1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
87件中 81 - 87件表示
  • シンガーソングライター

    シンガーソングライターから見た松本白鸚 (2代目)松本白鸚 (2代目)

    1960年代には森繁久彌、加山雄三、荒木一郎、市川染五郎、美輪明宏といった人気俳優が自作曲でヒットを出すというケースも出てきた。シンガーソングライター フレッシュアイペディアより)

  • 坊つちやん

    坊つちやんから見た松本白鸚 (2代目)松本白鸚 (2代目)

    『坊っちゃん』(1965年、フジテレビ、坊っちゃん:市川染五郎、マドンナ:喜浦節子、山嵐:加藤武、赤シャツ:北村和夫、野だいこ:三木のり平、狸:三島雅夫)坊つちやん フレッシュアイペディアより)

  • 天才柳沢教授の生活

    天才柳沢教授の生活から見た松本白鸚 (2代目)松本白鸚 (2代目)

    柳沢良則(やなぎさわ よしのり)(松本幸四郎) - 国際文化大学経済学部教授天才柳沢教授の生活 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・マークII

    トヨタ・マークIIから見た松本白鸚 (2代目)松本白鸚 (2代目)

    このモデルより正式に車名が「トヨタ・マークII」となり、名実共にコロナから独立したモデルとなった(ただし前述の通り、4代目からCM等では単にマークIIと呼ばれていた)。ボディは先代と同じセダンとワゴン、ハードトップの三種。ハードトップは、F30型日産・レパード、S120系クラウンと同様にクリスタル・ピラーと呼ばれるブラックアウトされたCピラー周りの樹脂処理がスタイリングの特徴。ハードトップが販売の主力で、セダンはタクシーや教習車としてよく使われた。搭載エンジンはディーゼルが2.2LのL型から2.4Lのレーザー2L型へ変更した程度で基本的にX60系(後期)と同じである。ディーゼル、1.8L車はリアサスが4リンクリジッドであった。2.5Lや3.0Lなどの3ナンバー車は設定されなかった。ハードトップの「グランデ(1G-EU型エンジン搭載車)」は1985年度のグッドデザイン賞を受賞している。CM出演者は九代目松本幸四郎トヨタ・マークII フレッシュアイペディアより)

  • 中村吉右衛門 (初代)

    中村吉右衛門 (初代)から見た松本白鸚 (2代目)松本白鸚 (2代目)

    吉右衛門には跡継ぎがいなかった。そこで一人娘の正子は二代目松本純蔵(後の初代松本白鸚)に嫁ぐ際、父に「男の子を二人は産んで、そのうちの一人に吉右衛門の名を継がせます」と約束したところ、果してその通りに男子ふたりを授かった。長男が父方の「幸四郎」をついだ九代目松本幸四郎(現・二代目松本白鸚)、次男が母方の「吉右衛門」を継いだ当代の二代目中村吉右衛門である。中村吉右衛門 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 二百三高地

    二百三高地から見た松本白鸚 (2代目)松本白鸚 (2代目)

    市川染五郎(明治天皇)※特別出演二百三高地 フレッシュアイペディアより)

  • とんねるずのみなさんのおかげでした

    とんねるずのみなさんのおかげでしたから見た松本白鸚 (2代目)松本白鸚 (2代目)

    歴代最高平均視聴率は、1999年4月1日放送分の『とんねるずのみなさんのおかげでした 春の特大スペシャル』の回で24.8%(関東地区・世帯・リアルタイム、ビデオリサーチ調べ)を記録した。放送内容は「食わず嫌い王決定戦」(九代目松本幸四郎(現:二代目松本白鸚)vsナインティナイン)と野猿初のコンサートドキュメントの特集を放送した。とんねるずのみなさんのおかげでした フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
87件中 81 - 87件表示

「松本白鸚」のニューストピックワード