前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
140件中 1 - 10件表示
  • 松沢成文

    松沢成文から見た講談社

    神奈川県川崎市多摩区生田生まれ。川崎市立生田小学校、慶應義塾中等部、慶應義塾高等学校、慶應義塾大学法学部政治学科卒業。中学校から大学まで慶應義塾に通学した。中学時代からラグビーを続け、高校3年時には「オール神奈川選抜チーム」に選ばれた。大学在学中、アメリカに短期留学しグリーンリバー短期大学に在籍した。また、講談社HOT DOG PRESSの海外取材員として、ヨーロッパ、アメリカ、オセアニア諸国を訪問、執筆活動を展開。松沢成文 フレッシュアイペディアより)

  • 松沢成文

    松沢成文から見た田嶋陽子

    2003年2月、民主党を離党し、4月の神奈川県知事選挙に無所属で出馬する意向を表明。選挙戦では盟友関係にあった中田宏横浜市長や同じ保守派の石原慎太郎東京都知事の支援を受け、社会民主党参議院議員の田嶋陽子らを破り、当選を果たした。2007年の知事選では、自由民主党神奈川県連推薦の杉野正(埼玉高速鉄道社長)や日本共産党推薦の鴨居洋子を破り、次点の杉野にトリプルスコアの大差をつける圧勝で再選。多選禁止条例や受動喫煙防止条例の制定を始めとする全国初の先進的な取り組みを推進し、2期8年間で自ら掲げたマニフェストの約8割を達成したとしている。松沢成文 フレッシュアイペディアより)

  • 松沢成文

    松沢成文から見た森田健作森田 健作

    石原慎太郎東京都知事、森田健作千葉県知事、上田清司埼玉県知事とは政策的、思想的に近しい関係にあり、特に石原との関係が深い。また上田は国会議員時代、民主党の同僚議員であった。松沢成文 フレッシュアイペディアより)

  • 松沢成文

    松沢成文から見た河野太郎

    2007年の知事選では、松沢の圧勝が事前に予測されたため、自民党本部は対立候補の擁立を見送ったが、神奈川県連がこの決定に猛反発し、県連推薦で杉野正の擁立を強行。しかし杉野は松沢に惨敗し、対立候補の擁立を強硬に主張した河野太郎県連会長は辞任に追い込まれた。松沢成文 フレッシュアイペディアより)

  • 松沢成文

    松沢成文から見た藤井孝男

    1998年3月2日の衆議院予算委員会において、1997年のC滑走路の完成で24時間化運用可能になった羽田空港を有効に活用するため、早朝・深夜枠で国際線(アジア地域)を設け、国際線・国内線の乗り継ぎができるよう、羽田のハブ空港化を主張し、従来の「成田:国際拠点空港・羽田:国内拠点空港」の考え方から脱却し、「成田:遠距離(欧米)・羽田:近距離(アジア)」のような地域分割による運用へ転換するよう、橋本龍太郎首相や藤井孝男運輸大臣に求めた。松沢成文 フレッシュアイペディアより)

  • 松沢成文

    松沢成文から見たマーガレット・サッチャー

    尊敬する政治家はイギリスのマーガレット・サッチャー元首相。松沢成文 フレッシュアイペディアより)

  • 松沢成文

    松沢成文から見た鳩山由紀夫

    沖縄県の普天間基地移設問題を議題に2010年5月27日、都内で開かれた臨時の全国知事会議で、松沢は鳩山由紀夫首相に対し、集団的自衛権などに関する認識をただし、普天間問題を巡る政府の対応を厳しく批判した。松沢は普天間問題を巡る日米両政府間の交渉で、日本側が在日米軍基地内の環境問題に関する「環境特別協定」を求めたことについて「(米軍施設を抱える14都道県で構成する)「渉外関係主要都道県知事連絡協議会」が提案していたこの協定を、相談もなく持ち出し、米国に軽くけられた。我々は収まらない」と強く抗議した。鳩山は「この協定は非常に重要だ。ぜひ、ご指導いただきたい」と応じたが、渉外知事会会長も務める松沢は会議終了後、記者団に「我々が米国まで行って根回ししてきた案を、一番不利な交渉の場で、最悪のタイミングで出した。こんなに戦略性のない政府だと、国民は危機にさらされる」「政府の交渉は最悪で無能としか言いようがない」とコメント。松沢はこのほか、沖縄の自衛隊を増強し駐留米軍を減らすことで地元負担を軽減することや、集団的自衛権の政府解釈変更で抑止力を強化することなどを首相に提案したが、前向きな回答は得られなかった。松沢成文 フレッシュアイペディアより)

  • 松沢成文

    松沢成文から見た石原伸晃

    2011年の神奈川県知事選でも3選が確実視されていたが、3選をめざさず、石原慎太郎都知事の後任者として東京都知事選挙への出馬を表明する。しかし、突然の理由無き候補地鞍替えに対して都民の目は厳しく、松沢の当選が厳しいという世論調査の結果が出たことから、危機感を抱いた自民党市議から石原出馬要請が持ち上がった。一時は不出馬が有力視されていた石原慎太郎知事は、長男で当時自由民主党幹事長職にあった石原伸晃への次期自民党総裁選挙での支持・協力を担保として、石原幹事長らの説得を受ける形で4選出馬を表明した。梯子を外される形となった松沢は、自身の都知事選出馬を撤回し、2期8年で神奈川県知事を退任した。松沢成文 フレッシュアイペディアより)

  • 松沢成文

    松沢成文から見た小泉純一郎

    郵政民営化を積極的に推進した人物の1人。1999年5月、松沢の呼びかけで超党派による「郵政民営化研究会」が発足し、会長には小泉純一郎(翌々年に首相に就任)、事務局長に松沢が就任した。発足当初の17名から31名に規模が拡大し、郵政民営化論議が本格的にスタートする以前から、民営化に向けてこの研究会が推進母体的な役割を担った。1999年11月には小泉、松沢の共著で「郵政民営化 日本再生の大改革」を出版している。松沢成文 フレッシュアイペディアより)

  • 松沢成文

    松沢成文から見た簗瀬進

    1997年末の新進党解党に伴い、国民の声に参加。民政党を経て、民主党に合流した。1999年、民主党代表選挙に枝野幸男、上田清司、簗瀬進、前原誠司、田中甲、岩國哲人、奥田建ら当選回数の少ない議員らに推されて立候補。代表選は菅直人代表の圧勝に終わったものの、大方の予想を上回る51票を獲得し、善戦した。2000年、第42回衆議院議員総選挙で3選。松沢成文 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
140件中 1 - 10件表示

「松沢成文」のニューストピックワード