89件中 51 - 60件表示
  • 鬼武者Soul

    鬼武者Soulから見た松江城松江城

    47都道府県の弘前城、高知城、松江城など著名な城がオリジナルグラフィックで実装されている。鬼武者Soul フレッシュアイペディアより)

  • 豆炭

    豆炭から見た松江城松江城

    豆炭を使う「豆炭炬燵」は、電力が要らず、安定した暖を長時間得ることが出来ることから、松江城を巡る「松江堀川遊覧船」など、静かな堀や川を巡る遊覧船の炬燵で使われている例も多く、人気を博している。豆炭 フレッシュアイペディアより)

  • 熊本県立八代中学校・高等学校

    熊本県立八代中学校・高等学校から見た松江城松江城

    9月 - 新校舎が完成し、松江城の旧校舎から現在地に移転。熊本県立八代中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉八雲

    小泉八雲から見た松江城松江城

    『列士録』によれば、初代の小泉弥右衛門は「本国近江(現在の滋賀県)、生国因幡(現在の鳥取県)」の侍だった。はじめ、讃岐丸亀藩四万五千石の藩主である山崎治頼に仕えて家老を務めていた。しかし明暦3年(1657年)、山崎治頼が嗣子なくして没して除封となり、代わってかつての松江城の主・京極忠高の甥にして養子の高和が入封するに及んで、弥右衛門は丸亀を去って江戸(現在の東京)に出た。翌年の万治元年(1658年)、弥右衛門は、江戸で出雲松平家の祖である松平直政に召抱えられ、初めは使番(つかいばん)、後に二十名の徒(足軽)を統率する者頭(ものがしら)を務めた。その後、小泉家は二代目弥右衛門が五十人の士分の侍を統率する番頭(ばんがしら)を務めて以来、代々セツの父・八代目弥右衛門に至るまで、一定期間者頭ないしそれに準じた役職を務めた後、番頭(ばんがしら)に進んでおり、また、嫡子には家督相続と同時に組外(くみはずれ)という格式が与えられている。この格式は、直接ほかの侍の采配下に入らないことを意味し、『雲藩職制』の編者が「一国中の貴族」と表現した上士に限って与えられた待遇だった。ただし家禄は、一雄や田部隆次が記した五百石は誤りと見做すべきで、『代々御給帳』・『列士録』・『旧藩事蹟』等古文書は一致して300石だったことを示している。小泉八雲・セツ夫妻の孫に小泉時(エッセイスト、2009年7月8日死去)、小泉閏、稲垣明男、種市八重子、佐々木京子、曾孫に小泉凡(学者、島根県立島根女子短期大学准教授)がいる。小泉八雲 フレッシュアイペディアより)

  • 松江藩

    松江藩から見た松江城松江城

    松江藩(まつえはん)は、出雲1国または隠岐国を加えた2国を領有した藩。藩庁は松江城(島根県松江市殿町)。藩主は外様大名の堀尾氏、京極氏と続き、親藩の越前系松平氏が廃藩置県まで支配した。松江藩 フレッシュアイペディアより)

  • 遠江国

    遠江国から見た松江城松江城

    江戸時代になると、吉晴は松江城に、一豊は高知城に移転する。代わって、遠江国には浜松藩と掛川藩が設置され、譜代大名が入れ替わりで入った。また、江戸時代には、伊那盆地や水窪の木材が、天竜川の舟運を利用して遠江国平野部に運搬された。遠江国 フレッシュアイペディアより)

  • まつえレディースハーフマラソン

    まつえレディースハーフマラソンから見た松江城松江城

    松江市の松江城大手前を発着点とする。まつえレディースハーフマラソン フレッシュアイペディアより)

  • 池田長常

    池田長常から見た松江城松江城

    翌年、松江藩の堀尾忠晴が嗣子の無いまま死去して堀尾氏が改易となった際、松江城を守備した。長男の万大夫が早くに死去して娘しかいなかったため、死に臨んで娘を末期養子として家督を継がせようとしたが、幕府からの裁定が下る前に長常が9月6日に死去してしまったため、幕府から末期養子を許されず、結局備中松山における池田氏は断絶した。享年33。池田長常 フレッシュアイペディアより)

  • 熊本城

    熊本城から見た松江城松江城

    五階櫓の中でも「三の天守」とも呼ばれる宇土櫓(うとやぐら)は、3重5階地下1階で、熊本城では大小天守を除いて最大の櫓である。高さ約19mあり、近世以前に建造された天守や櫓との比較では姫路城、松本城、松江城に次いで4番目の高さである。破風はむくりを持ち、諸櫓と同じ仕様で造られているが、最上階に外廻縁を持つ。清正の創建した初代天守ではないかという見方もある。宇土城の天守を移築したものと伝えられ、明和9年(1772年)に森本一端が記した『肥後国誌』(下巻)によって通説化したが、昭和2年(1927年)の解体修理の際には移築の痕跡が見られず、城戸久などがこの説を否定した。また、平成元年(1989年)の修理の際、2重目と3重目で建築方法の違いと3階部分の増設が判明している。熊本城 フレッシュアイペディアより)

  • 竹内平太郎

    竹内平太郎から見た松江城松江城

    竹内家初代は松江城天守の修復や、法華宗大雄寺の八角堂や堂宇を作った竹内有兵衛で、松江松平藩の初代藩主松平直政の大工頭であった名工竹内有兵衛(右兵衛、宇兵衛、たけのうち うへえ)の十代目の子孫。長男竹内和信は帝国陸軍航空総軍第53航空師団・第7航空通信連隊連隊長(終戦時大佐)。竹内平太郎 フレッシュアイペディアより)

89件中 51 - 60件表示

「松江城」のニューストピックワード