145件中 41 - 50件表示
  • 太田牛一

    太田牛一から見た松本幸四郎 (9代目)松本幸四郎 (9代目)

    信長の棺 - 加藤廣の小説、およびテレビドラマ(演:九代目松本幸四郎太田牛一 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部一族

    阿部一族から見た松本幸四郎 (9代目)松本幸四郎 (9代目)

    出演:八代目松本幸四郎、六代目市川染五郎、木暮実千代、二代目中村芝鶴、織本順吉、南原宏治、垂水悟郎、園井啓介、ほか阿部一族 フレッシュアイペディアより)

  • 松本紀保

    松本紀保から見た松本幸四郎 (9代目)松本幸四郎 (9代目)

    9代目松本幸四郎の長女で、父の代表作『ラ・マンチャの男』の主人公であるドン・キホーテから命名された。弟は市川染五郎、妹は松たか子、義弟(妹の夫)はギタリスト、音楽プロデューサーの佐橋佳幸(2007年12月28日、妹・松たか子と結婚)。松本紀保 フレッシュアイペディアより)

  • 浮舟 (源氏物語)

    浮舟 (源氏物語)から見た松本幸四郎 (9代目)松本幸四郎 (9代目)

    「浮舟」 - 1957年4月7日「東芝日曜劇場」内放送、作:北條秀司、出演:松本幸四郎(薫)、守田勘弥(匂宮)、岡田茉莉子(浮舟)浮舟 (源氏物語) フレッシュアイペディアより)

  • 盛岡劇場

    盛岡劇場から見た松本幸四郎 (9代目)松本幸四郎 (9代目)

    谷村文化センター解体後、市民の間で盛岡劇場復活の気運が生じ、盛岡市は市制100周年記念事業の一環として劇場の再建を1986年(昭和61年)に決定、1990年(平成2年)に河南公民館を併設し最新の設備を備えた新たな劇場として跡地に新築。新盛岡劇場のこけら落としは、9代目松本幸四郎(旧盛岡劇場のこけら落とし公演を務めた7代目松本幸四郎の孫)一座によるもので大いに賑わった。盛岡劇場 フレッシュアイペディアより)

  • 本間千代子

    本間千代子から見た松本幸四郎 (9代目)松本幸四郎 (9代目)

    昭和39年(1964年)には日本映画製作者協会の第九回エランドール賞新人賞を市川染五郎や松原智恵子などと共に受ける。この頃人気は過熱し,爆破狂草加次郎を名乗るものから脅迫文が届き警察沙汰になって世間を驚かせた(草加次郎事件は未解決)。当時雑誌の人気投票で吉永小百合を抜いて1位になることもあり、ブロマイド売上げでも高位をキープしていた。本間千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 松たか子

    松たか子から見た松本幸四郎 (9代目)松本幸四郎 (9代目)

    日本舞踊松本流名取、初代 松本 幸華(しょだい まつもと こうか)の名も持つ。歌舞伎俳優・9代目松本幸四郎は父、女優の松本紀保は姉、歌舞伎俳優の7代目市川染五郎は兄。夫はミュージシャン・佐橋佳幸、義兄(姉の夫)は俳優の川原和久。松たか子 フレッシュアイペディアより)

  • 松本金太郎 (4代目)

    松本金太郎 (4代目)から見た松本幸四郎 (9代目)松本幸四郎 (9代目)

    七代目市川染五郎の長男として東京都に生まれる。2007年(平成19年)6月 歌舞伎座『侠客春雨傘』で初お目見え。父・七代目染五郎と祖父・九代目幸四郎と共に高麗屋三代の顔見世。松本金太郎 (4代目) フレッシュアイペディアより)

  • 厩火事

    厩火事から見た松本幸四郎 (9代目)松本幸四郎 (9代目)

    立川志の輔や春風亭小朝は、お崎が「麹町のさる武家」の部分で「麹町の日テレでマラソンを走っている間寛平」と、「学者の孔子」の部分で「役者の幸四郎」と現代風なツッコミを入れるようにアレンジをしている。厩火事 フレッシュアイペディアより)

  • シンガーソングライター

    シンガーソングライターから見た松本幸四郎 (9代目)松本幸四郎 (9代目)

    1960年代には森繁久彌、加山雄三、荒木一郎、市川染五郎、美輪明宏といった人気俳優が自作曲でヒットを出すというケースも出てきた。歌謡曲には古くからレコード会社とプロダクションの主導により職業作家の作った楽曲を歌手が歌うという厳格な分業システムがあったが、彼ら歌手にも音楽的才能があるため作曲能力があり、知名度も相まって自作曲をリリースすることが出来た。加山のケースでいえば自身の主演作『ハワイの若大将』の劇中歌に自作曲が採用されてヒットした後、自作曲を多く歌うようになった。しかし加山は作曲のみ自分で行い、作詞は職業作詞家によるものだったため、そのほとんどがラブソングであり歌謡曲と変わりがない。後に現れた「フォークシンガー」や「シンガーソングライター」が、反体制歌や非歌謡曲を志向した点や、"自分たちの言葉で歌にしていく"と、自己表現した歌詞にも特徴があった点で異なる。また音楽的ベースも加山はグループサウンズであり、ロック寄りで、これも後の「シンガーソングライター」がボブ・ディランやPP&Mなど、アメリカのフォークソングをベースにしたものとは異なる。加山自身「俺は俳優。歌は趣味的なもの」と話しており、この点からも、その後の「シンガーソングライター」と系統的に繋がってはいないといえる。岡林信康や吉田拓郎、小室等、井上陽水らは、加山らを先達とは考えてはいない。小室等は「平尾さんとかそういうとか人たちは歌謡曲に積極的に寄りそう形で出てきたシンガーソングライターだったけど、ぼくらはその糸を切ってある。彼らとは違う」「あの当時のフォークソングをはじめた連中というのは、アンチ商業主義だった」等と話している。シンガーソングライター フレッシュアイペディアより)

145件中 41 - 50件表示

「松本幸四郎」のニューストピックワード