89件中 11 - 20件表示
  • 宍道湖

    宍道湖から見た松江城松江城

    1951年、松江市は宍道湖十景を選定した。内容は、松江城の雪、天倫寺の晩鐘、秋鹿の出雲富士、一畑寺の月、平田の愛宕山の秋色、宍道の宿の夕鴨、玉造灘の春霞、嫁ヶ島の残照、白潟沖のえびかがり、大橋の朝霧である。宍道湖 フレッシュアイペディアより)

  • 城山公園 (松江市)

    城山公園 (松江市)から見た松江城松江城

    城山公園 (松江市) フレッシュアイペディアより)

  • 城山公園 (島根県)

    城山公園 (島根県)から見た松江城松江城

    城山公園 (島根県) フレッシュアイペディアより)

  • 古田重恒

    古田重恒から見た松江城松江城

    慶長8年(1603年)、伊勢松坂藩主・古田重勝の長男として山城国にて生まれる。慶長11年(1606年)に父が死去したとき、4歳という幼少だったために跡を継ぐことができず、家督は叔父の重治が継ぐこととなった。そして元和9年(1623年)5月、叔父の重治から家督を譲られた。同時に叙任している。その後は藩主として大坂城普請や寛永14年(1637年)の京極忠高改易後の松江城在番で功績を挙げている。古田重恒 フレッシュアイペディアより)

  • 堀利重

    堀利重から見た松江城松江城

    寛永15年(1638年)に出雲松江藩京極氏の改易により松江城の受け取りに向かい、その帰路の4月24日、大坂で死去した。享年58。跡を長男の利長が継いだ。堀利重 フレッシュアイペディアより)

  • 秋鹿郡

    秋鹿郡から見た松江城松江城

    律令制度発足と同時に設置されたと考えられる。『出雲国風土記』によれば、郡の名前はこの地にかつて秋鹿日女命(あいかひめのみこと)が住んでいたことに因むという。郡家は多太郷にあった。郡域は現在の松江市の北西部に該当し、農業や日本海・宍道湖双方の漁業でもって栄えた。比較的狭い地域であり、江戸時代には松江城が築かれた旧島根郡や現在のJR西日本松江駅のある意宇郡方面が繁栄したためその後背地となった。秋鹿郡 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋 (大橋川)

    大橋 (大橋川)から見た松江城松江城

    大山寺縁起によると、南北朝時代には当地に白潟橋という橋が架かっていたとされる。関ヶ原の戦いのころには、カラカラ橋という竹の橋が架かっていた。1607年、堀尾吉晴が松江城建築のために架橋工事を始め、翌年、初代にあたる153mの木の橋が完成する。北の末次と南の白潟の間にある唯一の橋として使われ、他の所属の船は南詰の渡海場(船着き場周辺)で必ず荷物を降ろさなければならなかった。大橋 (大橋川) フレッシュアイペディアより)

  • 松江の町は

    松江の町はから見た松江城松江城

    1970年6月-7月、NHKの『みんなのうた』で紹介。前年(1969年)から始まった「お国めぐりシリーズ」の第8弾で、島根県の松江市をイメージした楽曲。1番は松江市の「朝」、2番は「空」、そして3番は「今日」を歌い、歌詞には「松江城」「宍道湖」などの、松江市を象徴する事柄が添えられている。放送ではイントロ・2番と3番の間の間奏・コーダが短縮され、1番のみオリジナルとは調が変更された。松江の町は フレッシュアイペディアより)

  • ビン姫

    ビン姫から見た松江城松江城

    慶長15年(1610年)6月12日、第2代将軍徳川秀忠(大叔父に当たる)の養女となり、雲州松江城へ輿入れした。ビン姫 フレッシュアイペディアより)

  • 穴蔵

    穴蔵から見た松江城松江城

    階層としては地階(ちかい)に含まれる。城郭建築においては、櫓台・天守台、御殿など大型の建物の地下に造られる。主に備蓄倉庫としての役割を持っていた。天守には、天守台の内側をくりぬくようにして造られ、床が土または、石畳で覆われた土間であるものをいい、建物の出入り口を兼ねていることがある。井戸が造られていることもあったが、現存しているのは松江城天守のもののみである。穴蔵 フレッシュアイペディアより)

89件中 11 - 20件表示

「松江城」のニューストピックワード