59件中 11 - 20件表示
  • 広瀬町 (島根県)

    広瀬町 (島根県)から見た松江城松江城

    この町は佐々木義清が雲隠の守護となって富田城に入城してから山陰地方の中心へとなっていった。1607年(慶長12年)、堀尾吉晴が移城のために松江城の築城に着手してから富田は急速に荒廃したが、1666年(寛文6年)、松平近栄によって広瀬藩が創設、再び城下町の面影を取り戻した。しかし、同年の秋、大洪水によってこれまでの富田の市街地は流されてしまう。その後、新たに富田川の西部に広瀬町の中心街となる町が建設され、名前も広瀬と改められ、現在に至る。広瀬町 (島根県) フレッシュアイペディアより)

  • 秋鹿郡

    秋鹿郡から見た松江城松江城

    律令制度発足と同時に設置されたと考えられる。郡家は多太郷にあった。郡域は現在の松江市の北西部に該当し、農業や日本海・宍道湖双方の漁業でもって栄えた。比較的狭い地域であり、江戸時代には松江城が築かれた旧島根郡や現在のJR西日本松江駅のある意宇郡方面が繁栄したためその後背地となった。秋鹿郡 フレッシュアイペディアより)

  • 松江レークサイドユースホステル

    松江レークサイドユースホステルから見た松江城松江城

    松江城:東へ6キロメートル松江レークサイドユースホステル フレッシュアイペディアより)

  • 池田長常

    池田長常から見た松江城松江城

    翌年、松江藩の堀尾忠晴が嗣子の無いまま死去して堀尾氏が改易となった際、松江城を守備した。長男が早くに死去して娘しかいなかったため、死に臨んで娘を末期養子として家督を継がせようとしたが、幕府からの裁定が下る前に長常が9月6日に死去してしまったため、幕府から末期養子を許されず、結局、備中松山における池田氏は断絶してしまった。享年33。法名は曹渓院殿久安禅昌大居士。池田長常 フレッシュアイペディアより)

  • ビン姫

    ビン姫から見た松江城松江城

    慶長15年(1610年)6月12日、第2代将軍徳川秀忠(大叔父に当たる)の養女となり、雲州松江城へ輿入れした。ビン姫 フレッシュアイペディアより)

  • ぐるっと松江レイクライン

    ぐるっと松江レイクラインから見た松江城松江城

    松江駅 → くにびきメッセ前 → くにびき駐車場前 → 鍛冶橋 → 栄橋 → 京橋 → 松江城(大手前) → 大手前堀川遊覧船乗場 → 塩見縄手 → 小泉八雲記念館前 → 堀川遊覧船乗場 → 堀川遊覧船乗場西入口 → 黒田町 → 四十間堀川 → 月照寺前 → 清光院下 → 松江しんじ湖温泉駅 → 千鳥南公園 → (松江イングリッシュガーデン前) → 福祉センター前 → 千鳥町 → 松江しんじ湖温泉駅 → 宍道湖大橋北詰 → 須衛都久神社前 → カラコロ工房前 → 大橋南詰 → 灘町 → 県立美術館 → (夕日公園 → ホテル宍道湖前 → 嫁ヶ島西 → 嫁ヶ島) → 魚町 → 宍道湖遊覧船乗場 → 松江駅ぐるっと松江レイクライン フレッシュアイペディアより)

  • 塩見縄手

    塩見縄手から見た松江城松江城

    塩見縄手は松江城北側の堀沿い、明々庵から小泉八雲旧居までの約500メートルの通りで、一帯は江戸時代の侍町であった。塩見縄手の地名は、かつて通りの中ほどにあった松江藩中老で町奉行の塩見小兵衛の屋敷に由来するとされる。塩見縄手 フレッシュアイペディアより)

  • 千手院 (松江市)

    千手院 (松江市)から見た松江城松江城

    この寺は、もとは安来市広瀬町富田にあったといわれるが、江戸時代初め、堀尾吉晴らが松江城を築く際、本丸の鬼門(北東方向)封じとして、この地に移転した。千手院 (松江市) フレッシュアイペディアより)

  • 1/500スケール

    1/500スケールから見た松江城松江城

    艦船モデル以外の、1/500スケールの模型としては、城郭等の建築物の模型がある。かつては東宝模型から東京タワーや霞が関ビルなどのプラモデルが1/500スケールで発売されたことがあり、2011年現在でも、童友社より姫路城、高知城、松江城などが発売されている。航空機のプラモデルでも、かつてはジャンボジェットなどが発売されたことがあった。宇宙戦艦ヤマトなど、1/500と設定されたキャラクターモデルも何点か発売されており、2011年の10月にはファインモールドから『宇宙戦艦ヤマト』に登場した沖田艦と古代艦(ゆきかぜ)の基となった松本零士のオリジナルデザインを発展させた、艦隊旗艦とミサイル護衛艦の1/500スケールキットが発売された。1/500スケール フレッシュアイペディアより)

  • 興雲閣

    興雲閣から見た松江城松江城

    興雲閣(こううんかく)は島根県松江市の松江城内に1903年(明治36年)に明治天皇行幸時の御宿所として建設された擬洋風建築の迎賓館。1973年(昭和48年)より館内に博物館「松江郷土館」が設けられている。興雲閣 フレッシュアイペディアより)

59件中 11 - 20件表示

「松江城」のニューストピックワード