87件中 51 - 60件表示
  • 東員町総合文化センター

    東員町総合文化センターから見た松本幸四郎 (9代目)松本白鸚 (2代目)

    2002年(平成14年)7月22日、東員町文化協会が市町村単位の文化協会として三重県で初めて社団法人格を取得した。これを記念して「短詩型文学フェスティバルinとういん」を同年7月31日にセンターで開催、金子みすゞの作品を歌うコンサートなどが開かれた。2005年(平成17年)7月31日、九世松本幸四郎夫妻の臨席の下、七世松本幸四郎の銅像の除幕式が開催された。像は高さ1.6mで、約200万円をかけて制作され、武蔵坊弁慶を演じる姿を再現したものである。東員町総合文化センター フレッシュアイペディアより)

  • やまさき十三

    やまさき十三から見た松本幸四郎 (9代目)松本白鸚 (2代目)

    中学時代は野球部で投手を務めて宮崎県大会で優勝し、野球の才能を見込まれて宮崎県立宮崎大宮高等学校へ進学。高校1年のときには補欠で甲子園に出場した。しかし高校2年で腰を痛めて野球を挫折し、加えて肺浸潤で2ヶ月の入院生活をした後に映画を観るようになる。そのとき観たロベール・ブレッソン監督の『抵抗』『スリ』に衝撃を受けて映画監督を志し、1年の浪人の後、早稲田大学第一文学部演劇科へ進学。演劇科同期生に松本幸四郎、1期下に女優の赤座美代子がおり、映画監督の呉徳洙(オ・ドクス)は、大学時代からの親友である。やまさき十三 フレッシュアイペディアより)

  • ゴールデン・アロー賞

    ゴールデン・アロー賞から見た松本幸四郎 (9代目)松本白鸚 (2代目)

    市川染五郎(第3回)→松本幸四郎(第40回演劇賞)ゴールデン・アロー賞 フレッシュアイペディアより)

  • Time for music

    Time for musicから見た松本幸四郎 (9代目)松本白鸚 (2代目)

    父・松本幸四郎(当時市川染五郎)の1967年リリースした大ヒット曲をカバー。Time for music フレッシュアイペディアより)

  • たけくらべ (1955年の映画)

    たけくらべ (1955年の映画)から見た松本幸四郎 (9代目)松本白鸚 (2代目)

    正太郎 - 市川染五郎: 金貸田中屋の息子。表町の頭。たけくらべ (1955年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 十三人の刺客 (2010年の映画)

    十三人の刺客 (2010年の映画)から見た松本幸四郎 (9代目)松本白鸚 (2代目)

    牧野靭負(尾張家木曽上松陣屋詰):松本幸四郎十三人の刺客 (2010年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 盛岡劇場

    盛岡劇場から見た松本幸四郎 (9代目)松本白鸚 (2代目)

    谷村文化センター解体後、市民の間で盛岡劇場復活の気運が生じ、盛岡市は市制100周年記念事業の一環として劇場の再建を1986年(昭和61年)に決定、1990年(平成2年)7月1日に河南公民館を併設し最新の設備を備えた新たな劇場として跡地に新築。新盛岡劇場のこけら落としは、9代目松本幸四郎(旧盛岡劇場のこけら落とし公演を務めた7代目松本幸四郎の孫)一座によるもので大いに賑わった。盛岡劇場 フレッシュアイペディアより)

  • HERO (2007年の映画)

    HERO (2007年の映画)から見た松本幸四郎 (9代目)松本白鸚 (2代目)

    他にも、松本幸四郎と松たか子の親子共演や韓国ロケ、イ・ビョンホンの友情出演などで話題を集める。HERO (2007年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 良寛

    良寛から見た松本幸四郎 (9代目)松本白鸚 (2代目)

    『良寛』松本幸四郎、鈴木京香で映画化された。 1996年(平成8年)良寛 フレッシュアイペディアより)

  • 文芸社

    文芸社から見た松本幸四郎 (9代目)松本白鸚 (2代目)

    単発企画でも2005年「ずっと逢いたかった」(出演:松本幸四郎。フジテレビ系「金曜エンタテイメント」)、2009年「にぃにのことを忘れないで」(出演:錦戸亮他。日本テレビ系「24時間テレビ」スペシャルドラマ)、2010年「みぽりんのえくぼ」(出演:広末涼子、長瀬智也、福田麻由子他。「24時間テレビ」)がある。文芸社 フレッシュアイペディアより)

87件中 51 - 60件表示

「松本白鸚」のニューストピックワード