208件中 11 - 20件表示
  • 松田直樹

    松田直樹から見た木村和司

    8月8日の通夜、8月9日の葬儀・告別式には中田英寿、中山雅史、小野伸二、曽ヶ端準、安永聡太郎、佐藤由紀彦、城彰二、秋田豊、川口能活、楢崎正剛、前園真聖、三都主アレサンドロ、松本山雅所属選手(木島良輔など)、横浜Fマリノス所属選手全員(中村俊輔、中澤佑二など)、木村和司、フィリップ・トルシエ、岡田武史、西野朗など多くの関係者やサポーターなどが参列し、故人を悼んだ。松田直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 松田直樹

    松田直樹から見た城彰二

    8月8日の通夜、8月9日の葬儀・告別式には中田英寿、中山雅史、小野伸二、曽ヶ端準、安永聡太郎、佐藤由紀彦、城彰二、秋田豊、川口能活、楢崎正剛、前園真聖、三都主アレサンドロ、松本山雅所属選手(木島良輔など)、横浜Fマリノス所属選手全員(中村俊輔、中澤佑二など)、木村和司、フィリップ・トルシエ、岡田武史、西野朗など多くの関係者やサポーターなどが参列し、故人を悼んだ。松田直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 松田直樹

    松田直樹から見た栗原勇蔵

    気合を入れるためにチームメイトに殴ってもらうことがあり、2004年CS(対戦相手は浦和)の試合前には栗原勇蔵に殴らせて気を失いかけた。負傷で離脱している選手や退団が決まった選手の名前をアンダーシャツに書いて着用するなど、仲間に対する想いも強かった。また 同世代の経験の豊かな選手が次々と戦力外として外されていくことに危惧しており、「若返り」と「身の丈経営」を理由にベテラン選手が解雇されていくJリーグの現状を危惧する発言を、自身が戦力外を通告される前から度々していた。松田直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 松田直樹

    松田直樹から見た森岡隆三

    フラット3と呼ばれる3バックの一角としてプレイ。五輪チーム立ち上げ初戦のアルゼンチン戦(1998年11月23日)に召集されるも出場はなく、その後シドニー五輪のアジア1次予選にも召集されることはなかった。最終予選前の韓国との壮行試合(1999年9月7日)に10ヶ月ぶりに召集されるが出場機会は与えられず、不満を露にし自ら代表を去った。しかし2000年に入ってカールスバーグカップ(2000年2月)に挑むトルシエから「君にはもう1度チャンスを与える。生かすも殺すも君の自由だが、これが最後のチャンスだと思ってくれ」と再招集を受け、川口能活の説得もあり代表に復帰。当初は中央か右の候補だったが、中央は森岡隆三と宮本恒靖が重宝されるようになると、右ストッパー要員専門の候補となる。その後同じく右ストッパーの有力候補であった中澤佑二の復調が遅れると、2001年コンフェデレーションズカップ頃からは松田がレギュラーに定着し、2002年日韓W杯でもすべての試合でフル出場を果たした。松田直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 松田直樹

    松田直樹から見た早野宏史

    1995年、当時のホルヘ・ソラーリ監督に「君は将来井原正巳を追い越す才能を持っている」と評価され、3月28日、Jリーグ開幕戦からスタメンに抜擢される。同年9月30日、名古屋グランパスエイト戦でプロ初ゴールを決めた。ワールドユース出場後に戻ってくると、クラブの急激な世代交代の内乱に飲み込まれサブに回るようになる。ソラリ監督退任後、早野宏史監督体制になってからはレギュラーを外されるようになったが、ステージ最終節に先発に抜擢され、マリノスのステージ優勝に貢献した。当時はまだ背番号が固定制ではなかったため、DFながら「10番」を付けて試合に出場した事がある。この事に対して横浜マリノス(日産)で長らく「10番」を背負い、「10番」に人一倍こだわりを持っている「ミスターマリノス」こと木村和司は、TBSのスーパーサッカー内で「マリノスの10番も軽くなったな」と冗談めかしに発言してるが、あくまでも松田がまだチームを背負うような立場でない新人で、なおかつポジションも「10番」には似合わないDFであるためである。松田直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 松田直樹

    松田直樹から見た宮本恒靖

    フラット3と呼ばれる3バックの一角としてプレイ。五輪チーム立ち上げ初戦のアルゼンチン戦(1998年11月23日)に召集されるも出場はなく、その後シドニー五輪のアジア1次予選にも召集されることはなかった。最終予選前の韓国との壮行試合(1999年9月7日)に10ヶ月ぶりに召集されるが出場機会は与えられず、不満を露にし自ら代表を去った。しかし2000年に入ってカールスバーグカップ(2000年2月)に挑むトルシエから「君にはもう1度チャンスを与える。生かすも殺すも君の自由だが、これが最後のチャンスだと思ってくれ」と再招集を受け、川口能活の説得もあり代表に復帰。当初は中央か右の候補だったが、中央は森岡隆三と宮本恒靖が重宝されるようになると、右ストッパー要員専門の候補となる。その後同じく右ストッパーの有力候補であった中澤佑二の復調が遅れると、2001年コンフェデレーションズカップ頃からは松田がレギュラーに定着し、2002年日韓W杯でもすべての試合でフル出場を果たした。松田直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 松田直樹

    松田直樹から見た安永聡太郎

    8月8日の通夜、8月9日の葬儀・告別式には中田英寿、中山雅史、小野伸二、曽ヶ端準、安永聡太郎、佐藤由紀彦、城彰二、秋田豊、川口能活、楢崎正剛、前園真聖、三都主アレサンドロ、松本山雅所属選手(木島良輔など)、横浜Fマリノス所属選手全員(中村俊輔、中澤佑二など)、木村和司、フィリップ・トルシエ、岡田武史、西野朗など多くの関係者やサポーターなどが参列し、故人を悼んだ。松田直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 松田直樹

    松田直樹から見た横浜F・マリノス

    U-15日本代表のメンバーに選出され、小嶺忠敏監督のもとでDFとして指導を受け、そのまま前橋育英高等学校へ進学。山田耕介監督の元で指導を受けた。その後、山田耕介監督が選手時に使用していた背番号「14」を与えられるようになった。U-17世界選手権(現U-17ワールドカップ)のメンバーに選出。その後U-19代表に選出、ほとんどが19歳の選手の中で松田は17歳で出場。Jリーグデビュー後もワールドユース代表に選出された。当時松田には「超高校級」の触れ込みがあり、当時のJの全12クラブのうち10クラブからオファーがあり、争奪戦となった。結果横浜マリノス(現横浜F・マリノス)に加入する。松田直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 松田直樹

    松田直樹から見た松本山雅

    2011年8月12日、前年まで在籍していた横浜F・マリノスが松田の背番号「3」を永久欠番とすることを発表 したことに対し、松本山雅は3番を背負いたい選手が現れるのを待つとして永久欠番にはしなかったが、その後の2014年にマリノス時代にチームメイトだった田中隼磨が背番号「3」を付けることとなった。松田直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 松田直樹

    松田直樹から見たパンツェッタ・ジローラモ

    Naoki Friends(監督:ジローラモ、秋葉忠宏、氏家英行、遠藤彰弘、鏑木豪、久保竜彦、財前宣之、佐藤由紀彦、城彰二、鈴木健仁、田中誠、都築龍太、中田英寿、中西永輔、中山雅史、名波浩、西澤明訓、波戸康広、林健太郎、平野孝、福西崇史、松原良香、前園真聖、三浦淳寛、安永聡太郎、山田卓也)松田直樹 フレッシュアイペディアより)

208件中 11 - 20件表示

「松田直樹」のニューストピックワード