301件中 11 - 20件表示
  • 異邦人 (TAK MATSUMOTO featuring ZARDの曲)

    異邦人 (TAK MATSUMOTO featuring ZARDの曲)から見た松本孝弘松本孝弘

    『異邦人』(いほうじん)は、TAK MATSUMOTO featuring ZARDのシングル。CDコードはBMCV-5004。異邦人 (TAK MATSUMOTO featuring ZARDの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 北島健二

    北島健二から見た松本孝弘松本孝弘

    1994年頃、当時のヤマハのリペア担当者が何度かライブに足を運んだ際、「こういう素材を組み合わせたら北島さん好みの音になるのでは」と、市販には無いオリジナルの組み合わせで勝手に制作されたギターで、試しに使ってみたらかなり感触がよく、現在に至るまでメインギターとして使用されている。本人はボディの色が気に入ってないらしく、塗りなおそうと思っていたらしいが、手間がかかることと音色が変わってしまう可能性がある為、そのままになっている。12フレットのポジションマークに"KEN"のインレイがある事から、通称YAMAHA MG-KENとも呼ばれている。(MG-Mの末尾のMは松本の頭文字で、松本孝弘モデルのMG-M Customがベースである事がわかるが仕様は異なり、ボディーカラー、エボニー指板、ゴールドパーツ等ど見た目だけでも大きな違いがある。指板の変更はサウンド特性にも影響があり、本来なら北島のために仕様を変更して制作されたこのモデルは、MG-Mシリーズとは別物であると言っても過言ではない。)北島健二 フレッシュアイペディアより)

  • Blue Revolution

    Blue Revolutionから見た松本孝弘松本孝弘

    同年にシングルリリースされたタイトル曲を含む全9曲を収録している。本作ではザ・ビートルズ及びハートの楽曲をカバーしているほか、松本孝弘との共作曲「Stormy Love」が収録されている。Blue Revolution フレッシュアイペディアより)

  • 葛城哲哉

    葛城哲哉から見た松本孝弘松本孝弘

    1989年の解散後、TMNのアルバム『RHYTHM RED』のレコーディングに是永巧一の紹介で参加し、翌年に行われた「RHYTHM RED TMN TOUR」から、松本孝弘に代わりサポートギタリストを務め、以後現在に至るまでTM NETWORKには欠かせない存在として活躍している。葛城哲哉 フレッシュアイペディアより)

  • Theatre Of Strings

    Theatre Of Stringsから見た松本孝弘松本孝弘

    『Theatre Of Strings』(シアター・オブ・ストリングス)は、日本の音楽ユニットB'zのギタリスト、松本孝弘によるレーベル、House Of Stringsの2作目のアルバム。Theatre Of Strings フレッシュアイペディアより)

  • イミテイション・ゴールド (TAK MATSUMOTO featuring 倉木麻衣の曲)

    イミテイション・ゴールド (TAK MATSUMOTO featuring 倉木麻衣の曲)から見た松本孝弘松本孝弘

    『イミテイション・ゴールド』は、TAK MATSUMOTO featuring 倉木麻衣のシングル。CDコードはBMCV-5005。イミテイション・ゴールド (TAK MATSUMOTO featuring 倉木麻衣の曲) フレッシュアイペディアより)

  • B'z (1988年のアルバム)

    B'z (1988年のアルバム)から見た松本孝弘松本孝弘

    ギターサウンドを抑え、打ち込みを多用したデジタルサウンドな作風となっている。これは当時「ロック」と「打ち込み」の融合を目指していた松本孝弘の意向によるもの。本作について、作詞をまともにしたことがなかった稲葉浩志は歌詞を書くのにとても苦労をしたとのことで、歌詞には英語が多用されている。「Half Tone Lady」「Fake Lips」以外の全ての曲がフェードアウト。メンバーが作詞曲をしていない曲が2曲あるが、これは二人がそれぞれの制作に限界を感じたため他の人物に頼んだ。メンバーが初めて出会ったのは1988年5月であり、そのわずか4ヶ月後に今作でメジャーデビューしたことも影響したのか、未だに本人たちは本作の完成度に満足していない。後に「完全に手探り状態だった」と語っている。B'z (1988年のアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • Happy! (漫画)

    Happy! (漫画)から見た松本孝弘松本孝弘

    「Real Face#1」(作詞: スガシカオ/作曲:松本孝弘/編曲:松本孝弘、徳永暁人/Rap詞:JOKER/歌:KAT-TUN)Happy! (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • RISKY (アルバム)

    RISKY (アルバム)から見た松本孝弘松本孝弘

    アルバムタイトル『RISKY』には「危険(リスク)を冒してでも『とあるもの』を手に入れる」という意味が込められている。松本孝弘は「いい意味で期待を裏切らないといけない」とコメントした。RISKY (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • IN THE LIFE

    IN THE LIFEから見た松本孝弘松本孝弘

    打ち込みは多用しているが生音と併用しており、前作『RISKY』までのダンス・ビート色はなく、現在の作風に通じるアナログ色が強い。松本孝弘は「『MARS』でハードなものが堪能できたので、その反動で日本で言うところのJ-POPみたいなものがやりたかった」「最初からアルバムの構成・バランスも考えこんだ上で制作した」と語っている。アルバムタイトルの「LIFE」は、「人生」ではなく「生活」を意味している。前作『RISKY』以降に発売されたシングルで「LADY NAVIGATION」が未収録となった。IN THE LIFE フレッシュアイペディアより)

301件中 11 - 20件表示

「松本孝弘」のニューストピックワード