松沢成文 ニュース&Wiki etc.

松沢 成文(まつざわ しげふみ、1958年4月2日 ‐ )は、日本の政治家。希望の党所属の参議院議員(1期)、希望の党参議院議員団代表。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「松沢成文」のつながり調べ

  • 新進党

    新進党から見た松沢成文

    二階俊博・岡田克也ら自民党の派閥で最大勢力だった経世会が分裂して旗揚げの改革フォーラム21(羽田派)を母体に結党し、直後の総選挙では松沢成文・上田清司・西川太一郎・古賀敬章・山本幸三・柴野たいぞうらが初当選。後に、自民党清和会(安倍派)の後継争いに敗れた政真会(加藤グループ)も院内会派「新生党・改革連合」を経て入党している。(三塚博会長時代の)清和会扇千景、政科研、小坂憲次・石破茂、新政策研究会(河本敏夫派)石井一二、宏池会(宮澤喜一派)浜田卓二郎・原口一博らも途中入党。(新進党 フレッシュアイペディアより)

  • 松下政経塾

    松下政経塾から見た松沢成文

    2017年10月22日投開票の衆院議員総選挙においては、自民党系は安定した地盤と高止まりの支持率に支えられ現職の落選者はいなかった。一方、解散直前に民進党(民主党から改編)代表に就任した前原誠司は同党を事実上解党し希望の党への合流を決定したが、野田佳彦や原口一博らは合流せず無所属として選挙戦を闘う者もいた。無所属組は選挙区での選挙基盤に支えられ議席を守ったが、希望の党合流組は樽床伸二らが国政復帰する一方で野間健らが議席を失い明暗が分かれた。希望の党非合流組の一部が結成した立憲民主党には政経塾出身の前職は参加しなかったが元職が国政復帰している。野党再編に参院側が巻き込まれることはなかったが、国政復帰していた松沢成文が希望の党へ、福山哲郎が民進党を離党して立憲民主党の創設に参加している。(松下政経塾 フレッシュアイペディアより)

「松沢成文」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「松沢成文」のニューストピックワード