140件中 21 - 30件表示
  • 松沢成文

    松沢成文から見たぎょうせい

    『最年少議員の奮闘記−地方からの政治改革−』 (ぎょうせい)1991年松沢成文 フレッシュアイペディアより)

  • 松沢成文

    松沢成文から見たファイザー

    日本初の不特定多数が集まる、室内空間での喫煙規制である神奈川県公共的施設における受動喫煙防止条例を制定。この条例は「禁煙条例」ではなく、受動喫煙による健康への悪影響を防止し、人々が自らの意思で受動喫煙を避けられる環境整備を促進することなどを目指す条例であり、たばこを吸いたい人を規制するのでなく、たばこの煙を吸いたくない人を守る条例である。制定にあたっては、飲食店やパチンコ店、ホテルなど経営者らと膝詰めの討議を交わし、タウンミーティングには1,000名を越える参加者が集まり議論がなされた。2011年4月、条例施行から1年を経過した時点での意識調査(ファイザー株式会社)によると、神奈川県民の87.3%が条例に賛成、他の都道府県民でも83.1%が同様の条例の導入に賛成と答えている。松沢成文 フレッシュアイペディアより)

  • 松沢成文

    松沢成文から見た文藝春秋

    受益に応じた負担を無視したふるさと納税制度 格差是正の効果なし (日本の論点2008 文藝春秋編)松沢成文 フレッシュアイペディアより)

  • 松沢成文

    松沢成文から見たTOKYO MX

    松沢しげふみの日本の標(しるべ) (TOKYO MX松沢成文 フレッシュアイペディアより)

  • 松沢成文

    松沢成文から見た杉野正

    2003年2月、民主党を離党し、4月の神奈川県知事選挙に無所属で出馬する意向を表明。選挙戦では盟友関係にあった中田宏横浜市長や同じ保守派の石原慎太郎東京都知事の支援を受け、社会民主党参議院議員の田嶋陽子らを破り、当選を果たした。2007年の知事選では、自由民主党神奈川県連推薦の杉野正(埼玉高速鉄道社長)や日本共産党推薦の鴨居洋子を破り、次点の杉野にトリプルスコアの大差をつける圧勝で再選。多選禁止条例や受動喫煙防止条例の制定を始めとする全国初の先進的な取り組みを推進し、2期8年間で自ら掲げたマニフェストの約8割を達成したとしている。松沢成文 フレッシュアイペディアより)

  • 松沢成文

    松沢成文から見た上田清司

    1997年末の新進党解党に伴い、国民の声に参加。民政党を経て、民主党に合流した。1999年、民主党代表選挙に枝野幸男、上田清司、簗瀬進、前原誠司、田中甲、岩國哲人、奥田建ら当選回数の少ない議員らに推されて立候補。代表選は菅直人代表の圧勝に終わったものの、大方の予想を上回る51票を獲得し、善戦した。2000年、第42回衆議院議員総選挙で3選。松沢成文 フレッシュアイペディアより)

  • 松沢成文

    松沢成文から見た2011年東京都知事選挙

    2011年の知事選にも3選出馬が有力視されていたが、2011年3月1日に東京都知事選挙への出馬を表明する。4選不出馬が有力視されていた石原慎太郎知事の事実上の後継候補であったが、石原が3月11日に東京都議会で4選出馬を表明したため、石原の立候補を支持し、14日に出馬を撤回した。松沢成文 フレッシュアイペディアより)

  • 松沢成文

    松沢成文から見た松下政経塾

    大学卒業後の1982年4月、松下政経塾に入塾(第3期生)。同期生には鈴木淳司、笹木竜三、前田正子らがいる。松下政経塾在籍中の1984年、米国ワシントンDCにて、ベバリー・バイロン連邦下院議員の政策スタッフとして活動、翌1985年には、メリーランド州にて、スティーブ・サックス州司法長官のスタッフとしてアメリカ民主政治を実践研究する。その経験をもとに、『この目で見たアメリカ連邦議員選挙』(中公新書)を出版。1987年に卒塾。松沢成文 フレッシュアイペディアより)

  • 松沢成文

    松沢成文から見た自衛隊

    1999年に民主党代表選挙に出馬した際、日本国憲法の改正を公約に掲げた。当時は北朝鮮による工作船事件が世論の関心を集めており、国民の外交・安全保障に対する考え方も少しずつ変化を見せ始めていた。日本国憲法第9条の改正や集団的自衛権の行使、自衛隊の増強にも積極的である。松沢成文 フレッシュアイペディアより)

  • 松沢成文

    松沢成文から見たPHP研究所

    『永田町からの政治論 −日本の課題を理解するために−』 (PHP研究所)1996年松沢成文 フレッシュアイペディアより)

140件中 21 - 30件表示

「松沢成文」のニューストピックワード