77件中 61 - 70件表示
  • Do As Infinity

    Do As Infinityから見たMAX MATSUURA松浦勝人

    Do As Infinity(ドゥ・アズ・インフィニティ)は日本の音楽グループである。グループ名には「無限の広がり」という意味が込められている。エイベックス(avex trax)所属。メインプロデューサーはMAX MATSUURA(松浦勝人)。Do As Infinity フレッシュアイペディアより)

  • globe

    globeから見た松浦勝人松浦勝人

    2001年9月11日のアメリカの同時多発テロを受け、被害地の一刻も早い復興の願いをこめ、『songnation(一部、song+nationと表記)』というプロジェクトを小室哲哉およびMAX松浦を中心として発足し、チャリティーCDを発売。その第一弾にKEIKOが、ayumi hamasaki & keiko 名義で「a song is born」を発売した。globe フレッシュアイペディアより)

  • AAA

    AAA (音楽グループ)から見た松浦勝人松浦勝人

    AAA(トリプル・エー)は、日本の音楽グループで、男女7人組(2005年?2007年6月11日は8人での活動)のパフォーマンスグループ。グループ名はAttack All Around(アタック・オール・アラウンド)の頭文字をとったもので、「すべてのことに挑戦する」という意味が込められている。エイベックス所属。プロデューサーはmasato max matsuuraAAA (音楽グループ) フレッシュアイペディアより)

  • MAX

    MAX (音楽グループ)から見た松浦勝人松浦勝人

    沖縄アクターズスクール出身のダンス・ボーカルグループ。SUPER MONKEY'Sから安室奈美恵を除く4名によって結成された。「MAX」というグループ名は、現エイベックス社長松浦勝人のニックネーム“マックス松浦”に所以し、また、「Musical(音楽的な)」、「Active(活動的な)」、「eXperience(経験、体験)」の頭文字の略でもあり「バラバラだけど1つ」のMAXを理想とする。キャッチコピーは「95年型ピンクレディー」。MAX (音楽グループ) フレッシュアイペディアより)

  • ユーロビート

    ユーロビートから見た松浦勝人松浦勝人

    その後、エイベックスから「スーパーユーロビート」(1989年〜)「ユーロビートフラッシュ」(1995〜1998年)、「ユーロマッハ!」(1999〜2002年)というコンピレーションCDシリーズが発売され始め、「スーパーユーロビート」は現在でも続いている長寿シリーズとなっている。松浦勝人が直接イタリアのユーロビート・レーベルと契約し商業的な成功に導いたが、前述のとおり世界的にユーロビート全体の人気は落ち目な為、これらのレーベルの作品は、現在ほとんど日本国内で消費されているのみであり、日本国内でのみ人気のあるジャンルをイタリアのレーベルが長年に亘って制作しつづけるという珍しい現象が起きている。ユーロビート フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤一朗

    伊藤一朗から見た松浦勝人松浦勝人

    ELTは当初、持田香織がソロ・デビューする予定だったが、松浦勝人の勧めにより、五十嵐と持田の2人のユニットでデビューする予定になり、五十嵐がユニットに伊藤を入れたいと松浦に申し入れ、招かれた。1996年8月にCDデビュー。伊藤一朗 フレッシュアイペディアより)

  • のまネコ問題

    のまネコ問題から見た松浦勝人松浦勝人

    10月1日、松浦勝人宅に対する放火を仄めかす文章が2ちゃんねる内掲示板に書き込まれる。エイベックスは被害届を出すことを表明。このような犯行予告が以後も連続することにより、ワイドショーを中心にメディアで取り上げられる。のまネコ問題 フレッシュアイペディアより)

  • 角松 敏生

    角松敏生から見た松浦勝人松浦勝人

    同時期、小室哲哉によるプロデューサー・ブームに便乗しての新人ボーカリスト発掘プロジェクト、VOCALANDを立ち上げる。仕掛けたのは、起業する前から角松のファンだったという松浦勝人で、氏のレコード会社のエイベックスで展開する。時流に乗ったことで、これは話題になり、アルバム『VOCALAND』もヒット。それを受けて角松用にエイベックスのなかでavex ideakというレーベルが作られるも、エイベックス側の会社組織再編の影響を受け、1997年を以て終わる。角松敏生 フレッシュアイペディアより)

  • alan

    alanから見た松浦勝人松浦勝人

    2006年4月にエイベックスがアジア進出に向け北京で開催した「avex China新人発掘オーディション」で軍服姿で二胡を演奏しながら歌を披露する彼女の姿が同社長の松浦勝人や審査員の目をくぎ付けにした。オーディションで歌った歌は安室奈美恵の「NEVER END」と夏川りみの「涙そうそう」。「涙そうそう」では得意の二胡を披露している。オーディション時に着用していた軍服は学校の制服であった。alan フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の音楽

    2004年の音楽から見た松浦勝人松浦勝人

    1日 エイベックスのお家騒動が勃発。結果的に依田巽会長が辞任、松浦勝人が社長に就任する。2004年の音楽 フレッシュアイペディアより)

77件中 61 - 70件表示

「松浦勝人」のニューストピックワード