298件中 11 - 20件表示
  • ダンカン

    ダンカン (お笑い芸人)から見た松村邦洋松村 邦洋

    また、大の阪神タイガースファンとしても知られており、第二子となる長男に「甲子園」、第三子となる次男には松村邦洋の助言により「虎太郎(とらたろう)」と命名したほどである。後にNHKのEテレ『趣味Do楽』において虎太郎と共演している。家族は他にも第一子となる長女と、2014年6月22日に乳癌で逝去した妻(一般人・満47歳)の5人家族であった。通夜、告別式には軍団員の多くが参列したが、師匠のたけしは、仕事の都合で参列できなかった。また、2014年2月には母親も亡くしている。ダンカン (お笑い芸人) フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけしのお笑いウルトラクイズ

    ビートたけしのお笑いウルトラクイズから見た松村邦洋松村 邦洋

    松村邦洋の持ちギャグ「バウバウ」(元ネタは北野ファンクラブにおける相手役高田文夫の合いの手的な笑い方)はこのクイズで産まれた(第8回)。またこの時は当時幸福の科学に入信し、世間を驚かせた景山民夫が「宇宙・愛・そして笑い」についての講演を約1時間半行った。ビートたけしのお笑いウルトラクイズ フレッシュアイペディアより)

  • 下柳剛

    下柳剛から見た松村邦洋松村 邦洋

    日本ハム時代からダンカンや松村邦洋らがいる中野猛虎会の会員だった。また、高山善廣(プロレスラー)、桜庭和志(総合格闘家)、根本要(スターダスト・レビュー)、渡辺美里(歌手)などとの親交が深い。下柳剛 フレッシュアイペディアより)

  • 3年B組金八先生

    3年B組金八先生から見た松村邦洋松村 邦洋

    生徒役は、第1・第2シリーズでは、制作側から指名した役者のほか、芸能事務所や児童劇団からの推薦を受けた子役が出演していたが、第3シリーズからプロダクションや劇団に所属する役者の中からオーディションで選抜された。第4シリーズでは天野ひろゆきと松村邦洋が生徒役オーディションを受けている。特に「金八」人気が再燃した第5シリーズ以降、生徒役を目指す役者が多く集まり、第6シリーズ以降でのオーディション倍率は40 - 43倍となった。「金八先生」の生徒役を演じた役者が、この作品を出世作として、現在も著名人として活躍しているケースは多く、警察沙汰になって有名になった者もいる。3年B組金八先生 フレッシュアイペディアより)

  • かとうれいこ

    かとうれいこから見た松村邦洋松村 邦洋

    明星食品 一平ちゃん(1994年)※松村邦洋と共演かとうれいこ フレッシュアイペディアより)

  • 今日は一日○○三昧

    今日は一日○○三昧から見た松村邦洋松村 邦洋

    ゲスト:パンチ佐藤、川藤幸三、松村邦洋、菊池選手(雑誌『野球太郎』編集担当)、唐橋ユミ、柳田真宏、大木綾子今日は一日○○三昧 フレッシュアイペディアより)

  • 出川 哲朗

    出川哲朗から見た松村邦洋松村 邦洋

    以前から、夢は「単独司会のレギュラー番組を持つこと」と各所で語っていたが、海外・爆破ロケなどの長期収録企画に出演できなくなってしまう恐れがあったため、なかなか実現に至らなかった。2009年4月23日に、インターネット番組『出川哲朗の俺をおいしくしろ!』がスタートした(2010年3月終了)。ゲストが出川をおいしくするというタイトル通りの内容で、第1回のゲストは、苦楽を共にした大親友の松村邦洋が出演した。2011年4月から2014年3月まで『大!天才てれびくん』(NHK Eテレ)でメイン司会(他に鈴木あきえ)を務めた。出川哲朗 フレッシュアイペディアより)

  • 神宮外苑花火大会

    神宮外苑花火大会から見た松村邦洋松村 邦洋

    初代の総合司会はフリーアナウンサーの宮田輝(元NHKアナウンサー)が務め、その後落語家の三遊亭楽太郎(現・6代目三遊亭圓楽)や、フリーアナウンサーの志生野温夫(元日本テレビアナウンサー)、お笑いタレントの松村邦洋らが務めた。2014年(第35回)からはフリーアナウンサーの辻よしなり(元テレビ朝日アナウンサー、2015年を除く)が務めている。また、日刊スポーツと同じ朝日新聞系列のテレビ朝日も後援に係わっている観点から、同局のアナウンサーも司会を務めている。2016年(第37回)は同じく後援に関わっている文化放送の女性アナウンサーユニット「JOQgiRl」が務めた。神宮外苑花火大会 フレッシュアイペディアより)

  • 虎バン

    虎バンから見た松村邦洋松村 邦洋

    阪神関係者へのインタビュー企画については、2016年度前期の「ガチ虎!」で放送されていた「虎のココロ」を継承。若手選手にとどまらず、インタビューの対象を、中堅・ベテラン選手にも広げている。2017年1月2日放送分には、松村邦洋が当コーナーのゲストに登場。同年1月22日には、前年に続くリスナー参加企画として、甲子園球場内ブルペンでの公開収録を実施した。虎バン フレッシュアイペディアより)

  • 和田 アキ子

    和田アキ子から見た松村邦洋松村 邦洋

    かつてはヘビースモーカーで、不良になり始めた中学生の頃から煙草を吸っており、成人式の際の記者会見では冗談交じりに禁煙・禁酒を宣言したこともあった。禁煙に成功する前は一日3箱、特に麻雀をやっていた時は1カートン(200本)は吸っていたという。以前から何度も禁煙を試みるも失敗し、一時期禁煙に成功するも数年後に喫煙を再開。しかし2007年7月に『アッコにおまかせ!』の企画で出川哲朗・松村邦洋らと一緒に人間ドックを受けたところ「肺気腫の疑い」との診断を受け、翌年、9月に念願のニューヨーク、アポロ・シアターでの単独コンサートを控えていたことから精密検査を受け、「慢性中等度閉塞性呼吸不全」(中程度の慢性閉塞性肺疾患〔COPD〕)との診断を受ける。この際、医師から「完全な肺気腫で、(このままの生活を続ければ)将来的に歌が歌えなくなる」と“歌手生命の危機”を告げられる。その後、盆休みでロンドンに滞在していた時心臓発作を起こしたこと(これも喫煙が原因で、血管の石灰化を起こしていた)、姪やイチローをはじめとする周囲の友人、アッコファミリーからの説得、そしてカンニング竹山からの愛のこもった強い説得が決定打となり、2008年(平成20年)8月25日にから周りのサポートを得ながら禁煙を開始し、2009年(平成21年)1月1日に完全禁煙を宣言。2009年(平成21年)8月に禁煙1周年を迎えた。こうした経験から2011年5月には「COPD広報大使」に任命されている。和田アキ子 フレッシュアイペディアより)

298件中 11 - 20件表示

「松村邦洋」のニューストピックワード