227件中 21 - 30件表示
  • 松村 邦洋

    松村邦洋から見た直江喜一

    少年時代にはまだビデオデッキが普及していなかったのでラジカセをテレビに近付けて音声のみを録音し、それを繰り返し聞いていたという。中でも『3年B組金八先生』シリーズと『スクール☆ウォーズ』などの大映ドラマに詳しく、台詞を一言一句覚えているという。また、『金八先生』パート4では、北に「廊下を走らない!」と注意される生徒役でエキストラ出演していた。天野ひろゆきに並ぶ『金八先生』ファンであり、特に直江喜一の他、松村雄基、木村拓哉の熱狂的なファンであり、最初にやったモノマネも加藤優で、後に直江本人から演技指導の依頼が来た。松村邦洋 フレッシュアイペディアより)

  • 松村 邦洋

    松村邦洋から見た森脇健児森脇 健児

    ダイエットを通じてマラソンに興味を持つようになり、和田アキ子から「走ってこい!」と言われ、2007年7月1日の「ゴールドコーストマラソン」に参加し、フルマラソンに挑んだ。このマラソンは7時間10分以内にゴールしないと完走と認められないが、松村は諦めずに9時間9分6秒かけて走りぬいた。時間オーバーのため記録には残らないが、主催者側の心遣いで、松村にもメダルが贈られた。森脇健児と、トレーニング方法について綿密にメールで連絡し合っていたという。松村邦洋 フレッシュアイペディアより)

  • 松村 邦洋

    松村邦洋から見た押切もえ押切 もえ

    中でも成果を上げたものは「CanCamダイエット」なるもので、これは、『CanCam』を読みながら夜道をウォーキングするというものである。歩いている途中で辛くなった時にCanCam(特に蛯原友里・押切もえ・山田優が写っているページ)を見ると、モデルが「がんばって松ちゃん」「先輩頑張って」(蛯原は九州産業大学の後輩)などと励ましてくれる感じがして、よりダイエットが捗ったという。その成果あって、2006年の時点で30キロ超減って110キロ台になっていた。松村邦洋 フレッシュアイペディアより)

  • 松村 邦洋

    松村邦洋から見た高田文夫

    「林家ブー」や「バウバウ」で高田文夫に気に入られ師弟関係になる。1992年4月から『たまにはキンゴロー』など一連のTV番組への出演を経て、1993年秋からは『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』金曜日のレギュラー。松村邦洋 フレッシュアイペディアより)

  • 松村 邦洋

    松村邦洋から見た片岡鶴太郎片岡 鶴太郎

    大学在学中に『発表!日本ものまね大賞』に出演、ビートたけしをはじめ石橋貴明、古舘伊知郎らのものまねを披露し、チャンピオンとなるも、この時点で芸能界デビューはならなかった。その後、テレビ西日本でケーブル捌きのアルバイトをしていた時、番組を見ていた片岡鶴太郎に見出され、1988年に大学を中退し上京。当時片岡は『FNSスーパースペシャル1億人のテレビ夢列島』の中継で同局を訪れていた。松村邦洋 フレッシュアイペディアより)

  • 松村 邦洋

    松村邦洋から見た貴乃花光司

    野球界のみならず、相撲界にも人脈を持つ。上京した際の中野区の居住先の近くに二子山部屋(現・貴乃花部屋)があり交流を持つようになった。現在でも、貴乃花親方と交流があり、貴乃花部屋の朝稽古を見学したり、ちゃんこを御馳走になることもある。また貴闘力(大嶽親方)とは特に親しくしており、断髪式でも鋏を入れた1人である。この2名のほか、振分親方のものまねも得意としている。松村邦洋 フレッシュアイペディアより)

  • 松村 邦洋

    松村邦洋から見た糸井重里

    ものまねに関しては「似てる・似てないは関係なく、その人を好きになることが大事」と語っている。堺雅人など全く逆の声質の有名人のモノマネが出来る。きっかけは糸井重里とのトーク番組中に糸井が提案し、イベント『ほぼ日刊イトイ新聞・ニッポン放送 presents 「ほぼ織田信長のオールナイトニッポン ?本能寺の変スペシャル?」』を開催した。有名人であるモノマネであっても、弔辞(上岡龍太郎から横山ノックへ、古舘伊知郎から放送作家・腰山一生へ、など)を切り取り、結果としてマニアックな内容になってしまうこともある。松村邦洋 フレッシュアイペディアより)

  • 松村 邦洋

    松村邦洋から見たX-GUN

    まんぷく・トランス(2006年)オムニバス。内山信二・ザ・たっち・関塚裕二・西尾季隆(丁半コロコロ)と共作。松村邦洋 フレッシュアイペディアより)

  • 松村 邦洋

    松村邦洋から見たダチョウ倶楽部ダチョウ倶楽部

    『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』(1992年1月、第8回)の「冷凍室ダジャレ→ものまね合戦」にて披露した、高田文夫のものまね「バウバウ」でブレイクする。この回での活躍により番組の常連となり、ダチョウ倶楽部、出川哲朗らとともに「リアクション芸人」の代表挌となる。同年7月からは松本明子とともに『進め!電波少年』で司会を務め「アポ無し取材」で人気を博す。松村邦洋 フレッシュアイペディアより)

  • 松村 邦洋

    松村邦洋から見た出川哲朗出川 哲朗

    『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』(1992年1月、第8回)の「冷凍室ダジャレ→ものまね合戦」にて披露した、高田文夫のものまね「バウバウ」でブレイクする。この回での活躍により番組の常連となり、ダチョウ倶楽部、出川哲朗らとともに「リアクション芸人」の代表挌となる。同年7月からは松本明子とともに『進め!電波少年』で司会を務め「アポ無し取材」で人気を博す。松村邦洋 フレッシュアイペディアより)

227件中 21 - 30件表示

「松村邦洋」のニューストピックワード