57件中 11 - 20件表示
  • 上野良治

    上野良治から見た松田直樹松田直樹

    人柄としては、多くを語らない寡黙な人物で、松田直樹によれば、F・マリノスが残留争いに巻き込まれていた2001年、選手同士の本音をぶつけ合うべく選手間ミーティングを開催したが、上野が挙手する際にはミーティング室がどよめきに包まれたという(『闘争人』P130より)。同様に坂田大輔もインタビューで「試合でミスしたときに上野さんは必ずこっちを見る。何も喋らないが、無言の圧力が怖かった」という(週刊サッカーダイジェスト2009年1月20日号)。上野良治 フレッシュアイペディアより)

  • 2002 FIFAワールドカップ日本代表

    2002 FIFAワールドカップ日本代表から見た松田直樹松田直樹

    監督はフランス人のフィリップ・トルシエ。フランス大会直後の1998年9月に就任して以降、ユース代表・シドニーオリンピック代表監督を兼任し、若い世代の選手達の育成に尽力。ひいてはA代表メンバーの底上げを図った。本大会のメンバーは、シドニー世代で25歳の中田英寿・松田直樹・宮本恒靖らを中心に据え、22歳の小野伸二・稲本潤一ら「黄金世代」とも呼ばれる1979年度生まれが5人を占めており、若手が多く起用された。また、前回大会メンバーである中山雅史・秋田豊の両ベテランの選出と、国内で評判の高かったフリーキックの名手である中村俊輔が落選したことは大きな波紋を呼んだ。エースストライカーとして期待されていた高原直泰は、大会直前にエコノミークラス症候群(肺血栓塞栓症)を発症し出場を断念している。2002 FIFAワールドカップ日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 橋本淳 (サッカー選手)

    橋本淳 (サッカー選手)から見た松田直樹松田直樹

    東北学院高校時代にはU-17サッカー日本代表に選出され、FIFA U-17世界選手権に出場。チームメイトには戸田和幸、松田直樹、中田英寿、宮本恒靖らがいる。橋本淳 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • アトランタオリンピックにおけるサッカー競技

    アトランタオリンピックにおけるサッカー競技から見た松田直樹松田直樹

    また、23歳以下の選手では、ロベルト・アジャラ、ハビエル・サネッティ、エルナン・クレスポ、アリエル・オルテガ、クラウディオ・ロペス(以上アルゼンチン)、ラウール・ゴンサレス、ガイスカ・メンディエタ、フェルナンド・モリエンテス(以上スペイン)、ロベール・ピレス、クロード・マケレレ、パトリック・ヴィエラ、シルヴァン・ヴィルトール(以上フランス)、マーク・ビドゥカ(オーストラリア)、崔龍洙、尹晶煥(以上韓国)、サミュエル・クフォー(ガーナ)、アレッサンドロ・ネスタ、ファビオ・カンナバーロ、ジャンルイジ・ブッフォン(以上イタリア)、中田英寿、川口能活、松田直樹(以上日本)、ロナウド、ロベルト・カルロス、ジュニーニョ・パウリスタ、ジーダ(以上ブラジル)、ヌワンコ・カヌ(ナイジェリア)など、その後のサッカー界のスターダムに昇る選手が多数参加していた。アトランタオリンピックにおけるサッカー競技 フレッシュアイペディアより)

  • 清水範久

    清水範久から見た松田直樹松田直樹

    榛名町立第一小学校時代にサッカー部に入部してサッカーを始め、榛名町立榛名中学校に進学後、強豪校ではなかったものの、県内サッカー協会関係者の目に留まりトレセンで県選抜に選出されたのをきっかけに県内での知名度が上がる。その後群馬県屈指の強豪・群馬県立前橋商業高等学校(ライバルの前橋育英高等学校の同級生には松田直樹がいた)に入学しレギュラーの座を獲得。持ち前のスピードがスカウトの目に留まり、1995年にジュビロ磐田に入団した。同期入団は名波浩、福西崇史、山西尊裕。清水範久 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田聡 (サッカー選手)

    藤田聡 (サッカー選手)から見た松田直樹松田直樹

    1993年に行なわれたU-17世界選手権では、中田英寿、財前宣之、宮本恒靖、松田直樹らと共にプレー。100メートル11秒台の快足が武器のMF。藤田聡 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • マイアミの奇跡

    マイアミの奇跡から見た松田直樹松田直樹

    スカウティング担当松永英機やブラジル人GKコーチのジョゼ・マリオ(後に仏W杯日本代表や柏レイソル等でもGKコーチを務めた)が事前にブラジル入りして偵察し、ブラジル五輪代表の試合の映像を入手した。また、ブラジルの新聞を取り寄せ、細かな情報まで仕入れるなど綿密なスカウティングを行った。それを元に、スタメン(先発出場選手)や交代のパターンを予想した。ブラジル五輪代表の2トップの内、スピードがあるFWベベットにはDF鈴木秀人をマークにあてることにした。2トップのもう一人のFWサヴィオは、試合が接戦になった場合、サヴィオから、足元も上手く、高さもあるFWロナウジーニョ(所謂ロナウド)に交代することが予想された為(ベベットは戦力アップの為に加えられたオーバーエイジなので交代させないと予想)、その対応を考え、最初からサヴィオのマークに空中戦も強いDF松田直樹をあてることにした。実際に試合ではスタメンも交代パターンも予想通りであった。また、GKコーチのジョゼ・マリオは、強烈な左足でのシュートが武器の左サイドバックのロベルト・カルロスのシュートパターンや、シュートの軌道を日本の正GK川口能活に徹底的に叩き込んだ。このように守備面で万全の手を打つ一方で、攻撃面では打てる手は少なかった。唯一、ブラジル五輪代表にはセンターバックのアウダイールがオーバーエイジとして加入したていたが、直前での加入だったためGKジーダとの連係面に不安を抱えていた。さらに、アウダイールは経験豊富だが、反面スピードが無く、もう一人のCBロナウド・ギアロ(大会登録名ロナウド)も同様に比較的スピードが無かった為、ブラジルCB2人の背後のスペースは数少ない狙い目だと日本五輪代表選手たちに伝えていた。マイアミの奇跡 フレッシュアイペディアより)

  • 引退試合

    引退試合から見た松田直樹松田直樹

    上記以外に、選手契約解除後のプレシーズンマッチなどで非公式に行ったり、現役最後のホームゲームを引退試合と位置付け、セレモニーを行う場合もある(主に小倉隆史、アマラオ、森島寛晃など)。また、現役期間中に死去した松田直樹に対しては「追悼試合」という形で引退試合を行った。引退試合 フレッシュアイペディアより)

  • 1977年のスポーツ

    1977年のスポーツから見た松田直樹松田直樹

    3月14日 - 松田直樹(群馬県、サッカー、+2011年)1977年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 逢いたい (ゆずの曲)

    逢いたい (ゆずの曲)から見た松田直樹松田直樹

    「シシカバブー」に引き続いてドラマ主題歌で、NHKタイアップはアテネオリンピックテーマソングとなった「栄光の架橋」以来約4年半ぶりとなる。2008年に亡くなった北川悠仁の父への想いを唄った曲である。2012年1月22日に行われたサッカーの松田直樹選手のメモリアルゲームでこの曲を熱唱した。逢いたい (ゆずの曲) フレッシュアイペディアより)

57件中 11 - 20件表示

「松田直樹」のニューストピックワード