190件中 81 - 90件表示
  • 松沢成文

    松沢成文から見た地方分権

    日本が国際競争に打ち勝つためには、地方分権型国家に「国のかたち」を改めるべきと道州制導入を主張している。地方自治基本法の提案や道州制の実現に向けた要請・提案活動など活発に活動。同時に市民の生活圏域や企業の活動域はひとつの都県に留まらず首都圏一体となっているため、首都圏全体を統括する行政組織を作るべきと「首都圏連合」を提唱。松沢成文 フレッシュアイペディアより)

  • 松沢成文

    松沢成文から見た喫煙

    日本初の不特定多数が集まる、室内空間での喫煙規制である神奈川県公共的施設における受動喫煙防止条例を制定。この条例は「禁煙条例」ではなく、受動喫煙による健康への悪影響を防止し、人々が自らの意思で受動喫煙を避けられる環境整備を促進することなどを目指す条例であり、タバコを喫煙したい人を規制するのでなく、たばこの煙を吸いたくない人を守る条例である。制定にあたっては、飲食店やパチンコ店、ホテルなど経営者らと膝詰めの討議を交わし、タウンミーティングには1,000名を越える参加者が集まり議論がなされた。2011年4月、条例施行から1年を経過した時点での意識調査(ファイザー株式会社・処方箋医薬品である、禁煙薬チャンピックスの製造販売元)によれば、神奈川県民の87.3%が条例に賛成、他の都道府県民でも83.1%が同様の条例の導入に賛成と答えている。松沢成文 フレッシュアイペディアより)

  • 松沢成文

    松沢成文から見たマニフェスト

    2003年2月、民主党を離党し、4月の神奈川県知事選挙に無所属で出馬する意向を表明。選挙戦では盟友関係にあった中田宏横浜市長や同じ保守派の石原慎太郎東京都知事の支援を受け、社会民主党参議院議員の田嶋陽子らを破り、当選を果たした。2007年の知事選では、自由民主党神奈川県連推薦の杉野正(埼玉高速鉄道社長)や日本共産党推薦の鴨居洋子を破り、次点の杉野にトリプルスコアの大差をつける圧勝で再選。多選禁止条例や受動喫煙防止条例の制定を始めとする全国初の先進的な取り組みを推進し、2期8年間で自ら掲げたマニフェストの約8割を達成したとしている。松沢成文 フレッシュアイペディアより)

  • 松沢成文

    松沢成文から見た2009年

    2009年2月、犯罪の被害にあった人を支援するために神奈川県犯罪被害者等支援条例を制定。松沢成文 フレッシュアイペディアより)

  • 松沢成文

    松沢成文から見たマガジンランド

    『もしも国民が首相を選んだら』 (マガジンランド)2012年松沢成文 フレッシュアイペディアより)

  • 松沢成文

    松沢成文から見たぎょうせい

    『最年少議員の奮闘記−地方からの政治改革−』 (ぎょうせい)1991年松沢成文 フレッシュアイペディアより)

  • 松沢成文

    松沢成文から見た教育出版センター

    『どこへ行く高等学校』 (教育出版センター)1993年松沢成文 フレッシュアイペディアより)

  • 松沢成文

    松沢成文から見た毎日ワンズ

    『私が吉本に入った本当の理由』 (毎日ワンズ) 2012年松沢成文 フレッシュアイペディアより)

  • 松沢成文

    松沢成文から見たPHP研究所

    『永田町からの政治論 −日本の課題を理解するために−』 (PHP研究所)1996年松沢成文 フレッシュアイペディアより)

  • 松沢成文

    松沢成文から見た埼玉高速鉄道

    2003年2月、民主党を離党し、4月の神奈川県知事選挙に無所属で出馬する意向を表明。選挙戦では盟友関係にあった中田宏横浜市長や同じ保守派の石原慎太郎東京都知事の支援を受け、社会民主党参議院議員の田嶋陽子らを破り、当選を果たした。2007年の知事選では、自由民主党神奈川県連推薦の杉野正(埼玉高速鉄道社長)や日本共産党推薦の鴨居洋子を破り、次点の杉野にトリプルスコアの大差をつける圧勝で再選。多選禁止条例や受動喫煙防止条例の制定を始めとする全国初の先進的な取り組みを推進し、2期8年間で自ら掲げたマニフェストの約8割を達成したとしている。松沢成文 フレッシュアイペディアより)

190件中 81 - 90件表示

「松沢成文」のニューストピックワード