89件中 71 - 80件表示
  • 日本さくら名所100選

    日本さくら名所100選から見た松江城松江城

    ファイル:Donjon du château de Matsue.JPG|松江城山公園(島根県松江市)日本さくら名所100選 フレッシュアイペディアより)

  • 小瀬甫庵

    小瀬甫庵から見た松江城松江城

    はじめ医学と経史を学んで、織田氏家臣の池田恒興に医者として仕えた。恒興の死後は、豊臣秀次に仕えた。秀次の死後は堀尾吉晴に仕えて、松江城築城の際に縄張りも行った。吉晴死後は浪人となったが、播磨にしばらく住み、京都に移った。寛永元年(1624年)には子の小瀬素庵が前田利常に仕えた縁で加賀藩で知行250石を貰い、藩主の世子光高の兵学の師となり、諸書の著述に専念。医書などを刊行した。小瀬甫庵 フレッシュアイペディアより)

  • 松本城

    松本城から見た松江城松江城

    松本城(まつもとじょう)は、長野県松本市にある日本の城である。安土桃山時代末期-江戸時代初期に建造された天守は国宝に指定され、城跡は国の史跡に指定されている。松本城と呼ばれる以前は深志城(ふかしじょう)といった。市民からは別名烏城(からすじょう)とも呼ばれている。しかし文献上には烏城という表記は一切ない。天守が国宝指定された5城のうちの一つである(他は姫路城、犬山城、彦根城、松江城)。松本城 フレッシュアイペディアより)

  • ゴボウ

    ゴボウから見た松江城松江城

    牛蒡積み - 石垣の工法の一つで、野面積みの一種。奥行きのある石を短径面が外側になるように積んでいく工法で、名称の由来は石の積み方がゴボウの束を積み重ねたようであるため。大洲城、若松城、彦根城、松江城などで見られる。ゴボウ フレッシュアイペディアより)

  • 古河城

    古河城から見た松江城松江城

    天守は建てられなかったが、土井利勝によって、本丸の西北出隅に建てられた「御三階櫓」と呼ばれた3層4階の櫓が、実質上の天守となった。高さは約22メートルあり、同様の構造で建てられた水戸城や佐倉城の御三階櫓、松江城の天守(約22.4メートル)もほぼ同じ高さである。古河城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た松江城松江城

    犬山城(いぬやまじょう)は、愛知県犬山市にあった日本の城である。現在は天守のみが現存し、江戸時代までに建造された「現存天守12城」のひとつである。また天守が国宝指定された5城のうちの一つである(他は姫路城、松本城、彦根城、松江城)。城跡は「犬山城跡」として、国の史跡に指定されている。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 日本海テレビジョン放送

    日本海テレビジョン放送から見た松江城松江城

    鳥取砂丘(鳥取市)→浦富海岸(岩美町)→大山(大山町)→松江城周辺(松江市)の順に山陰地方の風景が流れるが、松江城周辺で唐突にぶっピィの静止画が入る。ウォーターマーク非表示。日本海テレビジョン放送 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥取県中部地震

    鳥取県中部地震から見た松江城松江城

    国の重要伝統的建造物群保存地区である倉吉市の白壁土蔵群では建物の漆喰の壁が剥がれ落ち、近隣にある国の登録有形文化財の銭湯「大社湯」でも浴室に貼られている明治時代の特注品のタイルが大量に剥がれ落ちるなどの被害があった。また、広島県竹原市にある国の重要文化財「復古館頼家住宅」で瓦が10枚程度落下、島根県の松江市にある松江城で石垣の間を埋める石が落下するなど広い範囲で文化財への被害が発生している。鳥取県中部地震 フレッシュアイペディアより)

  • 天守

    天守から見た松江城松江城

    天守に付櫓を直接接続するもの。が代表例。付櫓を接続することで、敵を攻撃できる場所を増やすとともに、天守への入口となることも多い。彦根城、松江城、岡山城、萩城などに用例がある。天守 フレッシュアイペディアより)

  • 河川舟運

    河川舟運から見た松江城松江城

    堀川めぐり:島根県松江市の松江城の掘割で行われている遊覧船で、松江堀川ふれあい広場・大手前広場・カラコロ広場に船着場があり、約50分の航路である。河川舟運 フレッシュアイペディアより)

89件中 71 - 80件表示

「松江城」のニューストピックワード