23件中 11 - 20件表示
  • 小見山幸治

    小見山幸治から見た松田岩夫松田岩夫

    岐阜県岐阜市生まれ。1969年ゆりかご幼稚園卒園、岐阜県立岐阜商業高等学校、福島大学経済学部卒業。自民党参議院議員松田岩夫の秘書を経て、松田の政界引退にともない、2010年(平成22年)3月1日に、松田の選挙区であった岐阜県選挙区で当時政権与党であった民主党から立候補することを表明するが、自民党岐阜県連は、小見山が発表の時点でまだ自民党籍を持ったままだったことを非難し、翌2日、小見山が提出した離党届を受理せず、松田と小見山をともに除名処分にした。小見山幸治 フレッシュアイペディアより)

  • 青柳陽一郎

    青柳陽一郎から見た松田岩夫松田岩夫

    東京都中野区生まれ。小学校3年生の時に神奈川県横浜市保土ヶ谷区へ転居し、横浜市立常盤台小学校、横浜市立保土ヶ谷中学校、日本大学高等学校、日本大学法学部政治経済学科卒業。1993年、松田岩夫衆議院議員事務所に入所し、松田の私設秘書を務める。1998年より松田の公設秘書。2005年、松田が第3次小泉改造内閣で内閣府特命担当大臣に任命されたのに伴い、大臣秘書官を務める。2011年、早稲田大学大学院公共経営研究科に入学。青柳陽一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 岐阜県第1区

    岐阜県第1区から見た松田岩夫松田岩夫

    小選挙区導入後初の総選挙となった、1996年の第41回衆議院議員総選挙では、当時自民党では唯一の女性衆議院議員として注目された野田聖子、そして通産省官僚出身で、自民党公認で初当選したものの離党し新生党を経て新進党公認となった松田岩夫、中選挙区時代から社会党から非自民系代議士として旧岐阜1区で当選を重ね、自社連立政権では内閣官房副長官を務めた後旧民主党に転じた渡辺嘉蔵、の3人の前職が対決する激しい選挙戦を繰り広げた。自民党を離党した松田への反発や自民党岐阜県連に大きな影響力を持っている自民党岐阜市連が結束して全面支援したこともあり野田が当選、松田・渡辺は落選した。岐阜県第1区 フレッシュアイペディアより)

  • 堺屋太一

    堺屋太一から見た松田岩夫松田岩夫

    1960年4月に通商産業省入省。入省同期に、熊野英昭(元事務次官)、松田岩夫、初代経済産業研究所所長の岡松壮三郎らがいる。通産省時代は部下が家まで起こしに行くなど個性派であった。堺屋太一 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井孝男

    藤井孝男から見た松田岩夫松田岩夫

    2005年7月5日、郵政国会で反対票を投じた。このため同年9月11日の第44回衆議院議員総選挙では自由民主党の公認を得られず無所属で出馬。同党公認で出馬した金子に惜敗。その後自民党から正式に離党勧告処分が下り、離党する(野田聖子・佐藤ゆかり・金子一義・古屋圭司・松田岩夫の項も参照)。藤井孝男 フレッシュアイペディアより)

  • 嘘つき解散

    嘘つき解散から見た松田岩夫松田岩夫

    (賛成)羽田孜、小沢一郎、奥田敬和、左藤恵、佐藤守良、渡部恒三、石井一、中島衛、愛野興一郎、愛知和男、船田元、熊谷弘、中西啓介、二階俊博、北村直人、畑英次郎、魚住汎英、仲村正治、金子徳之介、前田武志、粟屋敏信、古賀正浩、村井仁、井上喜一、岡島正之、井奥貞雄、高橋一郎、藤井裕久、星野行男、松田岩夫、杉山憲夫、岡田克也、増田敏男、松浦昭(解散後、出馬せず引退)。計34人。嘘つき解散 フレッシュアイペディアより)

  • 第1次小泉内閣

    第1次小泉内閣から見た松田岩夫松田岩夫

    経済産業副大臣 - 古屋圭司、大島慶久:2001年(平成13年)9月21日/松田岩夫:2001年(平成13年)9月21日第1次小泉内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 第2次森内閣 (改造 中央省庁再編前)

    第2次森内閣 (改造 中央省庁再編前)から見た松田岩夫松田岩夫

    通商産業総括政務次官 - 中山成彬、松田岩夫第2次森内閣 (改造 中央省庁再編前) フレッシュアイペディアより)

  • 宮澤内閣

    宮澤内閣から見た松田岩夫松田岩夫

    文部政務次官 - 松田岩夫宮澤内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 平成研究会

    平成研究会から見た松田岩夫松田岩夫

    3月 - 松田岩夫が除名処分を受ける。鳩山が離党。平成研究会 フレッシュアイペディアより)

23件中 11 - 20件表示