94件中 41 - 50件表示
  • 2007年の政治

    2007年の政治から見た松沢成文松沢成文

    神奈川県:現職で民主が支援する松沢成文が当選。2007年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 中田宏

    中田宏から見た松沢成文松沢成文

    2009年7月28日、2期目の任期途中で辞職を表明。辞職の理由について、第45回衆議院議員総選挙と同日に横浜市長選挙を行えば、オール与党・相乗り選挙とならないこと、レームダックを避けられること、選挙コストの削減に繋がること、などを挙げたが、中田が推進した開国博Y150が結果的に失敗に終わったり(中田は横浜市長辞職の理由や開国博失敗について自身の責任を著書「政治家の殺し方」で改めて記している)、多数のスキャンダルを報道される中であったため、「投げ出しだ」等の批判が相次いだ。盟友関係にあった神奈川県知事の松沢成文も中田を批判し、横浜市会が求めた開国博Y150失敗究明の中田の参考人招致に賛意を示した。中田は地方自治法第145条の規定に基づき、辞職の届け出から20日を経過した2009年8月17日午前零時をもって、横浜市長を退任した。なお、参考人招致は中田の予定を確認せずセットされたため見送られた。横浜市長退任後は母校である青山学院大学の学長アドバイザー・大学院国際マネジメント研究科評議委員の他、岡山理科大学で客員教授を務める。中田宏 フレッシュアイペディアより)

  • 進歩党 (日本 1987-1993)

    進歩党 (日本 1987-1993)から見た松沢成文松沢成文

    同年4月の統一地方選挙で進歩党公認の中村省司、吉井貫、同推薦の松沢成文が神奈川県議会議員に、同推薦の太田正孝が横浜市議会議員に当選した。進歩党 (日本 1987-1993) フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎洋

    岡崎洋から見た松沢成文松沢成文

    1995年、引退する長洲一二神奈川県知事の後継候補に名前が挙がり、日本共産党を除く与野党各党や連合神奈川の推薦を受けて神奈川県知事選挙に出馬し、初当選を果たした。当時、神奈川県の財政は5期20年間の革新県政により逼迫しており、大蔵官僚出身である岡崎に白羽の矢が立った。知事就任後は神奈川県の困窮した財政運営の舵取り、及び財政再建に向けて自身の知事給与や退職金の大幅なカット、県職員の定数、県の組織数、県債の発行額の3つの削減目標を掲げる等、徹底した行財政改革を推進した他、PFIを全国で初めて考案・実施して民間から資金を調達し、赤字転落を回避する等、神奈川県の財政危機を食い止めるために尽力する。財政再建の手腕が評価され、知事在任中は地方分権推進委員会委員にも推挙された。在任中、東京都・神奈川県・埼玉県の1都2県による「首都圏連合」の構想(土屋義彦埼玉県知事が提唱し、岡崎、石原慎太郎東京都知事が賛同)に加わる。この構想は、後任の松沢成文神奈川県知事及び土屋の後任である上田清司埼玉県知事にも継承された。岡崎洋 フレッシュアイペディアより)

  • 森永卓郎と垣花正の朝はニッポン一番ノリ!

    森永卓郎と垣花正の朝はニッポン一番ノリ!から見た松沢成文松沢成文

    4月9日、「統一地方選開票スペシャル」として一部内容を変更して放送。石原慎太郎東京都知事、都知事選に敗れた浅野史郎、松沢成文神奈川県知事が生出演した。このため「8時のニッポン放送玄関前」はお休みになった。森永卓郎と垣花正の朝はニッポン一番ノリ! フレッシュアイペディアより)

  • 日本創新党

    日本創新党から見た松沢成文松沢成文

    「よい国つくろう!日本志民会議」(現在の「日本を創新する会」)を母体として、2010年(平成22年)4月18日に保守系の地方首長・地方議員らによって結成された。結成記者会見において、上田清司埼玉県知事・松沢成文神奈川県知事・河村たかし名古屋市長など26名の現職・元職地方首長を「応援首長連合」として発表。4月25日には、47名の現職・元職地方議員を政策賛同者として発表した。日本創新党 フレッシュアイペディアより)

  • 改革結集の会

    改革結集の会から見た松沢成文松沢成文

    2015年10月22日、維新の党分裂騒動を巡り、松野頼久執行部の対応に反発した小沢鋭仁、村岡敏英、重徳和彦、小熊慎司の4名が離党届を維新の党に提出し、10月27日に離党が了承された。また、11月18日、日本を元気にする会に所属する山田太郎とともに、政治団体「草莽の会」の結成を総務省に届け出た(山田は元気を離党せず)。12月9日、これを母体として衆議院の院内会派「改革結集の会」が結成される。12月14日には、維新の党離党後、無所属で活動していた鈴木義弘が加わり、政党助成法上の5人以上の国会議員という政党要件を満たしたため、新党を結成する意向を固めた。当初、次世代の党の江口克彦参議院議員や同党を離党して無所属になっていた松沢成文参議院議員との新党も模索していたが、折り合わなかった。改革結集の会 フレッシュアイペディアより)

  • 猪瀬直樹

    猪瀬直樹から見た松沢成文松沢成文

    2012年11月、前神奈川県知事の松沢成文が、11月8日の2012年東京都知事選挙立候補表明で、「公的施設では吸わない人の健康を守る。禁煙か完全分煙」と神奈川県公共的施設における受動喫煙防止条例を持ち出し、喫煙規制強化を述べたことに、猪瀬は、神奈川県は神奈川県議会では吸えていることを指摘し、受動喫煙の防止を問題視した。これに対して、松沢は、県議会は分煙しているとし、さらに猪瀬がパーティ会場で分煙せずに喫煙することを問題視した。猪瀬直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 田中甲

    田中甲から見た松沢成文松沢成文

    1998年(平成10年)、民主党の結成に参加する。1999年(平成11年)に行われた、2度の民主党代表選挙で、1月では松沢成文の推薦人、9月では鳩山由紀夫の推薦人となる。2001年(平成13年)、労働組合の支援を受ける姿勢への不満から離党し、政党・尊命を設立、自らが代表となる。2003年(平成15年)の衆議院選挙で再選を目指したが、古巣である民主党が擁立した村越祐民に敗れ、落選した。田中甲 フレッシュアイペディアより)

  • 和田政宗

    和田政宗から見た松沢成文松沢成文

    2014年11月19日、所属していたみんなの党が解党を決定したため、松沢成文とともに新党結成を模索するが断念し、同月26日、入党要請を受けていた次世代の党に入党。12月25日、政策調査会長に就任した。2015年(平成27年)5月1日、憲法改正を目指す団体「美しい日本の憲法をつくる宮城県民の会」の会長代行に就任した。同年8月28日、次世代の党を離党した松沢の後任として、政調会長と兼務で幹事長に就任。9月25日から30日の6日間、次世代の党党首の平沼赳夫が離党したことに伴い、後任の中山恭子が10月1日に就任するまで、党首代行を務めた。9月30日、次世代の党両院議員総会において翌10月1日からの新役員体制発足が承認され、和田は幹事長、参議院幹事長、政策調査会長、広報局長、青年局長の党役職を兼務することが発表された。しかし翌月の11月11日、同党両院議員総会で幹事長を中野正志に交代する人事が内定し、16日付で和田は幹事長代理とその他の役職の兼任となった。さらに、12月21日の同党議員総会では党名を日本のこころを大切にする党に変更することが決定され、和田は党名継続を主張したが、同日中に総務省への届出とともに改称が実施された。同日、和田は党名変更について「党に所属している以上、決定したことに従うか従わないか」「党内には同じ志を持った仲間もたくさんおり、しっかり考えたい」などとブログに記していた。和田政宗 フレッシュアイペディアより)

94件中 41 - 50件表示