96件中 61 - 70件表示
  • 松本空港

    松本空港から見た酒田市

    諏訪市に本社拠点を置くセイコーエプソンは1998年から、ビーチクラフト キングエアB200型・300型機を社有機として購入し、国内各地に点在する事業所(精密機械部品工場)への社員出張用途に、松本空港を拠点として、庄内空港(酒田市の酒田事業所・東北エプソン)・鳥取空港(鳥取市のエプソンイメージングデバイス)・八尾空港へコーポレートシャトル(社員専用便)として定期的に就航している。また、2004年に液晶パネル生産をする千歳事業所(千歳市)を新千歳空港至近の工業団地に新設したが、こちらはフジドリームエアラインズ (FDA) の松本 - 新千歳空港便を利用するよう配慮しているとされる。松本空港 フレッシュアイペディアより)

  • 松本空港

    松本空港から見たリムジンバス

    航空便に接続運行する直行便エアポートシャトル(空港連絡バス)も運行中(2014年6月現在)松本空港 フレッシュアイペディアより)

  • 松本空港

    松本空港から見た広島空港

    広島空港(運航期間:1995年4月25日 - 1998年3月31日)松本空港 フレッシュアイペディアより)

  • 松本空港

    松本空港から見た工業団地

    諏訪市に本社拠点を置くセイコーエプソンは1998年から、ビーチクラフト キングエアB200型・300型機を社有機として購入し、国内各地に点在する事業所(精密機械部品工場)への社員出張用途に、松本空港を拠点として、庄内空港(酒田市の酒田事業所・東北エプソン)・鳥取空港(鳥取市のエプソンイメージングデバイス)・八尾空港へコーポレートシャトル(社員専用便)として定期的に就航している。また、2004年に液晶パネル生産をする千歳事業所(千歳市)を新千歳空港至近の工業団地に新設したが、こちらはフジドリームエアラインズ (FDA) の松本 - 新千歳空港便を利用するよう配慮しているとされる。松本空港 フレッシュアイペディアより)

  • 松本空港

    松本空港から見た青年会議所

    2007年1月には、当空港唯一のジェット便であった札幌(新千歳空港)線を運航する日本航空インターナショナル(旧日本航空ジャパン)が、同路線を2007年10月より休止することを決定し、長野県に通告を行った。日本航空はこの休止の理由をMD-87の退役に伴う代替機が用意できないためとしていた。長野県(信州まつもと空港利用促進協議会)や松本青年会議所では、運航存続を求める署名運動で合わせて15万人を超える署名を集め、2007年2月7日までに日本航空へ提出した結果、長野県が日本航空へ支援金を支払うことなどを条件として、同路線を存続させることで合意に至った。運航は子会社の日本エアコミューターへと移管、意外な形で同社初の北海道路線誕生に。なお機体はMD-87からDHC-8-400に変更され、13年続いた当空港のジェット機定期運航が後述のFDA就航まで消滅した。松本空港 フレッシュアイペディアより)

  • 松本空港

    松本空港から見た諏訪市

    諏訪市に本社拠点を置くセイコーエプソンは1998年から、ビーチクラフト キングエアB200型・300型機を社有機として購入し、国内各地に点在する事業所(精密機械部品工場)への社員出張用途に、松本空港を拠点として、庄内空港(酒田市の酒田事業所・東北エプソン)・鳥取空港(鳥取市のエプソンイメージングデバイス)・八尾空港へコーポレートシャトル(社員専用便)として定期的に就航している。また、2004年に液晶パネル生産をする千歳事業所(千歳市)を新千歳空港至近の工業団地に新設したが、こちらはフジドリームエアラインズ (FDA) の松本 - 新千歳空港便を利用するよう配慮しているとされる。松本空港 フレッシュアイペディアより)

  • 松本空港

    松本空港から見たビーチクラフト キングエア

    諏訪市に本社拠点を置くセイコーエプソンは1998年から、ビーチクラフト キングエアB200型・300型機を社有機として購入し、国内各地に点在する事業所(精密機械部品工場)への社員出張用途に、松本空港を拠点として、庄内空港(酒田市の酒田事業所・東北エプソン)・鳥取空港(鳥取市のエプソンイメージングデバイス)・八尾空港へコーポレートシャトル(社員専用便)として定期的に就航している。また、2004年に液晶パネル生産をする千歳事業所(千歳市)を新千歳空港至近の工業団地に新設したが、こちらはフジドリームエアラインズ (FDA) の松本 - 新千歳空港便を利用するよう配慮しているとされる。松本空港 フレッシュアイペディアより)

  • 松本空港

    松本空港から見たターボプロップ

    同空港の定期便として1994年以来就航していたMD-87型機は製造が既に1999年をもって中止、日本航空自体も同機の退役を進行中であった事に加え、搭乗率低下もあって座席数の少ないターボプロップ機(DHC-8)の運用に切り替える状況となっていた。ちなみに、同空港から2007年9月をもってジェット便は撤退(2010年6月に後述のFDA機エンブラエル 170でジェット便復活)、MD-87型機自体も翌2008年3月をもって日本航空からは完全に退役している。松本空港 フレッシュアイペディアより)

  • 松本空港

    松本空港から見た標高

    1965年7月16日に開港。長野県が保有・管理する。年間利用客数は、国内84,572人、国際445人(2013年度)。日本の空港では最も標高の高い場所(標高657.5m)に位置している。松本空港 フレッシュアイペディアより)

  • 松本空港

    松本空港から見た921大地震

    なお、1999年9月の台湾大地震の際には、携帯電話向け液晶パネル生産において当時世界規模で過半数のシェアを支えていた、セイコーエプソンの関連会社である現地法人の事業所(工場)の、被災状況の視察と救援物資輸送を目的として、松本空港から鹿児島空港・那覇空港を経由して台北へ向かう、海外特別便が運航された。松本空港 フレッシュアイペディアより)

96件中 61 - 70件表示

「松本空港」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]