前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
83件中 1 - 10件表示
  • 小室哲哉

    小室哲哉から見た松浦勝人松浦勝人

    1991年頃、松浦勝人と対面した際に松浦からTMの楽曲をユーロビート調にアレンジしたリミックスアルバム「TMN SONG MEETS DISCO STYLE」の企画を持ちかけられたときに「TMの作品が初回プレスは売り切っても、バックオーダーが発生しないから楽曲がファン以外に広がらず、カラオケでもディスコでも渡辺美里さんの曲しかかからない」という危惧・諦めからTMの固定ファンを「15万個の消しゴム」と例える様になり、当時新興で軌道に乗り始めていたエイベックスからの誘いには最初は及び腰だった。だが松浦の「だったらTMの楽曲がかからない様な所をターゲットにすればいいじゃないですか。絶対格好悪くならない様にしますから」と勧められた事もあり、1992年から自分のベースの一つであるダンス・ミュージックが「どうしたらそのジャンルが大好きな固定ファンから不特定多数の大衆に広がるか」をDJとして全国を回り音色・出演メンバーに対する若者の反応を確かめ、オーディションの審査員を務め、地道にスタジオで作曲活動をする等の試行錯誤をしていた。ダンス・ミュージックを主軸に打ち込み始めた理由として、1970?80年代のシンセサイザーだとどうしても難しいプログラミングが出来ないため、やむを得ず「メロディーとリズムが戻ってくる」パターンを作って繰り返さなければならず「流れが流暢でドラマチックで起承転結のある日本の歌謡曲」「尾崎豊さんの様な涙・汗・エモーショナルな楽曲が名曲」と若者に受け入れられていた世間に対して、どうやったら反復が多くて無機質なダンス・ミュージックにロック・ミュージックに対抗できるパワーを持たせるか、音楽業界に入り込むかを考えていた。小室哲哉 フレッシュアイペディアより)

  • 浜崎 あゆみ

    浜崎あゆみから見た松浦勝人松浦勝人

    また、2004年にエイベックスの経営方針を巡って当時の専務松浦勝人と依田巽会長が争った際には、浜崎あゆみの言動が大きな影響を与えた(詳細は「エイベックスお家騒動」参照)。浜崎あゆみ フレッシュアイペディアより)

  • max matsuura 仕事が遊びで遊びが仕事

    max matsuura 仕事が遊びで遊びが仕事から見た松浦勝人松浦勝人

    max matsuura(エイベックス・グループ・ホールディングス代表取締役社長、放送期間中に代表取締役社長CEOに)max matsuura 仕事が遊びで遊びが仕事 フレッシュアイペディアより)

  • 五十嵐充

    五十嵐充から見た松浦勝人松浦勝人

    「エイベックス」創業者の一人である松浦勝人が、当時経営していた貸レコード店「友&愛」上大岡店でアルバイトとして勤務していた。これが縁で松浦と親交を深めていった。後に上大岡店の店長となる。五十嵐充 フレッシュアイペディアより)

  • girl next door

    girl next doorから見た松浦勝人松浦勝人

    エイベックスが全社を挙げてプロデュースを行っており、同社代表取締役の松浦勝人が中心となってプロデュースに参加している。girl next door フレッシュアイペディアより)

  • MAX MATSUURA

    MAX MATSUURAから見た松浦勝人松浦勝人

    MAX MATSUURA フレッシュアイペディアより)

  • MAX松浦

    MAX松浦から見た松浦勝人松浦勝人

    MAX松浦 フレッシュアイペディアより)

  • マックス松浦

    マックス松浦から見た松浦勝人松浦勝人

    マックス松浦 フレッシュアイペディアより)

  • 松浦真在人

    松浦真在人から見た松浦勝人松浦勝人

    松浦真在人 フレッシュアイペディアより)

  • Max Matsuura

    Max Matsuuraから見た松浦勝人松浦勝人

    Max Matsuura フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
83件中 1 - 10件表示

「松浦勝人」のニューストピックワード