59件中 41 - 50件表示
  • 豆炭

    豆炭から見た松江城松江城

    豆炭を使う「豆炭炬燵」は、電力が要らず、安定した暖を長時間得ることが出来ることから、松江城を巡る「松江堀川遊覧船」など、静かな堀や川を巡る遊覧船の炬燵で使われている例も多く、人気を博している。豆炭 フレッシュアイペディアより)

  • 遊覧船

    遊覧船から見た松江城松江城

    松江城内堀外堀(島根県松江市) - 市内周遊遊覧船 フレッシュアイペディアより)

  • 鯱

    から見た松江城松江城

    瓦・木・石・金属などで作られる。城の天守や主要な櫓や櫓門などにはよく、陶器製(鯱瓦)のものや、銅板張木造のものが上げられる。城郭建築に用いられている銅板張木造鯱のもので最大の現存例は松江城天守(高さ2.08メートル)のものといわれている。青銅製(鋳造)のものでは、高知城天守のものがある。 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の歴史公園100選

    日本の歴史公園100選から見た城山公園 (松江市)松江城

    185 城山公園(島根県松江市)日本の歴史公園100選 フレッシュアイペディアより)

  • 古河城

    古河城から見た松江城松江城

    天守は建てられなかったが、土井利勝によって、本丸の西北出隅に建てられた「御三階櫓」と呼ばれた3層4階の櫓が、実質上の天守となった。高さは約22メートルあり、同様の構造で建てられた水戸城や佐倉城の御三階櫓、松江城の天守(約22.4メートル)もほぼ同じ高さである。古河城 フレッシュアイペディアより)

  • 12

    12から見た松江城松江城

    現存12天守:「弘前城」、「松本城」、「丸岡城」、「犬山城」、「彦根城」、「姫路城」、「松江城」、「備中松山城」、「丸亀城」、「松山城」、「宇和島城」、「高知城」(封建時代に建築された日本の天守(城郭)が、残っている12城の総称。日本100名城の順)12 フレッシュアイペディアより)

  • ゴボウ

    ゴボウから見た松江城松江城

    牛蒡積み - 石垣の工法の一つで、野面積みの一種。奥行きのある石を短径面が外側になるように積んでいく工法で、名称の由来は石の積み方がゴボウの束を積み重ねたようであるため。大洲城、若松城、彦根城、松江城などで見られる。ゴボウ フレッシュアイペディアより)

  • 熊本城

    熊本城から見た松江城松江城

    五階櫓の中でも「三の天守」とも呼ばれる宇土櫓(うとやぐら)は、3重5階地下1階で、熊本城では大小天守を除いて最大の櫓である。高さ約19メートルあり、近世以前に建造された天守や櫓との比較では姫路城、松本城、松江城に次いで4番目の高さである。破風はむくりを持ち、諸櫓と同じ仕様で造られているが、最上階に外廻縁を持つ。清正の創建した初代天守ではないかという見方もある。宇土城の天守を移築したものと伝えられ、明和9年(1772年)に森本一端が記した『肥後国誌』(下巻)によって通説化したが、昭和2年(1927年)の解体修理の際には移築の痕跡が見られず、城戸久などがこの説を否定した。また、平成元年(1989年)の修理の際、2重目と3重目で建築方法の違いと3階部分の増設が判明している。熊本城 フレッシュアイペディアより)

  • 姫路城

    姫路城から見た松江城松江城

    外観は多様性に富み、複数層にまたがる巨大な入母屋破風に加えて、緩やかな曲線を描く唐破風(からはふ)、山なりの千鳥破風(ちどりはふ)が設置されている。最上階を除く窓はほとんどで格子がはめ込まれているが、大天守2重目南面では唐破風下に出格子(でごうし)を設けている。また、釣鐘のような形の火灯窓を西小天守、乾小天守の最上階に多用している。火灯窓は同様の後期望楼型天守である彦根城天守や松江城天守などにも見られる。乾小天守の火灯窓には、「物事は満つれば後は欠けて行く」という考え方に基づき未完成状態(発展途上状態)を保つため格子を入れていないという。姫路城 フレッシュアイペディアより)

  • 天守

    天守から見た松江城松江城

    File:"Composite"Japanese castle Tenshu layout format.svg|複合式天守天守(A)、付櫓(B)、櫓門(C)天守に付櫓を付属したもの。松江城、岡山城、萩城などに用例がある。天守 フレッシュアイペディアより)

59件中 41 - 50件表示

「松江城」のニューストピックワード