155件中 31 - 40件表示
  • 松本孝弘

    松本孝弘から見た東京都交響楽団

    2004年7月17・18・20日 - 松本と東京都交響楽団によるコラボレーション・ライブ『都響スペシャル Collaboration 2004 松本孝弘「華」』を公演。松本孝弘 フレッシュアイペディアより)

  • 松本孝弘

    松本孝弘から見たギブソン (楽器メーカー)

    1999年 - ギブソン社から、松本の名前を冠したCanary Yellowのレスポールのシグネチャーモデルが発売される。松本孝弘 フレッシュアイペディアより)

  • 松本孝弘

    松本孝弘から見た太田貴子

    太田貴子 「Loveさりげなく」松本孝弘 フレッシュアイペディアより)

  • 松本孝弘

    松本孝弘から見たBMGビクター

    1988年9月21日 - ボーカリストの稲葉浩志と音楽ユニット「B'z」(メンバーはバンドと主張することが多い)としてBMGビクターよりデビューし、現在に至る。B'zでは「孤独にDance in vain」以外全ての全ての楽曲を作曲。並行して、女性歌手等のレコーディングに参加する。松本孝弘 フレッシュアイペディアより)

  • 松本孝弘

    松本孝弘から見たビーイング

    1981年 - 高校卒業後、ミューズ専門学校に進む。音楽理論は苦手だったがギターの技能は当時から高く、当時の講師にプロでやっていったほうがいいと言われ、中退。音楽事務所・ビーイングに所属し、プロとしての活動を開始。下積みとしてセッションギタリストや、多数のアーティストのスタジオ・ミュージシャンとしてプロ活動をスタート、主にビーイング系の女性ロックアーティストのレコーディングを中心に活動。松本孝弘 フレッシュアイペディアより)

  • 松本孝弘

    松本孝弘から見た前田亘輝

    前田亘輝 「Feel Me」(作曲は稲葉浩志)松本孝弘 フレッシュアイペディアより)

  • 松本孝弘

    松本孝弘から見たジョー・ペリー

    ギターの演奏技術が高く評価され、1999年から、日本人ギタリストで初めてギブソンから彼の名前を冠した、レスポールのシグネチャモデルが発売されている。ちなみに、このレスポールのシグネチャモデルを供給されたのは、世界でもジミー・ペイジ、ジョー・ペリー、エース・フレーリー、スラッシュ、ザック・ワイルド、ゲイリー・ムーアのみ(2011年現在)であり、松本はアジアで初、世界では5番目のシグネチャープレイヤーとなる。松本孝弘 フレッシュアイペディアより)

  • 松本孝弘

    松本孝弘から見たスティーブ・ルカサー

    初めて買ったギターは、GRECOのレスポールモデル。ギターを手にしてからは「絶対にプロになる」と決意したという。当時に憧れていたのはジミー・ペイジやリッチー・ブラックモアだが、よくコピーしたのはマイケル・シェンカー、後にはスティーブ・ルカサーが多く、ルカサーについてはセッションマンとしての参加作品についてもフォローするほどに入れ込んでいた。松本孝弘 フレッシュアイペディアより)

  • 松本孝弘

    松本孝弘から見た紫 (バンド)

    のギタリスト・比嘉清正から譲り受けたもの。1970年代製。「The Wild Wind 」のPVで使用。フロントピックアップが、ゼブラになっている。松本孝弘 フレッシュアイペディアより)

  • 松本孝弘

    松本孝弘から見たベーシスト

    多くのギタリストを初め、B'zのサポートメンバーも務めているベーシストのバリー・スパークスは、ギタリストとしての松本について「すごくホットなプレイを弾いているときも、頭の中は常にクールだということかな。イングヴェイはまるで風船が破裂したみたいに弾きまくるけど、TAKはリズムならリズム、リードならリードをきっちり弾きこむ方だ。しかも毎晩ベスト・コンディションを保ち続ける、真のプロフェッショナルだよ。彼のプレイからはマイケル・シェンカーやリッチー・ブラックモアの影響が聴こえてくるけど、彼らよりずっとタイトなギタリストだと思うね。彼がかつてスタジオ・ミュージシャンだったことも、その理由のひとつかもしれない」と述べている。松本孝弘 フレッシュアイペディアより)

155件中 31 - 40件表示

「松本孝弘」のニューストピックワード

  • 特盛!よしもと 今田八光のおしゃべりジャングル

  • 絶対知られたくないセクシャリティな部分もクローズアップされてしまい

  • NHK紅白歌合戦