70件中 41 - 50件表示
  • 田嶋陽子

    田嶋陽子から見た松沢成文松沢成文

    その後神奈川県知事選挙に立候補した際、記者から神奈川県の財政状況を聞かれ「知りません」と発言し、中田宏横浜市長から「立候補するのはご自由であるが、せめて神奈川県の財政状況くらいは勉強して欲しい」と苦言を呈されている。選挙の結果、田嶋は松沢成文知事に敗れた。田嶋陽子 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋清 (川崎市長)

    高橋清 (川崎市長)から見た松沢成文松沢成文

    2001年の市長選に4選を目指し、社民党推薦で出馬したが、当時76歳で12年つとめたことから高齢・多選批判が強く、民主党・自由党・無所属の会・保守党推薦、公明党支持で出馬した阿部孝夫に敗れ、政界を引退した。なお民主党は、支持組織である自治労は高橋を支援したが、県連は神奈川県第9区(川崎市多摩区・麻生区)選出の松沢成文衆議院議員(後に神奈川県知事)らの主導により阿部を推薦した。高橋清 (川崎市長) フレッシュアイペディアより)

  • 笠浩史

    笠浩史から見た松沢成文松沢成文

    2003年、第43回衆議院議員総選挙に神奈川県第9区から民主党公認で出馬し、初当選。なお神奈川9区は、神奈川県知事選挙に出馬するため衆議院議員を辞職した松沢成文の選出選挙区であった。2005年の第44回衆議院議員総選挙では自由民主党公認の山内康一に神奈川9区で敗れるが、重複立候補していた比例南関東ブロックで復活し、再選。2006年の民主党代表選挙では小沢一郎の推薦人に名を連ねる。2009年の第45回衆議院議員総選挙では、神奈川9区で3選。2010年6月の民主党代表選挙では樽床伸二の推薦人、同年9月の民主党代表選挙では小沢一郎の推薦人に再び名を連ねる。小沢を破り再選された菅直人首相の下、菅第1次改造内閣で文部科学大臣政務官に任命され、菅第2次改造内閣まで務める。同年10月に結成された青山会(樽床伸二グループ)事務局長に就任。2012年4月、辞表を提出した樋高剛に代わって民主党総括副幹事長に起用された。笠浩史 フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータエンターテインメントレーティング機構

    コンピュータエンターテインメントレーティング機構から見た松沢成文松沢成文

    これまでの区分では対象年齢以上推奨にとどまり、販売および頒布に対しては明確な制約は加えられていなかったが、神奈川県知事松沢成文(当時)らがグランド・セフト・オートIIIを有害図書に指定し、さらに神奈川県や東京都をはじめとする地方自治体の要請から、レイティング区分を見直し、これまでの「18才以上対象」を分割し、「Z(18才以上のみ対象)」と「D(17才以上対象)」の2区分を新たに設けた。コンピュータエンターテインメントレーティング機構 フレッシュアイペディアより)

  • 上柳昌彦 ごごばん!

    上柳昌彦 ごごばん!から見た松沢成文松沢成文

    7月25日は松沢成文(元・神奈川県知事) - 『松沢成文 ごごばん!』として。松沢自身初のラジオパーソナリティである。元県知事としての思いからプライベートまで語った。上柳昌彦 ごごばん! フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た松沢成文松沢成文

    完全に接続していない市区町村は違法状態であり、それら職務に従事する職員にも地方公務員法違反ではないかとの疑義もある。また、横浜方式の接続も一方的に始めたものであり、上記の未接続自治体と同様に違法状態であることには変わりはない。現に、札幌市も市民選択制度を取ろうとしたが違法状態を作り出すことになるとして断念しているし、住基ネット反対をマニフェストに掲げ当選した、埼玉県の上田清司知事、神奈川県の松沢成文知事も当選後に方針を翻している。その他、埼玉県志木市、北海道ニセコ町など同様に断念しているケースは多い。住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川県第2区 (中選挙区)

    神奈川県第2区 (中選挙区)から見た松沢成文松沢成文

    松沢成文(1993年、新生党→新進党)神奈川県第2区 (中選挙区) フレッシュアイペディアより)

  • 新進党

    新進党から見た松沢成文松沢成文

    二階俊博・岡田克也ら自民党の派閥で最大勢力だった経世会が分裂して旗揚げの改革フォーラム21(羽田派)を母体に結党し、直後の総選挙では松沢成文・上田清司・西川太一郎・古賀敬章・山本幸三・柴野たいぞうらが初当選。後に、自民党清和会(安倍派)の後継争いに敗れた政真会(加藤グループ)も院内会派「新生党・改革連合」を経て入党している。(三塚博会長時代の)清和会扇千景、政科研、小坂憲次・石破茂、新政策研究会(河本敏夫派)石井一二、宏池会(宮澤喜一派)浜田卓二郎・原口一博らも途中入党。新進党 フレッシュアイペディアより)

  • 競輪

    競輪から見た松沢成文松沢成文

    2009年(平成21年)9月15日、神奈川県の外部組織にあたる『神奈川県競輪組合あり方検討委員会』は、花月園競輪場の廃止は妥当とする報告書をまとめ、同月18日、同場を主催する神奈川県競輪組合と主催自治体に対し報告書を提出した。理由は、2008年度時点における累積赤字が49億円に達しており、4年後の2013年度には77億円までに膨らむ見通しだからだとした。この報告書に基づき、当時の同組合管理者であった松沢成文は同年12月1日、正式に花月園競輪の廃止を決定した。花月園競輪場は当時、自場開催を除く場外発売日数が74日と少ないため、自場開催にかかる赤字分を補うことができなかった。そのため、今後開催を続けたとしても、年間約5億円の赤字が見込まれることから、廃止は妥当と結論付けられた。翌2010年3月31日が最後の開催となった花月園競輪場は、59年に亘る歴史にピリオドを打った。競輪 フレッシュアイペディアより)

  • 黒岩祐治

    黒岩祐治から見た松沢成文松沢成文

    2011年3月16日、8日後に告示される神奈川県知事選挙に無所属で出馬する意向を表明した。当初、3選出馬が有力視されていた現職の松沢成文神奈川県知事が東京都知事選挙への出馬を3月1日に表明したため、松沢の都知事選への鞍替えが結果的に黒岩の出馬表明が告示日の直前までずれ込む遠因になった(松沢は一旦は出馬表明したものの、石原慎太郎東京都知事が4選出馬を表明したため最終的に出馬を断念し、石原を支持した)。選挙戦では、自民・民主・公明3党の県連が相乗りし、事実上のオール与党体制での支援が行われた。黒岩の他、前開成町長でみんなの党・神奈川ネットワーク運動推薦の露木順一、日本共産党の鴨居洋子らが県知事選に出馬したが、黒岩は投票総数の55.5%に相当する1,728,862票を獲得し、初当選を果たした。2011年4月23日、正式に神奈川県知事に就任した。黒岩祐治 フレッシュアイペディアより)

70件中 41 - 50件表示

「松沢成文」のニューストピックワード