183件中 91 - 100件表示
  • 松田龍平

    松田龍平から見たファントム・フィルム

    The焼肉ムービー プルコギ(2007年5月5日、ファントム・フィルム) - タツジ 役松田龍平 フレッシュアイペディアより)

  • 松田龍平

    松田龍平から見たムービーアイ・エンタテインメント

    悪夢探偵(2007年1月13日、ムービーアイ) - 影沼京一 役松田龍平 フレッシュアイペディアより)

  • 松田龍平

    松田龍平から見たオフィス作

    松田 龍平(まつだ りゅうへい、1983年5月9日 - )は、日本の俳優。東京都出身。オフィス作所属。松田龍平 フレッシュアイペディアより)

  • 松田龍平

    松田龍平から見た日本放送協会

    2007年、ドラマ『ハゲタカ』(NHK)で連続ドラマ初出演。当初出演予定であった中村獅童の降板により急遽代役で出演し評価を受ける。松田龍平 フレッシュアイペディアより)

  • 松田龍平

    松田龍平から見たユニクロ

    UNIQLO ヒートテックインナー(2007年10月 - )松田龍平 フレッシュアイペディアより)

  • 松田龍平

    松田龍平から見た御法度 (映画)

    中学3年生の時、『御法度』の主役を捜していた大島渚の目にとまり、出演を直接要請される。「自分に出来るわけがない」という想いと高校受験を理由に一度は断るも、受験が終わった後なら出来るか?と聞かれ断る理由が無くなってしまう。最終的には自分で考え俳優の道に進むこととなる。デビュー作ではまだ中学3年生であったが、間接的ではあるが男性同士の絡みのシーンがある過酷なものだった。松田龍平 フレッシュアイペディアより)

  • 松田龍平

    松田龍平から見たハゲタカ (テレビドラマ)

    2007年、ドラマ『ハゲタカ』(NHK)で連続ドラマ初出演。当初出演予定であった中村獅童の降板により急遽代役で出演し評価を受ける。松田龍平 フレッシュアイペディアより)

  • 松田龍平

    松田龍平から見たまほろ駅前多田便利軒

    2011年、『御法度』から縁があったプロデューサー孫家邦に声をかけられ、映画『まほろ駅前多田便利軒』に出演。「『多田』と『行天』どっちやりたい?」と相談され「どっちでも良い」と答えるも、「たぶん行天だろうな」と思っていた。「行天」はハマリ役と言われその後も連続ドラマ、続編映画とシリーズ化もされることになる。同時期に話が来た映画『探偵はBARにいる』シリーズを引き受ける際は、『まほろ…』と同じバディもの、さらに「行天」にも通じる「高田」という自由人を演じるにあたって悩んだが、撮影している間に全く違う人物だということに気付くことができた。松田龍平 フレッシュアイペディアより)

  • 松田龍平

    松田龍平から見たナイン・ソウルズ

    2002年、『青い春』(豊田利晃監督)に主演。本作は当時10代の殺人事件が社会問題になっていた時期であり、事務所側としては反対していたものの、脚本が面白く絶対にやりたいと思い「俺はやります」と言い続け、本作が松田自身が初めて自分で選択した仕事となった。この映画をすると決めたと同時に、当時行く理由を見失っていた高校を中退。堀越学園高等学校に通学していたため、同じ芸能界を目指す同級生と居ることは刺激的だったと語るも、それなら学校の外で会えば良いと感じたと語っている(松田はこの映画に合わせて、普通科から芸能コースへ転科している)。同級生には松本潤、中村七之助、水川あさみなどがいる。この作品で出会った豊田監督とはその後も『ナイン・ソウルズ』『I'M FLASH!』でタッグを組むこととなる。また新井浩文や瑛太との出会いも大きかったと語る。松田龍平 フレッシュアイペディアより)

  • 松田龍平

    松田龍平から見たアヒルと鴨のコインロッカー

    アヒルと鴨のコインロッカー(2007年6月23日、ザナドゥー) - 謎の男 役松田龍平 フレッシュアイペディアより)

183件中 91 - 100件表示

「松田龍平」のニューストピックワード