60件中 31 - 40件表示
  • 松江城

    松江城から見た明々庵

    塩見縄手(旧武家町) - 北部堀周辺の、松江藩家老の塩見家の屋敷があった地区。松江市伝統美観指定地区になっているほか、日本の道100選に選ばれている。武家屋敷、明々庵、小泉八雲記念館、小泉八雲旧居、田部美術館など。松江城 フレッシュアイペディアより)

  • 松江城

    松江城から見た史跡

    松江城(まつえじょう)は、島根県松江市殿町にある平山城。別名・千鳥城。天守が現存し、国の重要文化財に指定されている。城跡は国の史跡に指定されている。この他に日本さくら名所100選や都市景観100選に選ばれている。松江城 フレッシュアイペディアより)

  • 松江城

    松江城から見た若狭国

    1634年(寛永11年) 京極忠高が若狭国小浜藩(若狭・越前敦賀郡)より出雲・隠岐両国26万石で入封。三の丸を造営し、ここに松江城の全容が完成した。松江城 フレッシュアイペディアより)

  • 松江城

    松江城から見た山城

    1600年(慶長5年) 関ヶ原の戦いで戦功のあった堀尾忠氏(堀尾吉晴の子)が、24万石を得て月山富田城に入城し松江藩が成立。月山富田城は中世山城であり近世城下町形成には不利であったので、末次城跡を近世城郭の候補とした。松江城 フレッシュアイペディアより)

  • 松江城

    松江城から見た塩見縄手

    塩見縄手(旧武家町) - 北部堀周辺の、松江藩家老の塩見家の屋敷があった地区。松江市伝統美観指定地区になっているほか、日本の道100選に選ばれている。武家屋敷、明々庵、小泉八雲記念館、小泉八雲旧居、田部美術館など。松江城 フレッシュアイペディアより)

  • 松江城

    松江城から見たジオラマ

    江戸時代には松江藩の藩庁として、出雲地方の政治経済の中心となったが、明治時代初頭に廃城令によって存城処分(陸軍省所管)となったため、天守以外の建物はすべて払い下げられ撤去された。城跡は現在、松江城山公園として利用され、また、江戸時代初期建造の天守を有する城跡であり、天守は山陰地方の現存例としては唯一である。天守からは宍道湖を眺望できる。天守内部には松江市街のミニチュア模型が展示されている。松江城 フレッシュアイペディアより)

  • 松江城

    松江城から見た小浜藩

    1634年(寛永11年) 京極忠高が若狭国小浜藩(若狭・越前敦賀郡)より出雲・隠岐両国26万石で入封。三の丸を造営し、ここに松江城の全容が完成した。松江城 フレッシュアイペディアより)

  • 松江城

    松江城から見た重要文化財

    松江城(まつえじょう)は、島根県松江市殿町にある平山城。別名・千鳥城。天守が現存し、国の重要文化財に指定されている。城跡は国の史跡に指定されている。この他に日本さくら名所100選や都市景観100選に選ばれている。松江城 フレッシュアイペディアより)

  • 松江城

    松江城から見た文化財保護法

    1950年(昭和25年) 文化財保護法の施行に伴い、天守は重要文化財に指定される。松江城 フレッシュアイペディアより)

  • 松江城

    松江城から見た本丸

    松江市街の北部に位置し、南に流れる京橋川を外堀とする輪郭連郭複合式平山城である。宍道湖北側湖畔の亀田山に築かれ、日本三大湖城の一つでもある。なお、城の周りを囲む堀川は宍道湖とつながっており薄い塩水(汽水域)である。構造は、本丸を中心に据え、東に中郭、北に北出丸、西に後郭、東から南にかけ外郭、西から南にかけ二の丸が囲む。二の丸の南には一段低く三の丸が配されている。松江城 フレッシュアイペディアより)

60件中 31 - 40件表示

「松江城」のニューストピックワード