87件中 41 - 50件表示
  • 松江城

    松江城から見た文化財保護法

    1950年(昭和25年):文化財保護法の施行に伴い、天守は重要文化財に指定される。松江城 フレッシュアイペディアより)

  • 松江城

    松江城から見た日本の城

    松江城(まつえじょう)は、現在の島根県松江市殿町に築かれた江戸時代の日本の城。別名・千鳥城。現存天守は国宝、城跡は国の史跡に指定されている。この他に日本さくら名所100選や都市景観100選に選ばれている。天守が国宝指定された5城のうちの一つである(他は犬山城、松本城、彦根城、姫路城)松江城 フレッシュアイペディアより)

  • 松江城

    松江城から見た宇和島城

    また、松江城には天守雛形が残されている。江戸時代制作の天守雛型が残るのは宇和島城・大洲城・小田原城・延岡城・松江城の5城(合計8つ)があり、国宝5城の内では唯一の雛型である。そのほか、天守内部には松江市街のミニチュア模型が展示されている。松江城 フレッシュアイペディアより)

  • 松江城

    松江城から見た全国城郭存廃ノ処分並兵営地等撰定方

    明治時代初頭に廃城令によって存城処分(陸軍省所管)となったため、城内の建物は国から買い戻された天守を除いてすべて払い下げられ、撤去された。昭和初期に城山部分は公園として解放され、現在は指定管理者制度に則り、特定非営利活動法人松江ツーリズム研究会が運営をしている。松江城 フレッシュアイペディアより)

  • 松江城

    松江城から見た山陰道

    松江城のある大橋川以北の島根郡側では、殿町・母衣町・田町・内中原町・外中原町などが武家屋敷地、京橋川以南の末次が町人地に割り当てられた。大橋川以南の意宇郡側では、白潟が町人地と寺町に割り当てられ、松平氏時代になると天神川以南の津田街道(山陰道)沿いに足軽町(雑賀町)が建設された。松江城 フレッシュアイペディアより)

  • 松江城

    松江城から見た島根大学旧奥谷宿舎

    島根大学旧奥谷宿舎(旧制松江高等学校外国人宿舎)松江城 フレッシュアイペディアより)

  • 松江城

    松江城から見た軟弱地盤

    軍学者の小瀬甫庵、土木職人の稲葉覚之丞らが設計に携わった。松江市街の北部に位置し、南に流れる京橋川を外堀とする輪郭連郭複合式平山城である。宍道湖北側湖畔の亀田山に築かれ、日本三大湖城の一つでもある。なお、城の周りを囲む堀川は宍道湖とつながっており薄い塩水(汽水域)である。構造は、本丸を中心に据え、東に中郭、北に北出丸、西に後郭、東から南にかけ外郭、西から南にかけ二の丸が囲む。二の丸の南には一段低く三の丸が配されている。軟弱地盤の上に建てられたため、建築から数十年ほどで傾きだしたと言われる。松江城 フレッシュアイペディアより)

  • 松江城

    松江城から見た国宝保存法

    1935年(昭和10年):天守が当時の国宝保存法に基づく国宝(旧国宝。現行法の重要文化財に相当)に指定される。松江城 フレッシュアイペディアより)

  • 松江城

    松江城から見た田部美術館

    塩見縄手(旧武家町) - 北堀川周辺の、松江藩家老の塩見家の屋敷があった地区。松江市伝統美観指定地区になっているほか、日本の道100選に選ばれている。武家屋敷、明々庵、小泉八雲記念館、小泉八雲旧居、田部美術館など。松江城 フレッシュアイペディアより)

  • 松江城

    松江城から見た島根県立松江北高等学校

    亀田山は北の奥谷方面から続く丘陵の南端にあたり、現在松江北高校のある赤山との間には宇賀山と呼ばれる丘陵があった。本丸北側の内堀開削は宇賀山を開削する大工事となり、大量に出た土砂は城下の整備に利用された。松江城 フレッシュアイペディアより)

87件中 41 - 50件表示

「松江城」のニューストピックワード