブラザーズに多大な利益をもたらし副会長へ上り詰める明神茂がいた。松本大 フレッシュアイペディアより)

  • 松本大

    松本大から見たマネックス

    東京大学法学部卒業後、ソロモン・ブラザーズを経てゴールドマン・サックスに勤務。債券トレード、デリバティブ取引などに従事したのち、マネックス証券を設立。マネックスの代表取締役や、マネックス・ビーンズ・ホールディングスおよびマネックス・ビーンズ証券の社長などを務めた。現在は、持ち株会社であるマネックスグループとその傘下のマネックス証券にて双方の代表取締役を務めており、あわせて社長および最高経営責任者を兼任する。また、東京証券取引所グループとその子会社の東京証券取引所の取締役も兼任している。なお、新生銀行やオリックス証券の取締役なども務めている。松本大 フレッシュアイペディアより)

  • 松本大

    松本大から見た東京証券取引所

    松本 大(まつもと おおき、1963年12月19日 - )は、日本の実業家。マネックスグループ株式会社代表取締役社長CEO、マネックス証券株式会社代表取締役社長CEO、株式会社東京証券取引所グループ取締役、株式会社東京証券取引所取締役、株式会社新生銀行取締役。松本大 フレッシュアイペディアより)

  • 松本大

    松本大から見た新生銀行

    松本 大(まつもと おおき、1963年12月19日 - )は、日本の実業家。マネックスグループ株式会社代表取締役社長CEO、マネックス証券株式会社代表取締役社長CEO、株式会社東京証券取引所グループ取締役、株式会社東京証券取引所取締役、株式会社新生銀行取締役。松本大 フレッシュアイペディアより)

  • 松本大

    松本大から見た東京証券取引所グループ

    松本 大(まつもと おおき、1963年12月19日 - )は、日本の実業家。マネックスグループ株式会社代表取締役社長CEO、マネックス証券株式会社代表取締役社長CEO、株式会社東京証券取引所グループ取締役、株式会社東京証券取引所取締役、株式会社新生銀行取締役。松本大 フレッシュアイペディアより)

  • 松本大

    松本大から見た東証マザーズ

    マネックス証券は、順調に成長。2000年8月には、会社設立からわずか1年4ヶ月で東証マザーズに上場。松井証券、イー・トレード証券等と並び、日本におけるネット証券の嚆矢となり、松本は有力な若手ベンチャー経営者として一躍人々に知られるようになる。目の前にあったゴールドマン・サックス株式公開益を捨てて起業したことも、「10億円を捨てた男」として名声をさらに高めた。2001年5月には米経済誌『フォーチュン誌』で、「次代を担う世界の若手経営者25人」の1人に選ばれた。松本大 フレッシュアイペディアより)

59件中 21 - 30件表示

「松本大」のニューストピックワード