89件中 41 - 50件表示
  • 敦賀城

    敦賀城から見た松江城松江城

    廃城以降、主郭部には小浜藩の役所(奉行所、代官所)とお茶屋(陣屋)が置かれた。小浜藩は、1624年(寛永元年)に京極忠高の所領となったが、1634年(寛永11年)に京極氏は松江城へ転封となり、代わって酒井忠勝が小浜藩主となった。以降、幕末までの240余年を酒井氏が支配する。なお、分家である敦賀酒井氏(敦賀藩とも鞠山藩ともいう)の陣屋は旧金ヶ崎城近くに建てられた。明治に入ると、廃藩置県により1871年(明治4年)に県庁舎が置かれたが、さらに警察署、裁判所、病院と変遷した。1909年(明治42年)には、敦賀尋常高等小学校が移転、現在は敦賀西小学校になっている。敦賀城 フレッシュアイペディアより)

  • 島根県の観光地

    島根県の観光地から見た松江城松江城

    ファイル:Matsue castle01bs4592.jpg|松江城島根県の観光地 フレッシュアイペディアより)

  • 菅井君と家族石

    菅井君と家族石から見た松江城松江城

    兄ちゃんの彼女。30歳。兄ちゃん曰く松江城と壽城(米子市の和菓子メーカー)を所有しているという大会社の社長令嬢だが、デブのブスで外食ではメニューのページ食いをするほど何でも食い上げる大食漢。「重力が凄いのよ」が口癖。職業はお天気キャスターで、よく重力を報道している。体重246キロ。作中唯一、姓と名前の2つが判明している。菅井家の兄ちゃんにファンであるバッハの子孫と騙されてしまい裏切られた結果別れるが、劇場版で復縁した。映画版で口の中へ何でも吸い込み、ごみや自転車に冷蔵庫などと近くにいる人間をも吸い込んでしまい歯の隙間に挟んでしまう事態を起こした。最後は飛び跳ねるうちにブラックホールになってしまった。名前の元ネタはこちら葛飾区亀有公園前派出所に一発ネタで登場したキャラクターから。菅井君と家族石 フレッシュアイペディアより)

  • 長満寺 (松江市)

    長満寺 (松江市)から見た松江城松江城

    天正5年(1577年)富田城主堀尾吉晴の家臣の松島周防守を開基檀越として乗圓院日眞の開山によって創建された。慶長16年(1611年)松江城が築城されると富田城下から松江城城下の寺町に移転した。安政4年(1857年)近隣からの出火により本堂を焼失した。長満寺 (松江市) フレッシュアイペディアより)

  • ぐるっと松江レイクライン

    ぐるっと松江レイクラインから見た松江城松江城

    松江駅 → くにびきメッセ前 → くにびき駐車場前 → 鍛冶橋 → 栄橋 → 京橋 → 松江城(大手前) → 大手前堀川遊覧船乗場 → 塩見縄手 → 小泉八雲記念館前 → 堀川遊覧船乗場 → 堀川遊覧船乗場西入口 → 黒田町 → 四十間堀川 → 月照寺前 → 清光院下 → 松江しんじ湖温泉駅 → 千鳥南公園 → (松江イングリッシュガーデン前) → 福祉センター前 → 千鳥町 → 松江しんじ湖温泉駅 → 宍道湖大橋北詰 → 須衛都久神社前 → カラコロ工房前 → 大橋南詰 → 灘町 → 県立美術館 → (夕日公園 → ホテル宍道湖前 → 嫁ヶ島西 → 嫁ヶ島) → 魚町 → 宍道湖遊覧船乗場 → 松江駅ぐるっと松江レイクライン フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬町 (島根県)

    広瀬町 (島根県)から見た松江城松江城

    この町は佐々木義清が雲隠の守護となって富田城に入城してから山陰地方の中心へとなっていった。1607年(慶長12年)、堀尾吉晴が移城のために松江城の築城に着手してから富田は急速に荒廃したが、1666年(寛文6年)、松平近栄によって広瀬藩が創設、再び城下町の面影を取り戻した。しかし、同年の秋、大洪水によってこれまでの富田の市街地は流されてしまう。その後、新たに富田川の西部に広瀬町の中心街となる町が建設され、名前も広瀬と改められ、現在に至る。広瀬町 (島根県) フレッシュアイペディアより)

  • おしろツアーズ

    おしろツアーズから見た松江城松江城

    松江城、備中松山城> - 有森也実、久保田磨希、中田喜子、濱田マリおしろツアーズ フレッシュアイペディアより)

  • 堀尾吉晴

    堀尾吉晴から見た松江城松江城

    慶長16年(1611年)、松江城を建造し本拠を移したが、間もなく6月17日に死去した。享年69。堀尾吉晴 フレッシュアイペディアより)

  • ちちんぷいぷい (テレビ番組)

    ちちんぷいぷい (テレビ番組)から見た松江城松江城

    山陰放送でのネット初日(4月6日・月曜日)には、同局アナウンサーの丸山聡美(山陰放送アナウンサー)が、当番組を放送していたギャラクシースタジオに生出演。『土曜日の生たまご』(丸山が司会を務める同局のローカル情報番組)の番組内容を紹介した後に、同局本社(鳥取県米子市)に設置のお天気カメラの映像や、島根県松江市にある松江城の桜の映像を中継した。6月22日の当番組では、山陰放送とのコラボレーション企画として、たむらけんじによる鳥取城北高等学校(鳥取市)相撲部への体験入部の模様を「学校に行こッ!」のコーナーで放送。山陰放送でも、同月27日の『土曜日の生たまご』でこの模様を放送した。ちちんぷいぷい (テレビ番組) フレッシュアイペディアより)

  • 安来市

    安来市から見た松江城松江城

    古代より中海(錦海)に面した天然の良港、安来の港はふるくは朝鮮半島との交易も盛んであり、『万葉集』では於保の浦、時代が下ると金ヶ浦、錦ヶ浦という名などで登場している。そのため市内に数多くある古墳からは当時の出雲地方としては珍しい天叢雲剣を髣髴させるような鉄製の刀剣、鉄器類が出土している。そのため、神在月には出雲を目指す神様が安来湊にまず集結し、鉄の買い付けを行うというような伝説も残っており、古代出雲の海の玄関口として反映したことが窺える。戦国時代に至っては尼子氏の物資輸送、海戦拠点ともなり、中国地方の戦国両雄である尼子氏対毛利氏の激烈な戦いが繰り広げられた。この中で有名な悲運の武将山中幸盛らが活躍しその模範的ともいえる武士道精神は池波正太郎著『黒幕』などの数々の小説、物語の題材となっている。江戸期に入ると尼子・毛利両氏が営んだ月山富田城から松江城に出雲支配の中心が移り繁栄に一時翳りがあった。安来市 フレッシュアイペディアより)

89件中 41 - 50件表示

「松江城」のニューストピックワード