65件中 31 - 40件表示
  • 菅原智

    菅原智から見た松田直樹松田直樹

    生前の松田直樹とは同年代の仲良しで、自身のブログに度々登場していた。菅原智 フレッシュアイペディアより)

  • 安永聡太郎

    安永聡太郎から見た松田直樹松田直樹

    横浜Fマリノス同期入団の松田直樹とは無二の親友。松田の突然の逝去の折、その告別式で弔辞を読んだ。火葬の際、松田が生前右ひざの手術で足に入れたボルトが出てきて、安永はそのボルトを遺族から形見として受け取った。安永は「このボルトは直樹を苦しめていた痛みを救ってくれたもので、直樹の熱い想いも支えてくれたもの。これにありがとうと言いたい」と、松田を偲んでいた。安永聡太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 川口能活

    川口能活から見た松田直樹松田直樹

    マリノス時代やオリンピックや日韓W杯でチームメイトだった松田直樹とは、シーズンオフに一緒に練習していた。川口は松田の事を“戦友”と言っている。また、2011年8月3日に行われたスルガ銀行チャンピオンシップ2011で、PK戦で2本止めて優勝した。試合後のインタビューでは「マツが力を貸してくれた。あいつも今、闘っている最中。僕も負けられないと思いました。」と答えている。川口能活 フレッシュアイペディアより)

  • 中澤佑二

    中澤佑二から見た松田直樹松田直樹

    1999年9月8日に行なわれたイランとの親善試合でフル代表デビューを果たし、翌2000年に行なわれたAFCアジアカップ2000予選のシンガポール戦で代表初得点。その後はシドニーオリンピックやAFCアジアカップ2000ではレギュラーとして活躍するが、2001年に入ってからスランプに陥り、代表でも同ポジションの松田直樹の控えに甘んじる事が増え、2002 FIFAワールドカップ本大会のメンバー発表前最後の試合であるアウェイのノルウェー戦にはフル出場(同年唯一のAキャップ)するが0-3で敗れ、秋田豊の選出もあってメンバー入りは叶わなかった。中澤佑二 フレッシュアイペディアより)

  • 上野良治

    上野良治から見た松田直樹松田直樹

    人柄としては、多くを語らない寡黙な人物で、松田直樹によれば、マリノスが残留争いに巻き込まれていた2001年、選手同士の本音をぶつけ合うべく選手間ミーティングを開催したが、上野が挙手する際にはミーティング室がどよめきに包まれたという(『闘争人』P130より)。同様に坂田大輔もインタビューで「試合でミスしたときに上野さんは必ずこっちを見る。何も喋らないが、無言の圧力が怖かった」という(週刊サッカーダイジェスト2009年1月20日号)。上野良治 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田孝行

    吉田孝行から見た松田直樹松田直樹

    滝川第二高等学校時代には日本で開催されたFIFA U-17世界選手権(1993年)に中田英寿、宮本恒靖、松田直樹と共に出場。高等学校卒業後、横浜フリューゲルスに入団。吉田孝行 フレッシュアイペディアより)

  • 那須大亮

    那須大亮から見た松田直樹松田直樹

    同年、横浜FMは浦和とのチャンピオンシップ(CS)に出場。2試合合計1-1(PK4-2)で勝利し、J1連覇を飾った。しかし、CS直前に負傷した那須はベンチでチームの優勝を見届ける形となった。これ以降は横浜FMにおいてプレーの幅を広げるなど成長を遂げ、中澤佑二、松田直樹、河合竜二、栗原勇蔵らJ屈指のDF陣を擁するチームにおいて厳しいポジション争いの中で力を磨いていった。那須大亮 フレッシュアイペディアより)

  • 1977年のスポーツ

    1977年のスポーツから見た松田直樹松田直樹

    3月14日 - 松田直樹(群馬県、サッカー、+2011年)1977年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のスポーツ

    2011年のスポーツから見た松田直樹松田直樹

    8月4日 - 松田直樹(群馬県、サッカー *1977年)2011年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 前橋育英高等学校

    前橋育英高等学校から見た松田直樹松田直樹

    松田直樹 - 元サッカー選手、2002年日韓ワールドカップ日本代表。2011年8月4日、没。前橋育英高等学校 フレッシュアイペディアより)

65件中 31 - 40件表示

「松田直樹」のニューストピックワード