前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
77件中 1 - 10件表示
  • 小室哲哉

    小室哲哉から見た松浦勝人松浦勝人

    2009年1月21日に大阪地方裁判所にて初公判、3月12日に第2回公判が行われ、小室側が遅延損害金を含む計6億4800万円を被害者側に振り込んだことが明らかになった(2009年3月10日に解決金を含めて6億5000万円をエイベックス・グループ・ホールディングス社長の松浦勝人が立て替え払いを行い、被害者に完済した)。お金を振り込んだ後、被害者側に謝罪の手紙を送っているが被害者側に受け取りを拒否されている。なお、この被害者に送るつもりだった謝罪文は第三回公判の際に、小室自身により読み上げられた。被害者側との示談交渉においては、情状証人として出廷した松浦は「示談を申し込んだが“できない、誠意が足りない”と弁護士から聞かされた。“誠意が足りないとはどういうことか”と代理人に尋ねたら“お金だ”と聞き、非常にショックを受けた。」と証言したが、被害男性は「そのようなことは一切言っていない」と否定し、「民事裁判で和解が成立して決着している。」と話している。なお、SNSのmixiでは2008年11月から「小室哲哉氏の復活を願う会」というコミュニティが457人を集めたり、mixiのサポートを受けての紙ベースの署名活動も行われていた。(署名TVでも行われていた。)さらに小室の母親やマネージャー、弁護士の了解を得た上で署名活動と平行して裁判所への提出もありうるという大前提で小室に対して手紙を書く「小室哲哉さんへの手紙」という活動も行われていたりと、復帰待望論が起き、小室の減刑を望む動きは、音楽業界や音楽業界関係者からもあり、実際に減刑嘆願書を出した音楽業界関係者もいた。第3回公判は4月23日に行われて結審。小室哲哉 フレッシュアイペディアより)

  • max matsuura 仕事が遊びで遊びが仕事

    max matsuura 仕事が遊びで遊びが仕事から見た松浦勝人松浦勝人

    max matsuura(エイベックス・グループ・ホールディングス代表取締役社長、放送期間中に代表取締役社長CEOに)max matsuura 仕事が遊びで遊びが仕事 フレッシュアイペディアより)

  • girl next door

    girl next doorから見た松浦勝人松浦勝人

    エイベックスが全社を挙げてプロデュースを行っており、同社代表取締役の松浦勝人が中心となってプロデュースに参加している。girl next door フレッシュアイペディアより)

  • 五十嵐充

    五十嵐充から見た松浦勝人松浦勝人

    「エイベックス」創業者の一人である松浦勝人が、当時経営していた貸レコード店「友&愛」上大岡店でアルバイトとして勤務していた。これが縁で松浦と親交を深めていった。後に上大岡店の店長となる。五十嵐充 フレッシュアイペディアより)

  • MAX MATSUURA

    MAX MATSUURAから見た松浦勝人松浦勝人

    MAX MATSUURA フレッシュアイペディアより)

  • MAX松浦

    MAX松浦から見た松浦勝人松浦勝人

    MAX松浦 フレッシュアイペディアより)

  • マックス松浦

    マックス松浦から見た松浦勝人松浦勝人

    マックス松浦 フレッシュアイペディアより)

  • 松浦真在人

    松浦真在人から見た松浦勝人松浦勝人

    松浦真在人 フレッシュアイペディアより)

  • Max Matsuura

    Max Matsuuraから見た松浦勝人松浦勝人

    Max Matsuura フレッシュアイペディアより)

  • Matsuura Max

    Matsuura Maxから見た松浦勝人松浦勝人

    Matsuura Max フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
77件中 1 - 10件表示

「松浦勝人」のニューストピックワード