前へ 1 2 3 4 5 6 7
70件中 1 - 10件表示
  • 子ども手当

    子ども手当から見た松沢成文松沢成文

    当初民主党は子ども手当の負担について全額国費で負担することを明言していたが、児童手当で設けられていた地方公共団体の一部負担について継続するかどうかで政府閣僚内で意見が割れた。また地方公共団体の負担の継続については、地方から不満の声が噴出した。実際に全国市長会では子ども手当を全額国費負担を求める決議を採択され、松沢成文神奈川県知事は地方負担なら子ども手当をボイコットすると宣言、群馬県・静岡県・大阪府・和歌山県・岡山県・宮崎県の7人の知事連名の要望書を国に提出した。2010年度の子ども手当の財源確保にあたっては、自民党政権時において作られた2009年度補正予算の削減を行い、それを子ども手当の財源に回すとされており、子育て応援特別手当も支給停止となり、地方では混乱が見られた。なお補正予算の削減の中には、緊急の景気・雇用対策、新型インフルエンザ対策などの削減分もあり、竹中平蔵元総務大臣は、「小さな無駄を減らし、大きな無駄を作ることになる」と批判している。2010年度予算の暫定措置として、支給額2兆2554億円から国の予算から差し引いた5089億円分を児童手当と同じく地方自治体や企業に負担させることで閣内で同意されたが、2011年度以降も継続することに関しては、更なる地方からの反発がある。子ども手当 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川県公共的施設における受動喫煙防止条例

    神奈川県公共的施設における受動喫煙防止条例から見た松沢成文松沢成文

    2009年(平成21年)1月、松沢成文神奈川県知事が「公共的施設における受動喫煙防止条例(仮称)」の素案をまとめて発表すると、禁煙または分煙の措置が義務付けられる飲食店・風営法適用施設の経営者らが反発。これに応じて、3年間の猶予期間を定めて禁煙または分煙の措置を義務付けられた小規模の飲食店と風営法適用施設について、禁煙または分煙の措置を「努力義務」とするなどの変更が行われた。神奈川県公共的施設における受動喫煙防止条例 フレッシュアイペディアより)

  • マニフェスト

    マニフェストから見た松沢成文松沢成文

    また、2003年になると北川正恭三重県知事(当時)が「ローカル・マニフェスト」(地方自治体におけるマニフェスト)の導入を提唱し、増田寛也岩手県知事(当時)、片山善博鳥取県知事(当時)、松沢成文候補(後に神奈川県知事)が賛同、松沢がこれを実施し当選する。マニフェスト フレッシュアイペディアより)

  • 河村たかし

    河村たかしから見た松沢成文松沢成文

    2002年(平成14年)9月の民主党代表選挙では、菅直人、鳩山由紀夫の二枚看板(いわゆる「鳩菅体制」)に危機感を覚え、世代交代を図るため野田佳彦、前原誠司、松沢成文らと「第二期民主党をつくる有志の会」を結成した。河村たかし フレッシュアイペディアより)

  • 前原誠司

    前原誠司から見た松沢成文松沢成文

    1993年(平成5年)の第40回衆議院議員総選挙で京都1区において日本新党公認新党さきがけ推薦で立候補して初当選(同区で日本共産党穀田恵二や京大法学部の先輩公明党竹内譲も初当選)。しかし東京佐川急便事件での細川護熙の借入問題に端を発した連立政権崩壊によって、細川内閣が総辞職。その後、枝野幸男、荒井聰、高見裕一らとともに日本新党を離党し、民主の風(院内会派)を結成する。この離党について、細川夫人が前原を「恩を仇で返す薄情な男」と怒っていたと週刊現代は報じている。その2ヵ月後には「民主の風」メンバーとともに新党さきがけに合流し、菅直人政調会長(当時)のもとで政調副会長、院内幹事(国会対策委員長)渡海紀三朗の下で院内副幹事(国対副委員長)をそれぞれ歴任する。1995年(平成7年)第17回参議院議員通常選挙では与野党を超え民改連現職笹野貞子支援。1996年(平成8年)の総選挙直前に旧民主党、1998年(平成10年)の民主党の結党に参加。1999年(平成11年)1月民主党代表選挙では塾の先輩で同じ政令指定都市選出の都道府県議経験者で、1993年(平成5年)の衆議院に初当選した同期の松沢成文の推薦人、同年9月の代表選挙では菅直人の推薦人となる。2001年(平成13年)第19回参議院議員通常選挙では京都府選挙区で通商産業省を退官した松井孝治を支援(笹野は喧嘩別れし無所属で出馬)小泉旋風で勢いに乗る自由民主党総裁派閥清和研の現職西田吉宏の後塵を拝したが初当選に導いた。前原誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 第二期民主党をつくる有志の会

    第二期民主党をつくる有志の会から見た松沢成文松沢成文

    また第二期民主党の名称は菅・鳩山ら党草創期の幹部による民主党を第一期民主党として区別するための、前原誠司、野田佳彦、松沢成文らによる造語である。第二期民主党をつくる有志の会 フレッシュアイペディアより)

  • 杉野正

    杉野正から見た松沢成文松沢成文

    埼玉高速鉄道の社長職を2006年11月16日付けの取締役会で退任し、2007年4月の統一地方選挙神奈川県知事選挙に立候補したものの、現職の松沢成文に大差をつけられ落選。自由民主党神奈川県支部連合会の推薦を得ていたが、自由民主党本部からの推薦や支援はなかった。杉野正 フレッシュアイペディアより)

  • 地域・生活者起点で日本を洗濯(選択)する国民連合

    地域・生活者起点で日本を洗濯(選択)する国民連合から見た松沢成文松沢成文

    松沢成文 - 神奈川県知事地域・生活者起点で日本を洗濯(選択)する国民連合 フレッシュアイペディアより)

  • KANAGAWA Muffin

    KANAGAWA Muffinから見た松沢成文松沢成文

    月に一度、神奈川県知事の松沢成文も登場する。KANAGAWA Muffin フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤まさし

    斎藤まさしから見た松沢成文松沢成文

    「斎藤まさし」の名前で各地の選挙運動を手がけて候補者を当選に導き、「無党派選挙のプロ」等の評もある。市民の党が勝手連的に応援し、当選した候補者には中村敦夫(元参議院議員)、秋葉忠利(前広島市長)、堂本暁子(前千葉県知事)、嘉田由紀子(滋賀県知事)、川田悦子(元衆議院議員)・龍平(参議院議員)、黒岩宇洋(衆議院議員、ただし市民の党が応援したのは参院選出馬時)、篠田昭(新潟市長)らがいる。また元社会民主党所属で、参院議員を辞職して神奈川県知事選挙に立候補した田嶋陽子のサポートも行ったが、田嶋は松沢成文に敗れた。菅直人が初当選した際の選挙も手伝っており、民主党議員約100人の選挙応援を行っている。斎藤まさし フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
70件中 1 - 10件表示

「松沢成文」のニューストピックワード