87件中 31 - 40件表示
  • 藤間紀子

    藤間紀子から見た松本幸四郎 (9代目)松本白鸚 (2代目)

    夫は歌舞伎役者の九代目松本幸四郎。幸四郎とは遠縁にあたる女優の香川京子の紹介で知り合った。藤間紀子 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部一族

    阿部一族から見た松本幸四郎 (9代目)松本白鸚 (2代目)

    出演:八代目松本幸四郎、六代目市川染五郎、木暮実千代、二代目中村芝鶴、織本順吉、南原宏治、垂水悟郎、園井啓介、ほか阿部一族 フレッシュアイペディアより)

  • 中村雀右衛門 (5代目)

    中村雀右衛門 (5代目)から見た松本幸四郎 (9代目)松本白鸚 (2代目)

    女形役者としては清楚で上品な芸風で、時代物では赤姫を得意とし、世話物では町娘や女房と、さまざまな役をこなす。従兄弟の二代目中村吉右衛門や九代目松本幸四郎と一座することが多い。中村雀右衛門 (5代目) フレッシュアイペディアより)

  • 生きる (映画)

    生きる (映画)から見た松本幸四郎 (9代目)松本白鸚 (2代目)

    松本幸四郎主演。物語の舞台は現代(2007年)に設定されており、それに合わせて一部の登場人物や、終盤にかけての話の流れが変更されている。生きる (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 大向う

    大向うから見た松本幸四郎 (9代目)松本白鸚 (2代目)

    ただし他の舞台で演じた役名は用いない。「ラマンチャ」(九代目松本幸四郎)とか「鬼平」(二代目中村吉右衛門)などとは決して掛けないのが礼儀。大向う フレッシュアイペディアより)

  • 市川猿翁 (2代目)

    市川猿翁 (2代目)から見た松本幸四郎 (9代目)松本白鸚 (2代目)

    しかし猿之助はそうした逆境を見事に克服する。やがて宙乗りがない従前の演出で上演した「四ノ切」が「つまらない」と不入りになると、七代目尾上菊五郎のような権門家の宗家までもが猿之助版の「四ノ切」を上演しはじめるようになったのである。この宙乗りの演出は元々、猿之助が三代目實川延若から教わったのが最初で、その後「四ノ切」に限らず、近年では後進の歌舞伎役者も多く取り入れており、前述の七代目尾上菊五郎をはじめ、十二代目市川團十郎、九代目松本幸四郎、十八代目中村勘三郎らも宙乗りの演出を使った公演を行うようになった。市川猿翁 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 平城遷都1300年記念事業

    平城遷都1300年記念事業から見た松本幸四郎 (9代目)松本白鸚 (2代目)

    2008年10月15日 東大寺奉納大歌舞伎 松本幸四郎千回上演「勧進帳」 東大寺大仏殿前平城遷都1300年記念事業 フレッシュアイペディアより)

  • 火付盗賊改方

    火付盗賊改方から見た松本幸四郎 (9代目)松本白鸚 (2代目)

    騎馬奉行 - 六代目市川染五郎主演の連続テレビドラマ。1979年 - 1980年、KTV・東映制作。火付盗賊改方 フレッシュアイペディアより)

  • 中村勘三郎 (17代目)

    中村勘三郎 (17代目)から見た松本幸四郎 (9代目)松本白鸚 (2代目)

    二人の孫の勘太郎(のちの六代勘九郎)と七之助の初舞台『門出二人桃太郎』では、二人の母方の祖父、七代中村芝翫とともに爺と婆を演じたが(なお庄屋の夫婦は十三代片岡仁左衛門、中村歌右衛門、犬、雉、猿は松本幸四郎、澤村藤十郎、中村福助(のちの梅玉)、巫女は尾上梅幸であった)、息子と孫2人と祖父2人との5人の口上の席上「孫たちは私をじじんちゃまと呼びますが、成駒屋さん(=芝翫)のことをパパと呼びます。それが気に入りません。わたしとあんた爺同士なのに」と発言し客席を笑わせた。中村勘三郎 (17代目) フレッシュアイペディアより)

  • 松本紀保

    松本紀保から見た松本幸四郎 (9代目)松本白鸚 (2代目)

    9代目松本幸四郎の長女で、父の代表作『ラ・マンチャの男』の主人公であるドン・キホーテから命名された。弟は市川染五郎、妹は松たか子、義弟(妹の夫)はギタリスト、音楽プロデューサーの佐橋佳幸(2007年12月28日、妹・松たか子と結婚)。松本紀保 フレッシュアイペディアより)

87件中 31 - 40件表示

「松本白鸚」のニューストピックワード