59件中 31 - 40件表示
  • だんだん

    だんだんから見た松江城松江城

    2001年4月、介護福祉士になるために、大学に進学(桜咲く)。それらに伴い、入学前の3月の春休みから、のぞみも住んでいる祇園の置屋兼お茶屋「花むら」に下宿する。同じ年の5月26日、弟の健太郎が歌声が聴きたいからと松江から持ってきたギターと、京都のライブハウス「ワイルドダック」でステージに立ってパフォーマンスをするのぞみと康太と俊の姿を見て、半年前に止めていた音楽に再び触れることとなる。それから2日後には、老人ホーム「琥珀苑」での介護のボランティア活動も始める。その年の8月16日、ちょうど1年前の松江城内での「シジミジル」のライブで、数時間前に出雲大社で偶然顔を合わせたばかりののぞみと一緒に歌った「赤いスイートピー」を聴いて、この2人を歌手としてデビューさせようとあらゆる手を使って口説いてきた大阪の芸能事務所のマネージャーの石橋が福岡へ転勤になると聞いて、石橋への想いに気づく。数日後、その日のうちに福岡に発つ石橋が最後に寄った「ワイルドダック」で、19歳の誕生日プレゼントにと石橋がくれたオルゴールに使われていた「M」をギターで弾き語り。途中から参加したのぞみと素晴らしいハーモニーをきかせたことで、石橋の福岡行きを思いとどまらせた。だんだん フレッシュアイペディアより)

  • ナンジャモンジャ

    ナンジャモンジャから見た松江城松江城

    松江城(島根県松江市) - 樹種はヒトツバタゴ。ナンジャモンジャ フレッシュアイペディアより)

  • 現存天守

    現存天守から見た松江城松江城

    現存天守が在籍していた城が存城であった当時に再建、改築されたものがほぼそのまま残っているもの(犬山城・松本城・高知城・松江城など)現存天守 フレッシュアイペディアより)

  • 葉紀甫

    葉紀甫から見た松江城松江城

    1946年(昭和21年)4月、島根県立松江中学校2年次に編入。当初は寄宿舎生活だったが、病弱のため母英子の従姉妹である金田家へ下宿することになる。早熟だった彰美は初めて見る松江の風俗習慣、とりわけ松江城の研究や松平不昧が築いた茶室の管田庵などに興味をもった。在学中の学制改革により、旧制中学校が新制高等学校に転換され、彼が在籍していた旧制中学4年生は新制高校1年生に編成された。葉紀甫 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋 (大橋川)

    大橋 (大橋川)から見た松江城松江城

    南北朝時代には、白潟橋という橋(大山寺縁起)が架かっていた。関ヶ原の戦いの頃には、カラカラ橋という竹の橋が架かっていた。1607年、堀尾吉晴が松江城建築のために架橋工事を始め、翌年、初代にあたる153mの木の橋が完成する。北の末次と南の白潟の間にある唯一の橋として使われ、他の所属の船は南詰の渡海場(船着き場周辺)で必ず荷物を降ろさなければならなかった。大橋 (大橋川) フレッシュアイペディアより)

  • 河川舟運

    河川舟運から見た松江城松江城

    堀川めぐり:島根県松江市の松江城の掘割で行われている遊覧船で、松江堀川ふれあい広場・大手前広場・カラコロ広場に船着場があり、約50分の航路である。河川舟運 フレッシュアイペディアより)

  • 安来市

    安来市から見た松江城松江城

    古代より中海(錦海)に面した天然の良港、安来の港はふるくは朝鮮半島との交易も盛んであり、『万葉集』では於保の浦、時代が下ると金ヶ浦、錦ヶ浦という名などで登場している。そのため市内に数多くある古墳からは当時の出雲地方としては珍しい天叢雲剣を髣髴させるような鉄製の刀剣、鉄器類が出土している。そのため、神在月には出雲を目指す神様が安来湊にまず集結し、鉄の買い付けを行うというような伝説も残っており、古代出雲の海の玄関口として反映したことが伺える。戦国時代に至っては尼子氏の物資輸送、海戦拠点ともなり、中国地方の戦国両雄である尼子氏対毛利氏の激烈な戦いが繰り広げられた。この中で有名な悲運の武将山中幸盛らが活躍しその模範的ともいえる武士道精神は池波正太郎著『黒幕』等の数々の小説、物語の題材となっている。江戸期に入ると尼子・毛利両氏が営んだ月山富田城から松江城に出雲支配の中心が移り繁栄に一時翳りがあった。安来市 フレッシュアイペディアより)

  • 遠江国

    遠江国から見た松江城松江城

    江戸時代になると、吉晴は松江城に、一豊は高知城に移転する。代わって、遠江国には浜松藩と掛川藩が設置され、譜代大名が入れ替わりで入った。また、江戸時代には、伊那盆地や水窪の木材が、天竜川の舟運を利用して遠江国平野部に運搬された。遠江国 フレッシュアイペディアより)

  • 松江護國神社

    松江護國神社から見た松江城松江城

    松江護國神社(まつえごこくじんじゃ)は、島根県松江市の松江城址にある神社(護国神社)である。松江護國神社 フレッシュアイペディアより)

  • 田原神社 (松江市)

    田原神社 (松江市)から見た松江城松江城

    西殿は、『雲陽誌』によれば、亀田山に鎮座していた宇賀社とされ、堀尾吉晴による松江城築城に伴って奥谷に遷座したという。延宝年間、現在地に奉遷。田原神社 (松江市) フレッシュアイペディアより)

59件中 31 - 40件表示

「松江城」のニューストピックワード