94件中 51 - 60件表示
  • 在日米軍再編

    在日米軍再編から見た松沢成文松沢成文

    この合意に対し、訪米中の神奈川県知事・松沢成文は同日、「憤りを感じる。地元の意向が無視され、極めて遺憾だ」、「政府は地元の意向を尊重すると言うが、結局は一方的に地元に通告するだけだ。何のための日米交渉なのか全く分からない」、「原子力空母配備を当然と考えていたなら、なぜわれわれが(通常艦配備を)要望に行った段階でそう言わないのか」と取材陣に訴え、憤りの表情を隠さなかった。在日米軍再編 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年の政治

    2015年の政治から見た松沢成文松沢成文

    27日 - 次世代の党の松沢成文幹事長が、離党届を提出。2015年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 簗瀬進

    簗瀬進から見た松沢成文松沢成文

    1998年7月の第18回参議院議員通常選挙に鞍替え出馬して当選し、政界に復帰した。1999年1月の民主党代表選挙では松沢成文の推薦人となる。8月、参院本会議で国旗及び国歌に関する法律に反対票を投じた。 9月の党代表選では鳩山の推薦人に名を連ねた。簗瀬進 フレッシュアイペディアより)

  • 杉野正

    杉野正から見た松沢成文松沢成文

    埼玉高速鉄道の社長職を2006年11月16日付けの取締役会で退任し、2007年4月の統一地方選挙神奈川県知事選挙に立候補したものの、現職の松沢成文に大差をつけられ落選。自由民主党神奈川県支部連合会の推薦を得ていたが、自由民主党本部からの推薦や支援はなかった。杉野正 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川県第9区

    神奈川県第9区から見た松沢成文松沢成文

    1996年(平成8年)の第41回衆議院議員総選挙、2003年(平成15年)の第42回衆議院議員総選挙では、中選挙区制時代からこの区域を地盤とした松沢成文(新進党、のち民主党)が議席を確保した。松沢は、2003年(平成15年)4月の第15回統一地方選挙の際に行われた神奈川県知事選挙に衆議院議員を辞職して無所属で出馬し、当選した。同年11月に行われた第43回衆議院議員総選挙では、民主党の笠浩史が当選。2005年(平成17年)には小泉旋風の中、自民党の山内康一が当選、笠は比例復活した。2009年(平成21年)には笠が当選した。2012年(平成24年)の第46回衆議院議員総選挙では、民主党全体に猛烈な逆風が吹き荒れる中、笠が接戦を制し、神奈川県内で唯一の小選挙区の民主党議席を死守した。また、2位の自民党・中山展宏、3位のみんなの党・椎名毅も比例復活した。2014年(平成26年)も笠が当選し、中山が比例復活した。その後2017年(平成29年)に笠は民主党の後継である民進党を離党し同選挙区は与野党空白区となっている。神奈川県第9区 フレッシュアイペディアより)

  • 第195回国会

    第195回国会から見た松沢成文松沢成文

    10月30日 - 参議院で、希望の党所属の中山恭子、行田邦子、松沢成文の3人が会派「希望の党」、元民進党で無所属の藤末健三、平山佐知子が会派「国民の声」をそれぞれ結成した。第195回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 海老名市

    海老名市から見た松沢成文松沢成文

    松沢成文 (みんなの党)海老名市 フレッシュアイペディアより)

  • 前田正子

    前田正子から見た松沢成文松沢成文

    大阪府出身。1982年、早稲田大学教育学部を卒業し、松下幸之助が創設した松下政経塾に入塾(第3期生)。同期に松沢成文(前神奈川県知事)、笹木竜三(民主党衆議院議員)、鈴木淳司、古山和宏、本間正人らがいる。卒塾後、松下政経塾の職員を務める。前田正子 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の日本

    2013年の日本から見た松沢成文松沢成文

    川崎市長選挙で、元県議会議員で元松沢成文前神奈川県知事秘書の無所属新人福田紀彦が、自公民3党推薦候補ら2名を破り初当選。2013年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 1958年

    1958年から見た松沢成文松沢成文

    4月2日 - 松沢成文、政治家1958年 フレッシュアイペディアより)

94件中 51 - 60件表示

「松沢成文」のニューストピックワード