前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
183件中 1 - 10件表示
  • 松田龍平

    松田龍平から見た松田優作

    俳優松田優作と女優松田美由紀の長男。弟は俳優の松田翔太、妹はゆう姫(ユウキ。エレクトロニックユニット「Young Juvenile Youth」のボーカル)、伯母は女優の熊谷真実。元妻はモデルの太田莉菜。松田龍平 フレッシュアイペディアより)

  • 松田龍平

    松田龍平から見た太田莉菜

    俳優松田優作と女優松田美由紀の長男。弟は俳優の松田翔太、妹はゆう姫(ユウキ。エレクトロニックユニット「Young Juvenile Youth」のボーカル)、伯母は女優の熊谷真実。元妻はモデルの太田莉菜松田龍平 フレッシュアイペディアより)

  • 松田龍平

    松田龍平から見た松田翔太

    俳優松田優作と女優松田美由紀の長男。弟は俳優の松田翔太、妹はゆう姫(ユウキ。エレクトロニックユニット「Young Juvenile Youth」のボーカル)、伯母は女優の熊谷真実。元妻はモデルの太田莉菜。松田龍平 フレッシュアイペディアより)

  • 松田龍平

    松田龍平から見た宮藤官九郎

    ドラマ『あまちゃん』(NHK)で連続テレビ小説に初出演し、能年玲奈演じるヒロインのマネージャー・水口琢磨役として人気を博した。出演に関しては宮藤官九郎の舞台『メカロックオペラ R2C2』での縁や、ドラマ『ハゲタカ』のプロデューサー訓覇圭、演出の井上剛が関わっていることがきっかけだという。松田龍平 フレッシュアイペディアより)

  • 松田龍平

    松田龍平から見た豊田利晃

    2002年、『青い春』(豊田利晃監督)に主演。本作は当時10代の殺人事件が社会問題になっていた時期であり、事務所側としては反対していたものの、脚本が面白く絶対にやりたいと思い「俺はやります」と言い続け、本作が松田自身が初めて自分で選択した仕事となった。この映画をすると決めたと同時に、当時行く理由を見失っていた高校を中退。堀越学園高等学校に通学していたため、同じ芸能界を目指す同級生と居ることは刺激的だったと語るも、それなら学校の外で会えば良いと感じたと語っている(松田はこの映画に合わせて、普通科から芸能コースへ転科している)。同級生には松本潤、中村七之助、水川あさみなどがいる。この作品で出会った豊田監督とはその後も『ナイン・ソウルズ』『I'M FLASH!』でタッグを組むこととなる。また新井浩文や瑛太との出会いも大きかったと語る。松田龍平 フレッシュアイペディアより)

  • 松田龍平

    松田龍平から見た瑛太

    2002年、『青い春』(豊田利晃監督)に主演。本作は当時10代の殺人事件が社会問題になっていた時期であり、事務所側としては反対していたものの、脚本が面白く絶対にやりたいと思い「俺はやります」と言い続け、本作が松田自身が初めて自分で選択した仕事となった。この映画をすると決めたと同時に、当時行く理由を見失っていた高校を中退。堀越学園高等学校に通学していたため、同じ芸能界を目指す同級生と居ることは刺激的だったと語るも、それなら学校の外で会えば良いと感じたと語っている(松田はこの映画に合わせて、普通科から芸能コースへ転科している)。同級生には松本潤、中村七之助、水川あさみなどがいる。この作品で出会った豊田監督とはその後も『ナイン・ソウルズ』『I'M FLASH!』でタッグを組むこととなる。また新井浩文や瑛太との出会いも大きかったと語る。松田龍平 フレッシュアイペディアより)

  • 松田龍平

    松田龍平から見た原田芳雄

    映画『ナイン・ソウルズ』で共演した原田芳雄は芸能界に入る前から付き合いがあったがよく知らなかったといい、撮影していく中で松田優作が尊敬していた人物ということもあり、原田をフィルターにして父親の背中を見ていたという。父親のことを愛してくれた人は、どこか特別な思いで見てくれているところにすごく助けられており、自分の知らない父親の話を愛情ある目で話してくれることについては「自分にとって幸せでしかない」とも語る。松田龍平 フレッシュアイペディアより)

  • 松田龍平

    松田龍平から見た大泉洋

    テストと本番で演技が違うことが多々あり多くの役者から指摘されている。大泉洋はそのことについて認めているものの、「テストで面白いことをやったのに、本番では飽きてやらないってことがしばしばあるのであれはやめてほしいね」と語っている。また『まほろ駅前多田便利軒』の「行天」『探偵はBARにいる』の「高田」については、役柄や役者同士のやりとりを考え台本を覚えずに行くこともあると、周りや松田本人も語っている。しかし、「あまちゃん」の現場で同じように台詞を覚えずに行ったところ、監督がカットを割らず1シーン10分長回しなどがあり、地獄をみた。松田龍平 フレッシュアイペディアより)

  • 松田龍平

    松田龍平から見た菊地凛子

    『17才』に1シーンだけ出演している理由について、当時はまだ芸能界の常識も知らなかったため『死びとの恋わずらい』で知り合った三輪明日美や猪俣ユキが監督の木下ほうかと繋がりがあったため、事務所に無断で出演しかなり怒られた。だが、今思えば改名前の菊地凛子などが出演し面白いキャスティングになっていると語っている。松田龍平 フレッシュアイペディアより)

  • 松田龍平

    松田龍平から見た松尾スズキ

    2004年、『夜叉ヶ池』(三池崇史初演出)で舞台初出演。また映画『恋の門』(大人計画の松尾スズキ映画初監督作品)ではラブコメディに初挑戦。松田龍平 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
183件中 1 - 10件表示

「松田龍平」のニューストピックワード