前へ 1 2 3 4 5 6
60件中 1 - 10件表示
  • 松江城

    松江城から見た小泉八雲

    天守台の石垣を築くことができず、何度も崩れ落ちた。人柱がなければ工事は完成しないと、工夫らの間から出た。そこで、盆踊りを開催し、その中で最も美しく、もっとも踊りの上手な少女が生け贄にされた。娘は踊りの最中にさらわれ、事情もわからず埋め殺されたという。石垣は見事にでき上がり城も無事落成したが、城主の父子が急死し改易となった。人々は娘の無念のたたりであると恐れたため、天守は荒れて放置された。その後、松平氏の入城まで天守からはすすり泣きが聞こえたという城の伝説が残る。また、城が揺れるとの言い伝えで城下では盆踊りをしなかった。(「小泉八雲/人柱にされた娘」など)。松江城 フレッシュアイペディアより)

  • 松江城

    松江城から見た松平直政

    1638年(寛永15年) 信濃国松本藩より松平直政が18万6千石で入封。以後、明治維新まで続く。松江城 フレッシュアイペディアより)

  • 松江城

    松江城から見た堀尾吉晴

    1600年(慶長5年) 関ヶ原の戦いで戦功のあった堀尾忠氏(堀尾吉晴の子)が、24万石を得て月山富田城に入城し松江藩が成立。月山富田城は中世山城であり近世城下町形成には不利であったので、末次城跡を近世城郭の候補とした。松江城 フレッシュアイペディアより)

  • 松江城

    松江城から見た京極忠高

    1634年(寛永11年) 京極忠高が若狭国小浜藩(若狭・越前敦賀郡)より出雲・隠岐両国26万石で入封。三の丸を造営し、ここに松江城の全容が完成した。松江城 フレッシュアイペディアより)

  • 松江城

    松江城から見た松浦正敬

    昭和30年代に、国宝指定に向けての運動や陳情があったが国宝指定には至らなかった。松江市長(2012年10月現在)の松浦正敬が松江城の国宝化も公約に掲げて2期目に当選した平成21年以降は、「松江城調査研究委員会」や「松江城を国宝にする市民の会」を立ち上げるなど、国宝化に向けての調査・運動が活発化している。松江城 フレッシュアイペディアより)

  • 松江城

    松江城から見た堀尾忠氏

    1600年(慶長5年) 関ヶ原の戦いで戦功のあった堀尾忠氏(堀尾吉晴の子)が、24万石を得て月山富田城に入城し松江藩が成立。月山富田城は中世山城であり近世城下町形成には不利であったので、末次城跡を近世城郭の候補とした。松江城 フレッシュアイペディアより)

  • 松江城

    松江城から見た小瀬甫庵

    軍学者の小瀬甫庵、土木職人の稲葉覚之丞らが設計に携わった。松江城 フレッシュアイペディアより)

  • 松江城

    松江城から見た堀尾忠晴

    1633年(寛永10年) 堀尾忠晴没、嗣子なく堀尾氏は3代で改易となった。松江城 フレッシュアイペディアより)

  • 松江城

    松江城から見た月山富田城

    1600年(慶長5年) 関ヶ原の戦いで戦功のあった堀尾忠氏(堀尾吉晴の子)が、24万石を得て月山富田城に入城し松江藩が成立。月山富田城は中世山城であり近世城下町形成には不利であったので、末次城跡を近世城郭の候補とした。松江城 フレッシュアイペディアより)

  • 松江城

    松江城から見た日本の道100選

    塩見縄手(旧武家町) - 北部堀周辺の、松江藩家老の塩見家の屋敷があった地区。松江市伝統美観指定地区になっているほか、日本の道100選に選ばれている。武家屋敷、明々庵、小泉八雲記念館、小泉八雲旧居、田部美術館など。松江城 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
60件中 1 - 10件表示

「松江城」のニューストピックワード