93件中 51 - 60件表示
  • 松田直樹

    松田直樹から見た自動体外式除細動器

    また、松田が倒れた際、練習場(松本市の梓川ふるさと公園)に自動体外式除細動器(AED)が設置されていなかったことから、サッカー界だけでなく他の競技団体などにも、競技場や練習施設にAEDを設置する動きが日本中で広まった。松田直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 松田直樹

    松田直樹から見たJリーグチャンピオンシップ

    気合を入れるためにチームメイトに殴ってもらうことがあり、2004年CS(対戦相手は浦和)の試合前には栗原勇蔵に殴らせ、軽い脳震盪を起こしかけた。松田直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 松田直樹

    松田直樹から見たホンダロックSC

    2011年12月4日、横浜FMの最終戦からちょうど1年後、松田の4ヶ月目の月命日であるこの日に松本山雅は小林市総合運動公園陸上競技場においてホンダロックSC相手に2-0とJ2昇格を決定する勝利を納めた。試合後、選手たちは松田が着ていたユニフォームやフラッグと共に喜び、サポーターは松田の死後封印していた松田直樹のチャントを歌い、全員で喜びをわかち合った。松田直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 松田直樹

    松田直樹から見た浦和レッズ

    気合を入れるためにチームメイトに殴ってもらうことがあり、2004年CS(対戦相手は浦和)の試合前には栗原勇蔵に殴らせ、軽い脳震盪を起こしかけた。松田直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 松田直樹

    松田直樹から見たジュビロ磐田

    2003年ナビスコ杯ジュビロ磐田戦で西野泰正と接触プレー後、西野のプレーに憤激して主審に向かい言い放った「やるよ、やっちゃうよ」はピッチ外マイクに拾われてTVに流れ、松田を象徴する名文句となった。松田直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 松田直樹

    松田直樹から見たサッカー日本代表

    松田 直樹(まつだ なおき、1977年3月14日 - 2011年8月4日)は、群馬県桐生市相生町出身のサッカー選手。元日本代表松田直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 松田直樹

    松田直樹から見た大分トリニータ

    この試合では39試合連続得点中のG大阪を無失点に抑えた。その後、第18節大分トリニータ戦で、リーグ戦300試合出場を達成。松田直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 松田直樹

    松田直樹から見た鹿島アントラーズ

    1995年3月18日 - プロ初出場 (Jリーグ) - 鹿島アントラーズ戦 (茨城県立カシマサッカースタジアム)松田直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 松田直樹

    松田直樹から見たJリーグカップ

    2007年、オフに骨片が右膝十字靭帯を圧迫し、手術。その後、守備的MFとしてヤマザキナビスコカップ大宮戦で復帰。松田直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 松田直樹

    松田直樹から見たキリンチャレンジカップ

    2005年1月29日 - A代表初得点 (キリンチャレンジカップ) - カザフスタン代表戦 (横浜国際総合競技場)松田直樹 フレッシュアイペディアより)

93件中 51 - 60件表示

「松田直樹」のニューストピックワード