60件中 21 - 30件表示
  • 松江城

    松江城から見た日本100名城

    2006年(平成18年)4月6日、日本100名城(64番)に選定され、2007年(平成19年)6月から全国規模の日本100名城スタンプラリーが開始された。松江城 フレッシュアイペディアより)

  • 松江城

    松江城から見た小泉八雲記念館

    塩見縄手(旧武家町) - 北部堀周辺の、松江藩家老の塩見家の屋敷があった地区。松江市伝統美観指定地区になっているほか、日本の道100選に選ばれている。武家屋敷、明々庵、小泉八雲記念館、小泉八雲旧居、田部美術館など。松江城 フレッシュアイペディアより)

  • 松江城

    松江城から見た関ヶ原の戦い

    1600年(慶長5年) 関ヶ原の戦いで戦功のあった堀尾忠氏(堀尾吉晴の子)が、24万石を得て月山富田城に入城し松江藩が成立。月山富田城は中世山城であり近世城下町形成には不利であったので、末次城跡を近世城郭の候補とした。松江城 フレッシュアイペディアより)

  • 松江城

    松江城から見た国宝

    1935年(昭和10年) 天守が国宝保存法に基づく国宝(旧国宝。現行法の重要文化財に相当)に指定される。松江城 フレッシュアイペディアより)

  • 松江城

    松江城から見た人柱

    天守台の石垣を築くことができず、何度も崩れ落ちた。人柱がなければ工事は完成しないと、工夫らの間から出た。そこで、盆踊りを開催し、その中で最も美しく、もっとも踊りの上手な少女が生け贄にされた。娘は踊りの最中にさらわれ、事情もわからず埋め殺されたという。石垣は見事にでき上がり城も無事落成したが、城主の父子が急死し改易となった。人々は娘の無念のたたりであると恐れたため、天守は荒れて放置された。その後、松平氏の入城まで天守からはすすり泣きが聞こえたという城の伝説が残る。また、城が揺れるとの言い伝えで城下では盆踊りをしなかった。(「小泉八雲/人柱にされた娘」など)。松江城 フレッシュアイペディアより)

  • 松江城

    松江城から見た明治維新

    1638年(寛永15年) 信濃国松本藩より松平直政が18万6千石で入封。以後、明治維新まで続く。松江城 フレッシュアイペディアより)

  • 松江城

    松江城から見たストリートファイター (ゲーム)

    ストリートファイター - ステージ背景のモデルとして。松江城 フレッシュアイペディアより)

  • 松江城

    松江城から見た

    天守は外観4重内部5階地下の穴倉1階、天守の南に地下1階を持つ平屋の付櫓を付ける。外観は重箱造の二重櫓の上に3階建ての櫓を載せたようなもので3重目の南北面に入母屋屋根の出窓をつけている。意匠は下見板張りで桃山文化様式である。1・2階平面は東西12間に南北10間あり、高さは、本丸地上より約30メートル(天守台上よりは22.4メートル)ある。2階に1階屋根を貫くかたちで開口した石落が8箇所あることを特徴としている。地下の井戸は城郭建築では唯一の現存例である。最上階は内部に取り込まれた廻縁高欄があり、雨戸を取り付けている。は、木製の銅板張で現存天守の中では最大の高さ約2m。現在の鯱は昭和の修理の際に作り直された物で、旧鯱は保管展示されている。松江城 フレッシュアイペディアより)

  • 松江城

    松江城から見た天守

    江戸時代には松江藩の藩庁として、出雲地方の政治経済の中心となったが、明治時代初頭に廃城令によって存城処分(陸軍省所管)となったため、天守以外の建物はすべて払い下げられ撤去された。城跡は現在、松江城山公園として利用され、また、江戸時代初期建造の天守を有する城跡であり、天守は山陰地方の現存例としては唯一である。天守からは宍道湖を眺望できる。天守内部には松江市街のミニチュア模型が展示されている。松江城 フレッシュアイペディアより)

  • 松江城

    松江城から見た軍学者

    軍学者の小瀬甫庵、土木職人の稲葉覚之丞らが設計に携わった。松江城 フレッシュアイペディアより)

60件中 21 - 30件表示

「松江城」のニューストピックワード