94件中 11 - 20件表示
  • 自主憲法研究会

    自主憲法研究会から見た松沢成文松沢成文

    2014年11月28日にみんなの党解党が決定すると、同党所属の自主憲法研究会参加議員である和田政宗と松沢成文は一時新党結成を模索したが、次世代の党に入党した。同年12月の第47回衆議院議員総選挙では議連参加議員の多くが所属する次世代の党が自主憲法制定を公約に掲げたが、同選挙で議連参加議員の多くが落選。現在、議連として目立った活動は見られない。自主憲法研究会 フレッシュアイペディアより)

  • 子ども手当

    子ども手当から見た松沢成文松沢成文

    2009年10月20日に平野博文官房長官が財源の地方公共団体による一部負担を示唆したことに対して、福岡・佐賀両県知事が国の全額負担を求めた他、全国市長会も国費負担を求める決議を採択し、松沢成文神奈川県知事ら7知事が連名で地方負担に反対する要請書を厚生労働省に提出した。子ども手当 フレッシュアイペディアより)

  • 松下政経塾

    松下政経塾から見た松沢成文松沢成文

    2017年10月22日投開票の衆院議員総選挙においては、自民党系は安定した地盤と高止まりの支持率に支えられ現職の落選者はいなかった。一方、解散直前に民進党(民主党から改編)代表に就任した前原誠司は同党を事実上解党し希望の党への合流を決定したが、野田佳彦や原口一博らは合流せず無所属として選挙戦を闘う者もいた。無所属組は選挙区での選挙基盤に支えられ議席を守ったが、希望の党合流組は樽床伸二らが国政復帰する一方で野間健らが議席を失い明暗が分かれた。希望の党非合流組の一部が結成した立憲民主党には政経塾出身の前職は参加しなかったが元職が国政復帰している。野党再編に参院側が巻き込まれることはなかったが、国政復帰していた松沢成文が希望の党へ、福山哲郎が民進党を離党して立憲民主党の創設に参加している。松下政経塾 フレッシュアイペディアより)

  • みんなの党

    みんなの党から見た松沢成文松沢成文

    その後結いの党・日本維新の会の合併構想やこれに伴う維新の分裂が引き金となり、みんなの党内部でも新勢力との合流を図ろうとする動きが広まった。6月20日には江口克彦最高顧問が離党届を提出し、7月2日に承認された。江口は松沢成文・和田政宗らと共に次世代の党のメンバーが立ち上げた「自主憲法研究会」に参加しており、8月26日付で正式に次世代の党に入党した。他方で大熊利昭ら数人は結いの党・維新の会の合併後新党への合流を模索、執行部は「このままでは草刈り場になる」と危機感を募らせた。みんなの党 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜開港150周年協会

    横浜開港150周年協会から見た松沢成文松沢成文

    主な出席者: 今上天皇・皇后、麻生太郎内閣総理大臣、三権の長(河野洋平、江田五月、竹崎博允)、中曽根弘文外相、ミハイル・ミハイロヴィッチ駐日ロシア連邦特命全権大使、田上富久長崎市長、矢田立郎神戸市長、中田宏市長、松沢成文知事横浜開港150周年協会 フレッシュアイペディアより)

  • 関東地方知事会

    関東地方知事会から見た松沢成文松沢成文

    2010年10月21日の関東地方知事会議で、関東甲信静地方10都県による関東広域連合の設立に強い意欲を示した松沢成文前神奈川県知事の提案に基づき、国からの出先機関廃止による受け皿づくりに向けた協議会を設置したが、検討の結果、2011年10月25日の関東地方知事会議で、国の出先機関廃止に伴う関東甲信静地方1都9県の広域連合を見送ることに合意した。国からの移譲対象の受け入れは、都県単独や複数都県による広域連携を基本とし、「広域連合」などの枠組みや国広域連携で処理することが困難な事務・権限への対応については、今後改めて検討することを決めた。関東地方知事会 フレッシュアイペディアより)

  • 本間正人

    本間正人から見た松沢成文松沢成文

    1982年東京大学文学部社会学科卒業。松下政経塾に第3期生として入塾。同期生に 鈴木淳司・笹木竜三・前田正子・松沢成文 ・樽床伸二らがいる。松下幸之助の経営哲学を学び、国連事務局等で実務研修。「国際青年の村」「世界青年の船」等総務庁(当時)主催の国際交流事業に参加。大来佐武郎(元外相)に師事し、「21世紀のローマ・クラブ」創設をライフワークとして志す。本間正人 フレッシュアイペディアより)

  • 日本法制学会

    日本法制学会から見た松沢成文松沢成文

    1995年以降、社会貢献部内に設立された災害救援ボランティア推進委員会の活動を中心とする社会貢献事業が発展した。活動は災害救援ボランティアの育成及び地域防災推進の活動により「防災まちづくり大賞総務大臣賞(麻生太郎総務大臣・当時)」、「防災功労者内閣総理大臣表彰(小泉純一郎総理大臣・当時)」を受賞している。また神奈川県内での災害救援ボランティア育成に貢献したとして「神奈川県知事表彰(松沢成文知事・当時)」を、千葉県内での災害救援ボランティア育成に貢献したとして「千葉県知事表彰(堂本暁子知事・当時)」を受賞するなど、災害救援・地域防災の分野において高く評価されている。日本法制学会 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋清 (川崎市長)

    高橋清 (川崎市長)から見た松沢成文松沢成文

    2001年の市長選に4選を目指し、社民党推薦で出馬したが、当時76歳で12年つとめたことから高齢・多選批判が強く、民主党・自由党・無所属の会・保守党推薦、公明党支持で出馬した阿部孝夫に敗れ、政界を引退した。なお民主党は、支持組織である自治労は高橋を支援したが、県連は神奈川県第9区(川崎市多摩区・麻生区)選出の松沢成文衆議院議員(後に神奈川県知事)らの主導により阿部を推薦した。高橋清 (川崎市長) フレッシュアイペディアより)

  • 日本ゴルフ改革会議

    日本ゴルフ改革会議から見た松沢成文松沢成文

    委員は、ゴルフ解説者のタケ小山、中井学、田村尚之、野澤むつこ、次世代の党幹事長の松沢成文他多数。日本ゴルフ改革会議 フレッシュアイペディアより)

94件中 11 - 20件表示