89件中 31 - 40件表示
  • 火灯窓

    火灯窓から見た松江城松江城

    古いものは、円覚寺舎利殿(15世紀前半)に見られるもののように上枠以外立枠・下枠は直線的であるが、時代が下がるにつれ、慈照寺銀閣(1489年)や松江城天守(1607年)に見られるもののように立枠が上から下にかけて曲線的かつ末広がりに造られるようになった。また、西本願寺書院対面所(1632年)に見られるもののように下も上枠と同じように造る場合もある。比較的新しい末広形のものは従来の末広形のものより曲線的かつ広がりは大きくなり、また、姫路城小天守(1601年)に見られるもののように飾り金具を付けたものもある。その一方、建物を飾る窓としての気品を損ねた印象となり美的評価は低くなっている。火灯窓 フレッシュアイペディアより)

  • 堀安成文

    堀安成文から見た松江城松江城

    堀安家は松江城主堀尾吉晴の末裔である。堀安成文 フレッシュアイペディアより)

  • 興雲閣

    興雲閣から見た松江城松江城

    興雲閣(こううんかく)は島根県松江市の松江城内に1903年(明治36年)に明治天皇行幸時の御宿所として建設された擬洋風建築の迎賓館。興雲閣 フレッシュアイペディアより)

  • 葉紀甫

    葉紀甫から見た松江城松江城

    1946年(昭和21年)4月、島根県立松江中学校2年次に編入。当初は寄宿舎生活だったが、病弱のため母英子の従姉妹である金田家へ下宿することになる。早熟だった彰美は初めて見る松江の風俗習慣、とりわけ松江城の研究や松平不昧が築いた茶室の管田庵などに興味をもった。在学中の学制改革により、旧制中学校が新制高等学校に転換され、彼が在籍していた旧制中学4年生は新制高校1年生に編成された。葉紀甫 フレッシュアイペディアより)

  • 香取 (戦艦)

    香取 (戦艦)から見た松江城松江城

    松江城等を訪問後、宍道湖中海を経て午後6時20分に「香取」へ帰艦。同日は美保湾の本艦に宿泊する。香取 (戦艦) フレッシュアイペディアより)

  • 三斎流

    三斎流から見た松江城松江城

    稲葉正喬は駿河守大番頭を務めた7000石の旗本で、この系譜では荒井一掌が松平不昧と親交が深 く、それにより松江に三斎流がもたらされた。松平不昧は家臣にも三斎流を学ばせたが、不昧自身はさらに石州流を学んで松江藩では現在不昧流と呼ばれる系譜が伝えられることになる。一方で三斎流は松江城鬼門にあたる普門院の住職によって受け継がれ、明治維新後は在家に下り、現在は森山家で伝承している。三斎流 フレッシュアイペディアより)

  • 松江だんだんプロレス

    松江だんだんプロレスから見た松江城松江城

    2011年5月15日、松江城大会が旗揚げ戦となった。この大会はBSSの取材を受け、KEIGOが主演の簡単なドキュメンタリー調の映像作品となった。旗揚げ戦ではOPG(俺たちプロレス軍団)が相手となり、KEIGO、千鳥、ダイナマイト門脇、伊勢宮ジロー、クラッシャー村松、ミステリコ・ヤマトがデビューした。のちに鳥取だらずプロレス所属となるガイナタイガーもこの大会でデビュー、勝利している。松江だんだんプロレス フレッシュアイペディアより)

  • みよし (列車)

    みよし (列車)から見た松江城松江城

    中国地方の中心都市である広島市と山陰地方を結ぶ短絡線である木次線が注目され、1953年11月に臨時列車として、米子駅 - 広島駅間に快速列車が運転を開始した。この列車は松江城の別名である千鳥城にちなんで「ちどり」として運転された。1955年には夜行列車の「夜行ちどり」も運転を開始した。みよし (列車) フレッシュアイペディアより)

  • 松江護國神社

    松江護國神社から見た松江城松江城

    松江護國神社(まつえごこくじんじゃ)は、島根県松江市の松江城址にある神社(護国神社)である。松江護國神社 フレッシュアイペディアより)

  • 松江神社

    松江神社から見た松江城松江城

    松江神社(まつえじんじゃ)は、島根県松江市殿町にある神社、松江城跡地にある。松江神社 フレッシュアイペディアより)

89件中 31 - 40件表示

「松江城」のニューストピックワード