1 2 3 4 5 6 次へ
59件中 51 - 59件表示
  • 松本大

    松本大から見たクレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

    1987年、ソロモン・ブラザーズ・アジア証券に入社。10人いた同期生の中には、後に1980年代終わりから1990年代半ばのバブル崩壊後の日本で、最先端金融技術を持つ外資系金融会社が何を行っていたかを記した「メイク★マネー!」の著者末永徹がいる。またクレディ・スイス証券集団申告漏れ事件に巻き込まれた八田隆もその同期生の一人である。松本大 フレッシュアイペディアより)

  • 松本大

    松本大から見た実業家

    松本 大(まつもと おおき、1963年12月19日 - )は、日本の実業家。マネックスグループ株式会社代表取締役社長CEO、マネックス証券株式会社代表取締役社長CEO、株式会社東京証券取引所グループ取締役、株式会社東京証券取引所取締役、株式会社新生銀行取締役。松本大 フレッシュアイペディアより)

  • 松本大

    松本大から見た日本

    松本 大(まつもと おおき、1963年12月19日 - )は、日本の実業家。マネックスグループ株式会社代表取締役社長CEO、マネックス証券株式会社代表取締役社長CEO、株式会社東京証券取引所グループ取締役、株式会社東京証券取引所取締役、株式会社新生銀行取締役。松本大 フレッシュアイペディアより)

  • 松本大

    松本大から見たタフツ大学

    1984年、1985年の2度にわたってアメリカを旅する。1985年夏の一人旅で、タフツ大学の学生寮に泊まり込むも言葉がまったく通じず、孤独と屈辱を味わう。この経験から、英語をきちんと喋れるようなるために外資系の会社への就職を決意する。松本大 フレッシュアイペディアより)

  • 松本大

    松本大から見た教養学部

    1982年、東京大学教養学部文科?類入学。在学中、高校時代の友人から塾経営に誘われる。実業家の息子であるその友人の塾経営を手伝うことで、サラリーマン以外の生き方があることを知る。松本大 フレッシュアイペディアより)

  • 松本大

    松本大から見た為替

    1990年、ゴールドマン・サックスに転じる。債券、金利、為替のトレーディングで莫大な利益を上げ、1994年には史上最年少で同社のゼネラル・パートナーとなった。松本大 フレッシュアイペディアより)

  • 松本大

    松本大から見たフォーチュン (雑誌)

    マネックス証券は、順調に成長。2000年8月には、会社設立からわずか1年4ヶ月で東証マザーズに上場。松井証券、イー・トレード証券等と並び、日本におけるネット証券の嚆矢となり、松本は有力な若手ベンチャー経営者として一躍人々に知られるようになる。目の前にあったゴールドマン・サックス株式公開益を捨てて起業したことも、「10億円を捨てた男」として名声をさらに高めた。2001年5月には米経済誌『フォーチュン誌』で、「次代を担う世界の若手経営者25人」の1人に選ばれた。松本大 フレッシュアイペディアより)

  • 松本大

    松本大から見た信用取引

    2006年1月16日月曜のライブドアと堀江貴文への東京地検特捜部による強制捜査開始翌日の1月17日後場、マネックス証券はライブドア株と、その関連会社株の信用取引における担保能力を予告なく掛け目ゼロにした。これにより、ストップ安に張り付き売ることすら出来ない状態のライブドア株所有の個人投資家は、一気に追いつめられる。ライブドア株が売却不可能な状態である以上、追加証拠金を入金するか他の株を売らなければならなくなる。さらに市場では、マネックス証券の決定に追従する証券会社が出るのではないかという懸念から、パニック的な売りが出る。松本大 フレッシュアイペディアより)

  • 松本大

    松本大から見た埼玉県

    埼玉県浦和市(現:さいたま市)に生まれる。父は講談社の編集者。担当作家には安部譲二がいた。他に母一人、兄一人。松本大 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
59件中 51 - 59件表示

「松本大」のニューストピックワード