96件中 11 - 20件表示
  • 松本空港

    松本空港から見たエンブラエル

    2014年8月1日、日本航空の経営破綻の影響で2010年に廃止されていた松本 - 大阪線が1日1往復1ヶ月限定の季節便として再就航した。運航会社は日本航空の100%子会社であるジェイエアで、ブラジル・エンブラエル製小型ジェット機を用いての運航となった。長野県や松本市が日本航空と協力して事前広報に力を入れた結果、8月1日時点での全便搭乗率は85.1%に達し、松本空港到着の第1便は76人乗り満席という好スタートを切った。同月31日には最終便が運航され、2014年の運航を終えた。日本航空の発表では、期間中の利用率は約90%であった。2015年度、2016年度も夏期に大阪便の就航が決定した。松本空港 フレッシュアイペディアより)

  • 松本空港

    松本空港から見た静岡空港

    2009年9月、経営再建中の日本航空(JAL)は松本空港からの撤退を表明した。これにより、松本空港からは定期便が消滅する可能性が生じた。10月には、日本航空から2010年6月以降の早い時期に松本空港から撤退する意向が長野県に伝えられた。それを受け、長野県は路線存続に向けた活動を開始した。11月には、前原誠司国土交通大臣と会談し、路線存続を要請した。その後、村井仁長野県知事から、静岡空港をハブ空港とするフジドリームエアラインズ(FDA)と、福岡便及び新千歳便について、ジェット機による毎日運航の実現を目指し、協議を行っているという発表があった。松本空港 フレッシュアイペディアより)

  • 松本空港

    松本空港から見た液晶パネル

    諏訪市に本社拠点を置くセイコーエプソンは1998年から、ビーチクラフト キングエアB200型・300型機を社有機として購入し、国内各地に点在する事業所(精密機械部品工場)への社員出張用途に、松本空港を拠点として、庄内空港(酒田市の酒田事業所・東北エプソン)・鳥取空港(鳥取市のエプソンイメージングデバイス)・八尾空港へコーポレートシャトル(社員専用便)として定期的に就航している。また、2004年に液晶パネル生産をする千歳事業所(千歳市)を新千歳空港至近の工業団地に新設したが、こちらはフジドリームエアラインズ (FDA) の松本 - 新千歳空港便を利用するよう配慮しているとされる。松本空港 フレッシュアイペディアより)

  • 松本空港

    松本空港から見た東京国際空港

    1963年2月18日に着工、建設費は3億7300万円。開港後、まず1966年8月5日から17日までの期間限定で、東亜航空(後の日本エアシステム)が大阪国際空港との1日1往復コンベア240による不定期便を開設、その後1966年10月20日から同空港との間に不定期ではあるが、主に乗客の多い夏季に路線が開設されるようになった。開港当初から、東京国際空港間の路線を開設しようとする動きがあったが、東京都立川基地上空の飛行制限などから迂回ルートとなり、採算が望めないという理由で、一度も開設されなかった。その他用途としては、長野県警察本部の山岳警備用ヘリコプターの発着や軽飛行機用に細々と運営される、という状況であった。大阪線は1982年から通年運航となり、東亜国内航空(当時)のYS-11が1日2往復する、という状態が1993年まで維持された。松本空港 フレッシュアイペディアより)

  • 松本空港

    松本空港から見た大阪国際空港

    1963年2月18日に着工、建設費は3億7300万円。開港後、まず1966年8月5日から17日までの期間限定で、東亜航空(後の日本エアシステム)が大阪国際空港との1日1往復コンベア240による不定期便を開設、その後1966年10月20日から同空港との間に不定期ではあるが、主に乗客の多い夏季に路線が開設されるようになった。開港当初から、東京国際空港間の路線を開設しようとする動きがあったが、東京都立川基地上空の飛行制限などから迂回ルートとなり、採算が望めないという理由で、一度も開設されなかった。その他用途としては、長野県警察本部の山岳警備用ヘリコプターの発着や軽飛行機用に細々と運営される、という状況であった。大阪線は1982年から通年運航となり、東亜国内航空(当時)のYS-11が1日2往復する、という状態が1993年まで維持された。松本空港 フレッシュアイペディアより)

  • 松本空港

    松本空港から見た関西国際空港

    オリンピック閉幕翌日の1998年2月23日には関西国際空港へ臨時便が5便運航され、外国の選手・報道関係者等の帰国に際してフル稼働を果たしたが、皮肉にも改修の一大目的であったこの大イベント終了後は利用者が漸減の一途をたどっていく事となる。松本空港 フレッシュアイペディアより)

  • 松本空港

    松本空港から見た日本エアシステム

    1994年(平成6年)7月 ジェット化開港。日本エアシステムMD-87型機により大阪便、札幌便、福岡便運航開始。松本空港 フレッシュアイペディアより)

  • 松本空港

    松本空港から見たビジネスジェット

    諏訪市に本社拠点を置くセイコーエプソンは1998年から、ビーチクラフト キングエアB200型・300型機を社有機として購入し、国内各地に点在する事業所(精密機械部品工場)への社員出張用途に、松本空港を拠点として、庄内空港(酒田市の酒田事業所・東北エプソン)・鳥取空港(鳥取市のエプソンイメージングデバイス)・八尾空港へコーポレートシャトル(社員専用便)として定期的に就航している。また、2004年に液晶パネル生産をする千歳事業所(千歳市)を新千歳空港至近の工業団地に新設したが、こちらはフジドリームエアラインズ (FDA) の松本 - 新千歳空港便を利用するよう配慮しているとされる。松本空港 フレッシュアイペディアより)

  • 松本空港

    松本空港から見たYS-11

    1963年2月18日に着工、建設費は3億7300万円。開港後、まず1966年8月5日から17日までの期間限定で、東亜航空(後の日本エアシステム)が大阪国際空港との1日1往復コンベア240による不定期便を開設、その後1966年10月20日から同空港との間に不定期ではあるが、主に乗客の多い夏季に路線が開設されるようになった。開港当初から、東京国際空港間の路線を開設しようとする動きがあったが、東京都立川基地上空の飛行制限などから迂回ルートとなり、採算が望めないという理由で、一度も開設されなかった。その他用途としては、長野県警察本部の山岳警備用ヘリコプターの発着や軽飛行機用に細々と運営される、という状況であった。大阪線は1982年から通年運航となり、東亜国内航空(当時)のYS-11が1日2往復する、という状態が1993年まで維持された。松本空港 フレッシュアイペディアより)

  • 松本空港

    松本空港から見たボーイング737

    チャーター便として、台湾、グアム、香港、上海などから、ボーイング737-800型機、エアバスA319型機が使用された実績がある。また、全日空がかつてエアバスA320型機による国内定期便就航を、大韓航空がフォッカー 100型機を用いたプログラムチャーターの就航を長野県側に打診したこともある。松本空港 フレッシュアイペディアより)

96件中 11 - 20件表示

「松本空港」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]