94件中 31 - 40件表示
  • ニューズ・オプエド

    ニューズ・オプエドから見た松沢成文松沢成文

    松沢成文(参院議員、元神奈川県知事)ニューズ・オプエド フレッシュアイペディアより)

  • 原輝雄

    原輝雄から見た松沢成文松沢成文

    会計事務所勤務を経て、衆議院議員・松沢成文の秘書を務める。原輝雄 フレッシュアイペディアより)

  • 新進党

    新進党から見た松沢成文松沢成文

    二階俊博・岡田克也ら自民党の派閥で最大勢力だった経世会が分裂して旗揚げの改革フォーラム21(羽田派)を母体に結党し、直後の総選挙では松沢成文・上田清司・西川太一郎・古賀敬章・山本幸三・柴野たいぞうらが初当選。後に、自民党清和会(安倍派)の後継争いに敗れた政真会(加藤グループ)も院内会派「新生党・改革連合」を経て入党している。(三塚博会長時代の)清和会扇千景、政科研、小坂憲次・石破茂、新政策研究会(河本敏夫派)石井一二、宏池会(宮澤喜一派)浜田卓二郎・原口一博らも途中入党。新進党 フレッシュアイペディアより)

  • 新自由クラブ

    新自由クラブから見た松沢成文松沢成文

    松沢成文-新自由クラブからの神奈川県議会議員(川崎市麻生区)選挙立候補を予定したが解党。進歩党推薦により1982年初当選した。新自由クラブ フレッシュアイペディアより)

  • 国民の声

    国民の声から見た松沢成文松沢成文

    新進党の解党により分裂した6つの政党のうちのひとつで、新進党に参加した自由民主党と日本新党系議員のうち、反小沢派の保守系議員を中心に衆議院15人、参議院3人で結成された。党首は鹿野道彦。主な所属議員は左藤恵、愛野興一郎、広中和歌子、岡田克也、松沢成文、原口一博、古賀一成、石井一など。国民の声 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年千葉県知事選挙

    2005年千葉県知事選挙から見た松沢成文松沢成文

    国政二大政党の独自候補断念で地元国会議員の影響力低下がささやかれる一方で、石原慎太郎東京都知事や松沢成文神奈川県知事が森田を、浅野史郎宮城県知事らが堂本を応援するなど他県知事が各候補を応援する選挙戦となった。2005年千葉県知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 手塚仁雄

    手塚仁雄から見た松沢成文松沢成文

    1987年、神奈川県議会議員選挙で松沢成文をボランティア支援し、これが縁で後に松沢は手塚の結婚式で媒酌人を務めている。早大では雄弁会に加わり、同会の副幹事長を務めた。手塚仁雄 フレッシュアイペディアより)

  • 林雄介

    林雄介から見た松沢成文松沢成文

    『もしも首相を国民が選んだら』(松沢成文との共著、林の舞台化作品)マガジンランド、2012年。林雄介 フレッシュアイペディアより)

  • 福田紀彦

    福田紀彦から見た松沢成文松沢成文

    米国ファーマン大学政治学専攻卒業後、衆議院議員松沢成文の秘書、公設第一秘書などを務める。福田紀彦 フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た松沢成文松沢成文

    完全に接続していない市区町村は違法状態であり、それら職務に従事する職員にも地方公務員法違反ではないかとの疑義もある。また、横浜方式の接続も一方的に始めたものであり、上記の未接続自治体と同様に違法状態であることには変わりはない。現に、札幌市も市民選択制度を取ろうとしたが違法状態を作り出すことになるとして断念しているし、住基ネット反対をマニフェストに掲げ当選した、埼玉県の上田清司知事、神奈川県の松沢成文知事も当選後に方針を翻している。その他、埼玉県志木市、北海道ニセコ町など同様に断念しているケースは多い。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

94件中 31 - 40件表示